« 平成24年3月議会 閉会 | トップページ | 追悼 竹内英二議員 »

平成24年4月臨時議会の議題

今日の議会運営委員会で6日に開会される臨時議会の議案説明がありました。
今回の案件は、崎津のメガソーラーについてと、クリーンセンターの訴訟問題。

まず崎津のメガソーラーについてなんですが、ソフトバンクエナジー(SBエナジー)に対して崎津がいなタウンをメガソーラー用地として貸し出すための措置を行いたいとのこと。
ちなみに賃料は既報の通り売電価格の3パーセント。
その準備段階として土地開発公社から市が土地を譲り受けるものです。

またクリーンセンターの訴訟問題ですが、以下山陰中央新報からの引用なのですが、「鳥取県米子市発注のごみ焼却炉工事の談合をめぐり、受注会社から約15億円を市に返還させた住民訴訟の原告が、弁護士報酬1億円の支払いを市に求めた訴訟の判決で、鳥取地裁米子支部(上杉英司裁判長)は26日、市に8千万円の支払いを命じた。」

と言うことで、これに対して補正予算でこの費用を計上して、8000万円の弁護士費用を控訴しないという意志を示し、JFEに支払いをもとめる方針のようです。

どちらも非常に悩ましい案件ですが、どうしたもんでしょうかね...。

|

« 平成24年3月議会 閉会 | トップページ | 追悼 竹内英二議員 »