« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

参院選6〜14日目 いよいよ終盤戦です。

更新が滞っておりました。
まずもって、先日の大雨で被災されました皆様にお見舞い申し上げます。
今回の水害では、水害頻発エリアだけでなく、中心部でも冠水被害が出ました。
昨日は平井知事が現地を視察されたそうですが、今日は赤沢亮正国交政務官も現地視察を行うとのことです。
一日も早い復旧をお祈りいたしますと共に、今後の防災対策を推進して参ります。


さて、10日の小泉進次郎青年局長を招いての街頭政談演説会には、多くの皆様にお集まりいただきありがとうございました。
_mg_4937

Dsc00292

Img_3927

_mg_5023_2
報道では優勢との情報が流れておりますが、何はともあれ1票1票の積み重ねですので、最後まで気を引き締めて戦い抜きたいと思います。


13日は鳥取会場の応援に行って来ました。
Img_3960_2

鳥取会場も大勢の皆さんに駆けつけていただきました。
Img_3978


Img_3995

ということで、いわゆる空中戦も行っていますが、「まいたち昇治」の同級生の皆さん、女性部の皆さん、青年部の皆さんで出来ることを精一杯やっています。

残り4日。

時間は限られて居ますが、「まいたち昇治」の勝利に向けて全力で頑張りますので、皆様の貴重な一票はどうかまいたち昇治へ賜りますようよろしくお願い申し上げます。

|

参院選3〜5日目 小泉進次郎青年局長 来県決定

994816_1395618060652481_191343525_n

小泉進次郎青年局長の米子入りが正式に決まりました。
 
日時 7月10日 午前9:00〜

場所 米子駅前だんだん広場


平日の朝早くということで、お出かけ難い時間帯でありますが、多くの皆様のおこしをお待ちしております。


さて、公示後5日が過ぎました。

「まいたち昇治」は今日も元気に遊説活動を行っています。

今日は小中学校時代の同級生の皆さんが事務所に駆けつけてくれまして、今後の協力体制について話し合いを先ほどまで行っていました。

みんな「まいたち昇治」の勝利に向けて全力投球しています。


投票日まで今日を入れて残り13日。


絶対に勝ちます。

|

参院選1日目・2日目 「まいたち昇治」 の戦いが、いよいよ始まりました。

第23回参議院議員通常選挙。
若き挑戦者 「まいたち昇治」 の戦いが、いよいよ始まりました。
1010530_1397454307133290_514212853_
4日の米子出陣式の模様です。
私は司会をさせていただきました。

1063289_1397235047155216_1750443334
熱くこの選挙に掛ける想いを語る 「まいたち昇治」。

Img_3904
地方行政における経験、まいたち昇治自信の秘めた可能性を、聴衆の皆様にお伝えさせていただきました。

1059299_1397780567100664_791708121_
そして昨日の5日は旧西伯町〜日野郡を遊説。

967695_1397780717100649_1966595530_
私は選車長(選挙カーのリーダー)として一日帯同させていただきましたが、本当に多くの皆様に声援をいただきました。

正直、あまりの反響の良さに驚いています。
今まで各級選挙で昨日のエリアを遊説させていただいたことがありましたが、過去最高の動員だったように私は感じました。
これは何はさておいて、各支部の皆様のご努力の賜物だと思います。

しかしながら、これで少しでも緩むことがあっては、「まいたち昇治」が勝利を掴むことは出来ないと考えています。

今日の報道では「まいたち優勢」とのことでしたが、実際問題として今まで一人たりとも「まいたち昇治」と投票用紙に書いていただいた方はいらっしゃいません。
ひるがえって、現職の名前を書いた方は何万人もいらっしゃるわけです。
そしてこの事実は、間違いなく最後までつきまといます。

私たちの使命は「まいたち昇治」の名前を覚えて貰うことは勿論、彼の能力・経験・人柄を一人でも多くの県民の皆様にお伝えすることだと考えています。

投票日まで、今日を入れて残り15日。

私も精一杯頑張りますので、何卒「まいたち昇治」をよろしくお願い申し上げます。

|

明日から最終決戦

いよいよ明日から第23回参議院議員通常選挙が公示されます。
今回の選挙についての私の位置付けは、「裏切りの歴史からの脱却」。
参議院の鳥取県選挙区は、まさに裏切りの連続であったと私は思っています。

近いところでは、田村耕太郎の逃亡と浜田和幸の脱走ですが、やはり強烈に印象に残っているのは、今回まいたち昇治が戦う現職の裏切りです。

この考えには異論があるかもしれませんが、県民の皆様に染み付いた負の印象を払拭し、真の意味で自民党に対する信任を得る為には、まいたち昇治が圧倒的な勝利が最低限の条件であると考えています。


今回の参院選から、公示後にもネットを使って様々な情報発信が可能となりました。
今まで培った経験をもとに、可能な限りのお手伝いをします。

最後になりますが、まいたち昇治 の同志として、まいたち昇治のお兄さんの親友として、明日からの「日本を取り戻す」最終決戦を何があろうとも、勝ち抜きたいと思います。

|

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »