« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年1月

北朝鮮による拉致問題に関する教育指導資料(方針)策定を求める要望

今日の新聞記事になっていましたが、自民党県連青年部・青年局として、昨日鳥取県庁を訪れまして、北朝鮮による拉致問題に関する教育指導資料(方針)策定を求める要望活動を行いました。
Img_4919

林副知事、県教委山本次長に拉致問題に関する教育指針の策定要望書を手渡しましてきました。
本年度中に作成し、来年度から活用したいとのお話をいただきました。
前田副議長には、今日の面談をご設定いただきありがとうございました。

Img_4920

以下が要望書の全文です。


鳥取県知事 平井 伸治 殿
鳥取県教育長 横濵 純一 殿


自由民主党鳥取県支部連合会
組織委員長 前田八壽彦
青年局長 田中 伸吾 
青年部長 松田  正


北朝鮮による拉致問題に関する教育指導資料(方針)策定を求める要望書


北朝鮮による拉致問題に関しましては、平成20年8月の日朝実務者協議において、全ての拉致被害者を発見し、帰国させるための全面的な調査に係わる再調査を同年秋までに終了する事を合意したにもかかわらず、現在まで何らの進展も見られず、全ての日本人拉致被害者の帰国には未だ至っていないのが現状であります。拉致問題は、我が国に対する重大な主権侵害かつ人権侵害であります。
このため、政府においては日朝平壌宣言を踏まえ、日本人拉致被害者全員の救出と拉致問題の全面解決に向けたあらゆる具体的取組を全力で進めることが求められております。
政府からは平成20年度、教材としてアニメ「めぐみ」のDVDが全学校へ配布され、平成23年度、人権教育の一環として拉致問題啓発に関する通達が出されました。その通達を受け、埼玉県、神奈川県、愛媛県、香川県、熊本県などの自治体において北朝鮮による拉致問題に関する学習指導資料が作成され活用されています。
しかしながら、本県においては教材の配布はあったものの指導資料が無いことにより、教材の活用は現場の裁量に任せられているのが実態であります。
従いまして、政府認定拉致被害者・松本京子さんをはじめとする、特定失踪者が複数名存在するという事実を抱える本県においても、拉致問題の解決・風化を防ぐため、以下を要望いたします。


1.北朝鮮による拉致問題に関する学習指導資料(方針)の策定を要望する。

|

平成25年 10大ニュース

本当は2013年中にやりたかったのですが、年が明けてしまいました。

あらためまして、新年明けましておめでとうございます。

ということで、今更感が半端無い中ではありますが(笑)、松田ただし平成25年10大ニュースを発表させて頂きたいと思います。

今回はカウントダウンで行きます。


10位 パシフィック・リム祭
平成25年は沢山の映画を観ました。
劇場で観ただけで、
007スカイフォール、アイアン・スカイ、96時間/リベンジ、モンスターズ・ユニバーシティー、アイアンマン3、パシフィック・リム、ワールド・ウォーZ、マン・オブ・スティール、エリジウム、ショート・ピース、ウルヴァリン・サムライ、クロニクル、ゼロ・グラビティ です。
見事なボンクラなラインナップに目眩がしますが、何と言ってもこの中で松田の心を鷲づかみにして離してくれないのが、

パシフィーーーック・リーーーーム

ということで、10位にランクインしましたが、本当は1位です。

巨大ロボが怪獣をブン殴るだけの映画ですが、劇場で2回(少ない…)もちろんDVD・ブルーレイセットも購入してもう何度観たことか。
死ぬまでにIMAX3Dで観てみたいです。
まだ観ていないという方は、DVD・ブルーレイセットを買って下さい。
それと日本政府は、ギレルモ・デル・トロ監督に勲章をあげて下さい。


9位 全国植樹祭で天皇陛下に拝謁
全国植樹祭のおり、コンベンションセンターでお出迎えをさせていただきました。もちろん変な手紙を渡すなどと言うことは考えてもおりません。
マジで緊張しました。


8位 市議選白紙報道
いや〜、12月19日に続いて、元日の日本海新聞にも次期市議選の出走予定表に松田の名前が無かったですね。
お察しの方もいらっしゃるかと思いますが、次のステップに向かうべきか、否かというところかで悩んでいるところです。
もう少しの間、”白紙”と言うことで勘弁して下さい。


7位 PTA祝辞デビュー
3月の淀江小学校の卒業式で祝辞デビューをさせていただきました。
公式記録員によりますと、4回噛んだそうです。
私のカウントですと3回でしたので、過少申告で失格ですね(笑)
さて、今年の3月にはいよいよ自分の娘と愉快な仲間達の卒業式です。
今から「スピーチ中に泣いたら許さん」と娘から釘をさされています…。


6位 ガイナーレ鳥取J3へ降格
残念。
JFL時代から地元の誇りとなって欲しい一心で応援してきましたが、残念な結果にバードでの敗戦と降格を目の当たりにして、泣いちゃいました。
一つの熱狂の時代が終わったような気がします。
「社長辞めろーーー(怒)」という怒号が飛び交ってましたが、ガイナーレは、良くも悪くも塚野さんがここまで育てたクラブなんで、なんとか前を向いて這い上がって欲しいです。
そうそう、松波新監督が決まったみたいですね。
ガンバでのルーキー時代ちょうど大阪にいたので、良く憶えています。
米子での試合も有るのかなって思いますので、改めて上を目指して一緒に頑張りましょう。


とういうことで、6位まできましたが、惜しくも選外に漏れたニュースも。
政権奪還後初の自民党大会に参加
シーツーサミット出場
特定秘密法の討論
・ 安倍総理靖国神社参拝
・ 経済教育委員会の委員長拝命

さて、ベスト5にの発表に入ります。


5位 松田あこ 女子サッカーU-12鳥取県代表キャプテンに…
ちょっと娘自慢タイム。
一体誰に似たのか、長女のあこが女子サッカーU-12鳥取県代表キャプテンになっていました。
来年度からは中学生なんで、本人もこれからどうするのか悩んでるみたいなんですが、まあ楽しんでやってくれれば父は満足です。


4位 広江 弌県議逝去
政治の世界での父親(おやじ)でした。
広江先生がいらっしゃらなければ、間違いなく今の私は存在しません。
広江先生の生き方、政治観、全てが私の糧となっています。
いつか先生に出会ったときに「よくやった」と言って貰えるよう、一生懸命頑張って参ります。
本当にありがとうございました。
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。


3位 自民党青年局TEAM-11で福島へ
まとめ1
まとめ2
小泉進次郎青年局長らと共に福島県の被災地などをたずねて参りました。
福島第1原発の様子も視察しましたし、復興の進まない現状も見させていただいてきました。
一刻も早い復興を成し遂げるために、政権与党として何が出来るのかをしっかりと考えながら、自由民主党らしくスピーディーな対応これからもして頂きたいと思います。


2位 40歳を迎え米子JC卒業 〜最後の米子がいな祭
昨年末をもって、11年と6ヶ月お世話になった米子青年会議所を卒業させていただきました。
したがいまして、米子がいな祭に主体的に係わることも第40回の祭で終わりです。
この間本当に色んな事があったわけですが、当然私一人の力で卒業できたわけではなく、多くの先輩方、家族や会社のみんな、そして掛け替えのない仲間に支えていただいた11年半であったように思います。
また、当然米子JCに入会してなければ、今の世界に足を踏む入れることもなかったということも事実です。
この場をお借りいたしまして、お世話になった全ての皆様と、大好きな米子青年会議所に心より感謝を申し上げたいと思います。


1位 参議院選挙
まとめ1
まとめ2
まとめ3
舞立昇治氏を候補に擁立し、圧倒的な勝利を収めることが出来ました。
小泉進次郎青年局長にも何度も鳥取入りしてもらったりして、青年部長として数々の経験を積ませていただきました。
安定的な政権をこれからも続けて行くために、新しい自由民主党の象徴として、また鳥取県民の代表として、舞立昇治参議院議員にはこれまで以上に精進していただきたいですし、わたしも微力ですが協力していきたいとも思います。


ということで、大変遅くなりましたが、平成25年のまとめとさせていただきます。

|

« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »