« いよいよ始まります。 | トップページ | 本日をもって39才になりました。 »

政権奪還

衆院選の喧噪が静まり、ようやく静かな日常に戻りました。
選挙期間中は、連日早朝からお騒がせ致しましたことお詫び申し上げます。


Img_2944
正確には公示前の24日から自民党青年部・局で広報活動を行っていましたので、のべ22日間の長丁場でした。

Img_2950(ご推薦を頂いたJA鳥取西部さんでの街頭演説会)


Img_2973
12月2日には、石破幹事長応援にかけつけていただき、6カ所での街頭演説会を行いまして、司会進行・前説・締めの挨拶をさせていただきました。


Img_2964(選挙戦初日 出雲大社分院での神事を終えて)


Img_2985(航空自衛隊美保基地正門前での街頭演説)

初めて経験する真冬の選挙だったのですが、今回は選車(選挙カー)の運行管理を行う「選車長」を、ほぼまるまる4日間させていただきました。

 4日 全日選車長(冷たい暴風+強行日程)
 9日 全日選車長(夕方から吹雪)
11日 全日選車長(みぞれ+山間部は大雪)
13日 午前+夕方選車長(晴れ)
14日 淀江で30分間の最後のお願い(曇り)

で、感想を一言申し上げますと...

「めっちゃ寒かった!!!!」これに尽きます。
だって、窓が"無い"んですもん。

Img_2981
ご覧の通り手袋も何重にも重なってますのでドラえもん状態です。
特に11日は、陸自→淀江→大山→名和→中山の濃密遊説日程だったのですが、山間部に入るにつれて...


Img_2984
こんな感じになっちゃいまして、選車が坂を上れない場面もありました。
(もちろん、みんなで押しましたよ...)

その他、広報車での遊説活動、企業団体まわりも少しありましたし、個人演説会の応援弁士とかとか休む日は無かったように思います。
もちろん市議会の日程もこなしながらです。

そんなこんなで肉体的にもかなりキツイ戦いでした。


さて、結果の総括を。

「日本を、取り戻す。」
今衆議院選挙の自民党のキャッチフレーズ。

赤沢 亮正  87,395(60.8%)

湯原 俊二  45,728(31.8%) 

福住 英行  10,584(7.4%)

結果湯原候補と41,667差が付きまして、あと一歩で"ダブルスコア"というところまで行きました。
そして比例復活も阻止できたということで、赤沢陣営としては「完全勝利」です。

ただ、前回に引き続いて開票の司会をさせていただいたのですが、8時には当確が出ちゃったりで、なんだか実感が未だに湧かないというのは内緒です。


ちなみに前回の得票は、

赤沢 84,659

湯原 84,033


ですので、赤沢候補の上積み分は、2,736票。
これをどう見るのかですが、やはり民主党の自滅という感が強いです。
遊説をしていても「民主党には騙された。今度"は"自民党に入れる」との声を多く聞きました。
でもその割には票が伸びなかった感じもします。


ということで、

「勝って兜の緒を締めよ」

まさに、この一言に尽きると思っています。
いつぞやの市長選挙ではありませんが、消去法で自民党が選ばれた感も強いですし、我々にとっては、夏の参院選の勝利を得ることが大きな目標です。
相手候補との因縁も含め、絶対に負けられない戦いです。
必勝を心に誓って、衆院選の総括といたします。


|

« いよいよ始まります。 | トップページ | 本日をもって39才になりました。 »