« 平成23年12月議会 〜青少年育成について〜 | トップページ | 総務企画委員会の様子 »

平成23年12月議会 〜米子市自治連合会の要望について〜

最後に「3,米子市自治連合会の要望について」

①都市計画街路「淀江環状線」について
松田)昨日同僚の竹内議員が全体を見渡した質問をされたわけですが、私は「淀江環状線」についてのみ、早期の事業着手を求める立場で質問致します。
この道路の早期事業着手については連合自治会からの要望が毎年出てますよね市長。しかしながら回答は、まあこの事業だけではありませんが、おきまりの「財政状況うんぬん」という非常につれないものであります。以前にも地元出身の議員が早期着工への道筋について質問されていますが、そういった声が多数あるにもかかわらず事業化に向けては、いまだ先が見えない状況であります。計画自体は旧淀江町時代から引き継がれたものでありますが、このたびの新総合計画にも実施に向けた考えを明確に記載しておられるわけでありますが、現状において事業着手の目処は立っているのか、率直に伺います。

市長)都市計画道路「淀江環状線」の整備についてでございますが、淀江地域内の安全で快適な市民生活の基盤となる、幹線道路として整備が必要な路線として位置づけておりますが、他の幹線道路と合わせて計画的に順次整備を図っております。
 実施につきましては今後計画される他の事業と併せて、事業の緊急性、事業効果等を考慮するとともに、財政状況を勘案しながら判断してまいりたいと考えております。

松田)着工に向けてどういった要因をクリアーする必要があるのでしょうか。また用地買収が必要となると思うがそれらを含めた総事業予算の試算はされているのでしょうか。

勝田建設部長)淀江環状線は市営住宅大垣団地内を通る路線であり、今後策定される市営住宅の長寿命化計画、また現在地元自治会と協議中の「準用河川御大師川バイパス計画」等と整合を図る必要がございます。概算事業費で4億5千万円と試算しております。

松田)市営大垣団地の問題、御大師川の改修の目処をお聞かせ下さい。

建設部長)市営住宅長寿命化については今年度策定することとしています。現在着手中の塩川の改修が終わった時期に考えたい。

松田)市営大垣団地の扱いが今年度明らかになる、塩川の改修が26年度ですね。
ということは少なくとも27年度までは事業化はしないという考えなのか。確認の為に伺います。

建設部長)26年度までは塩川の改修にあたりますので、26年度以降の着工となろうと思います。

松田)この要望については、地元から現状の狭隘な道路状態、交通量の増加あるいは、先般の台風12号の際にも顕在化したのですが、御大師川の増水に対する危険性など複合的な要因から強い要望が上がっています。
私としても淀江町に残された合併時の大きな約束の一つであると認識していますので、是非とも諸課題をクリアーしていただきまして、早期の事業化を要望します。

|

« 平成23年12月議会 〜青少年育成について〜 | トップページ | 総務企画委員会の様子 »