« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

岩美町議会議員補欠選挙

久しぶりの更新です。

最近の大きな出来事と言えば、岩美町議会の補欠選挙。
なんと田中伸吾自民党県連青年局長が突然出馬されたため、応援に行ったりしてました。
Img_2511
出陣式での写真です。
岩美町には親戚も知り合いも見事に一人もいませんので、そういった協力は出来ませんでしたが、最終日の選挙カーで「最後のお願い」の大騒ぎをさせていただきました。
これ位のことしか出来なくてすいませんでした。


Img_2519
田中 しんご 2107.490票 当選
河下 さとし 1330票 当選
松井 としあき 1316票 当選
中島 しゅんじ  1067票
田中 なかお 195.509票

22日に投開票が行われ、以上の結果となりました。
ということでトップ当選です!!
おめでとうございました。

恐らく出馬の最も大きな動機は、自民党青年局の中央会議で田中青年局長の肩書きが「会社員」となっていた事でしょう(笑)

冗談はさておき、これからが本当に大変だと思いますが、是非とも頑張って頂きたいと思います。
Img_2514
市議会議員ごときが勘弁してくれって言ってたんですが、田中候補のたってのリクエストで人生初の「為書き」も作成しました。
調子に乗っている訳ではありませんので、その辺はご理解頂きたいです。これはマジですよ!!

Img_2522
さて、昨日は米子JCのがいな祭例会でした。
残り2週間を切った第39回米子がいな祭
今年は8月4・5日の開催です。
多くの皆さんのお越しをお待ちしています!!

|

大津市のいじめ問題

滋賀県大津市の中学校でのいじめの問題が話題になっています。

昔から「いじめ」は存在します。

かく言う私も小学生の時にほんの一時期ですが、仲の良かった同級生から無視されて悲しい思いをしたこともありますし、中学生の頃には上級生に「可愛がり」を受けたり(これはほとんどの同級生がやられてました...)しました。まあ今となればほろ苦い青春の1ページですが、当時は結構キツかったように思います。

また、からかう程度ですが、いじめられっ子をいじめた経験もあります。

昨今いじめの陰湿化が叫ばれていますが、今回の件にしても最近の他の例にしてもほどが悪すぎる。
「殴る蹴る」「金銭の要求」は当たり前で、「自殺の練習」「葬式ごっこ」「下半身の写真をネット公開」なんてのは、人間のクズのやることだ。


こんだけ生徒の証言が上がってる来る状況を見ると、絶対に学校は気がついていたはず。

もっと早く手を打っていれば、こんな悲しい事件にまでは発展しなかったはずなのに...。

そんな状況で、学校なんか行かなくても良いんです。なんなら転校すれば良いんです。

あと、警察にしてもどうして今まで放置していたのか...。


昨日、大津市教育委員会事務局と中学校に滋賀県警が家宅捜索に入り、越大津市長が教育長の声明と異なる発言をしました。

「いじめと自殺の因果関係はあるものとして調査する」

全国の地方自治体では、教育委員会の独立性を重視し、市長部局は原則教育いには大きく介入はしないんですが、同一歩調を取ることが常なんです。したがって今回の越市長の発言は極めて異例の事です。

報道からは、人道的な見地から、いかにもお役所的な教育委員会の対応に対する人間的な措置であるとの印象を受けました。


しかし疑問も。

学校の運営はは教育委員会の所管です。しかし、その教育委員会のトップである教育長の任命権者は当該自治体の首長です。ここまでの騒ぎになれば首長の責任も当然問われるわけです。

市長の発言の4時間後には県警が家宅捜索に入っています。

また、県にも市にも今回の件を受けて苦情、脅迫の類が山のように届いているとのことです。

そして越市長は嘉田滋賀県知事と極めて近い関係ですよね。

県警を預かる知事、教育委員会を預かる市長。この双方の利害が一致した結果、自己保身の為に県警を動かしたとの見方も出来ます。

全ての責任を教育委員会に押しつけるというシナリオです。

うがった見方かもしれませんが、あまりにもタイミングが良すぎますわな。

いずれにしても、今後この問題の焦点は加害生徒の立件まで行くのかということです。

タイミング遅れの捜査がどういった結末を見るのかはわかりませんが、徹底的な究明をお願いしたいです。

あと市長にハシゴを外された教育長の心も大事です。

いろいろと書きましたが。どっちにしても自殺した子は帰ってきません。

全国の学校、そして教育委員会は今回の悲劇を教訓にしなければなりません。

|

電動アシスト自転車レンタサイクルで淀江地区観光

〜白鳳の里HPより抜粋〜
電動モーターが走りをサポートしてくれる電動アシスト自転車の無料レンタルを始めました。
古代ロマンと名水のまち淀江の風を肌で感じながら、お手軽サイクリングをお楽しみください。
白鳳の里どんぐり館にて受付
レンタル時間:10時~17時(火曜日は貸出休、受付時間:9時~18時)
無料期間は8月31日までです。

ということで、米子市議会観光振興議員連盟で淀江地区観光ルートの視察がてら、電動アシスト自転車の試乗会を行いました。

Photo
ママチャリ型とクロスバイク型があります。

Photo_2
松田はクロスバイク型をチョイス。平坦地は断然こっちが良かったです。

Photo_3
白鳳の里をスタートして妻木晩田遺跡まで行ってみたのですが、登坂性能は断然ママチャリ型がパワフルでして、坂の途中で安木議員、岩崎議員にあっと言う間に置いて行かれてしましました。
妻木晩田遺跡に到着したころには、松田は汗だくです(T_T)。
100㎏超級の岩崎議員がしらっとしてるのに...。

とは言え、普通の自転車よりはずっと楽ですわ。

淀江の史跡・名水巡りには打って付けの事業ですので是非ともご利用ください。

Rs

詳しくは下記のリンクをご覧下さい。
「rent_cycle_leaf.pdf」をダウンロード


|

米子市議会議長選挙 余話

自民党鳥取県連青年部・青年局・女性部合同大会「記念講演」西田昌司参議院議員の講演会は、大盛況の内に終えることが出来ました。
Img_2446_2
多くの皆さんにご参加いただき感謝です。
今後ともよろしくお願いします。
Staikai
冒頭に青年部長として挨拶をさせていただきました。
石破代議士の顔が怖い(笑)


さて、6月議会、特に議長選挙について。

議長選挙
松井義夫(よなご会議)14票
渡辺穣爾(蒼生会)14票
くじ引きにより松井義夫氏が当選

副議長選挙
遠藤 通(一院クラブ)13票
藤尾信之(信)14票
山川智帆(虹)1票
藤尾信之氏が当選

ということで既報の通りの結果となりました。
議長選挙はくじ引きとは言え、蒼生会としては惨敗です...。

藤尾議員の突然の会派離脱を受けてのこの結果には、残念というか憤りも感じざるを得ませんし、今後の議会運営も不透明なものとなりました。

また当日は、事前の主張と大きく異なる不可解な投票行動も見られ、こういった面も今後に響きそうです...。

ただ、「議員定数4名削減条例」は採択、「瓦礫の受け入れ反対陳情」は継続審査ということで、重要案件2件については、なんとかなった感もあります。

しかしながら、広域処理を進める立場の民主党公認議員2名が「瓦礫の受け入れ反対陳情」への賛意を示したことについては全く理解ができません。

伊藤議員の委員会での発言「政府の安全基準は科学的根拠が無い」

民主党らしいと言えばそれまでなんですが、とかく言われる民主党のガバナンスの無さを露呈した形に、小沢一派の離党騒ぎも重なり、いったいこの政党は何なんだろうなと言わざるを得ません。

西田昌司議員も講演で言ってましたが「民主党は嘘つき」「民主党はインテリ詐欺師集団。しかもちょっと男前(小沢氏は別ですが...)」この言葉がスッポリと当てはまりますわね。


ということでつらつらと書いてみましたが、実際問題ここで書けないことも山ほどあります。
いずれにしても、今回の選挙ほど「信用」という言葉ってなんだろなと感じた出来事はありません。

同僚の野坂道明議員のブログも読んでいただければ、今回の議長選挙の本質が見えてくると思います。

本当に後味の悪い6月議会でした。

|

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »