« 最後の総括質疑 | トップページ | 2014米子市議会議員選挙① »

第45回淀江小学校卒業式 〜PTA会長の祝辞〜

昨日は第45回淀江小学校卒業式でした。

PTA会長として祝辞を述べさせて頂きましたので、原稿をそのまま載せておきます。
(後ほど加筆してアップします)


〜PTA会長の祝辞〜

71名の卒業生の皆さん、本日はご卒業おめでとうございます。
PTAを代表し、また、卒業生の保護者の一人として、お祝い、そして感謝の言葉を贈らせて頂きます。

卒業生保護者の皆様、お子様方の新たな出発となる、今日の日を迎えられましたこと、心よりお祝い申し上げますと共に、本校PTA活動をお支え頂きましたことに対し感謝を申し上げます。

みなさん、憶えていらっしゃいますでしょうか?
平成20年4月8日、今年度卒業生の入学式が行われた、6年前、校門前広場の桜は満開に咲き誇っていました。

あの日、あんなに小さかったこの子たちも、こんなに大きく成長いたしました。

この6年間、それぞれのご家庭で、それぞれの愛情を注がれてこられたと思います。
その中で、子育てについて、また、教育についてそれぞれのご苦労もあったと思います。

でも、子供達は立派に、逞しく成長し、今日、卒業という日を迎える事が出来ました。

ぜひご家庭に帰られましたら、この6年間の思い出を、子供達と一緒に振り返って頂ければと思います。
本日は本当におめでとうございます。

続きまして、お忙しい中ご出席頂きました、永江淀江支所さま、渡辺元米子市議会議長さまをはじめとされます、ご来賓の皆様。
日頃地域において、それぞれのお立場で子供達をお支え頂きましたこと、高いところからではございますが、御礼を申し上げます。
きっと子供たちは、この淀江で育ったことを、いつまでも誇りに思ってくれると信じています。

そして安達校長先生をはじめとされる、転任、退職された方を含めた本校の先生方、そして職員のみなさま、今日まで子供たちをご指導してくださったこと、心より感謝を申し上げます。

卒業生たちにとって先生方は、いつまでもずっと先生です。
これからも温かいまなざしで、導いてやっていただきたいと思います。


さて、卒業生の皆さんに、私から、一つだけお願いをさせて頂きたいと思います。

それは「感謝の心」を持ち続けて欲しいと言うことです。

今日まで育てて下さったお家の方、勉強やいろんな事を教えてくださった先生方、スポーツや習い事を教えてくださった指導者の皆さん、日頃見守って頂いていた地域の皆さん、そして一緒に遊び、一緒に勉強してきた同級生、下級生。

皆さんが今日まで関わってきた全ての人に「ありがとう」と素直に言える、「感謝の心」をずっと持ち続けてください。

「感謝の心」を持った人の周りには、必ず心豊かな人が集まります。
どうかよろしくお願いします。


それでは最後に、卒業生の皆さんに、ある歌の一節を贈りたいと思います。

その歌は、3年前の東日本大震災で傷ついた日本人を勇気付けるため、インドネシアの子供達が日本語で作って贈ってくれた「桜よ 大好きな日本へ」という歌です。

「桜よ咲き誇れ 日本の真ん中で咲き誇れ」
「日本よ咲き誇れ 世界の真ん中で咲き誇れ」

今日この学舎を巣立ち、それぞれの未来へ旅立つ、第45回淀江小学校卒業生71名が、淀江小学校卒業生としての誇りを胸に「日本の真ん中で咲き誇る」こと、そして「世界の真ん中で咲き誇る」ことを心よりお祈り申し上げまして、PTAを代表してのお祝い、感謝の言葉とさせていただきます。


平成26年3月19日
米子市立淀江小学校PTA会長 松田 正

|

« 最後の総括質疑 | トップページ | 2014米子市議会議員選挙① »