« 平和祈念顕彰慰霊祭 | トップページ | 蒼生会 会派視察2011夏① »

先日の全員協議会について

19日、全員協議会が開かれました。
説明案件は3件

1.米子市住民自治基本条例の原案
2.米子市公会堂耐震補強及び大規模改修工事設計業務
3.崎津団地へのメガソーラー誘致


1.米子市住民自治基本条例の原案
以前より懸案だった案件です。
問題の「市民」の位置づけと、市民投票の件については、まあ現実的な線で収まったような気がします。
「市民」の定義は、地方自治法の「住民」に則ったもので「市町村の区域内に住所を有する者」ということとなっています。
まだまだ議論があると思いますし、修正案の提出も想定されますが、市の方針はとりあえずこの方向のようです。


2.米子市公会堂耐震補強及び大規模改修工事設計業務
先日も書きましたが、基本設計が突如プロポーザル方式での発注になった事実について「議会軽視」であるとのことで紛糾。
結局のところ市・教育委員会が明確な答弁が出来なかった為、中途半端な議論で終わりましたが、この件については野坂議員が急先鋒で頑張っていらっしゃいますが、私もまったく同感です。
議会への説明なしに重要案件を流してしまうと言う行為は、「議会軽視」と言われても仕方がないと思います。
後日、文書で回答するとのことで落ち着きましたが、いかがなものかなと感じています。


3.崎津団地へのメガソーラー誘致
まだまだハッキリしたところは見えない状況ですが、鋭意交渉中とのことです。
崎津の土地を全くタダで提供するなんて話にはならないとは思いますが、注意深く見つめていきたいです。

さて、今日は米子市議会議員研修会が行われました。
内容は山梨学院大学の江藤教授を招いての「新たな住民自治の動きと議会基本条例制定の動向」です。

江藤教授は議員定数の削減については否定的なお考えでしたが、その他の部分については非常に勉強になりました。
渡辺議長は議長選挙の公約で「議会基本条例」の策定に触れられていますので、今回の研修を踏まえて前向きな議論が出来ればと思います。


<報告>
8月24日から会派視察に出かけて参ります。

日程と視察項目は下記

24日 青森県 弘前市「耐震改修促進計画について」

25日 岩手県 盛岡市「情報化基本計画について」「まちなか観光とまちなか居住による元気なまちの再生について」

26日 福島県 会津若松市「議会基本条例をツールとした政策形成サイクルの構築・運用について」 
しっかり勉強してきます。

|

« 平和祈念顕彰慰霊祭 | トップページ | 蒼生会 会派視察2011夏① »

コメント

メガソーラー、他力本願でやるよりも地元資本で「ガイナーレソーラー」使って建設することはやはり難しいですかね。

投稿: いわた | 2011年8月22日 (月) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平和祈念顕彰慰霊祭 | トップページ | 蒼生会 会派視察2011夏① »