« サッカー漬けの日曜日 | トップページ | 2012年度 米子青年会議所理事長選挙 »

赤沢亮正ブログに松田ただし登場"なう"

先日の赤沢亮正代議士のブログ・メールマガジンに不肖松田ただしが登場していました。
内容は、Twitterに関する赤沢亮正の悩みw

=======================
赤沢よりもはるかに早くツイッターを始めた同志の松田正米子市議会議員(自民党公認)は、若い柔軟な頭脳で「市役所なう」などと上手に使っていますが、「古い奴」の赤沢はどうしてもこの「なう」が苦手です。
何となく照れくさい(笑)!
「いつかは使ってみたいものだ」などと思う一方で、「今まで使わなかったのだから、これからも意地でも使わないぞ」などと思ったりもします。「古い奴」は頑固なのです(笑)。

〜中略〜

もうお分かりだと思いますが、そのような教育を受けて来た赤沢としては、「ツイッターで使える文字数には制限がある」などと言われると、父親に鍛えられた血が騒いでしまい、どうしても140文字ぴったりで発信したくなってしまうのです。
赤沢がツイッターを始めたての頃の発信が、すべて140文字になっているのはこのためです。
今でもかなりの割合で140文字ぴったりで発信しています。古い奴だとお思いでしょうが(笑)。

このため、最初の頃は、推敲に時間がかかり、140字に収まるまで発信しないため発信の間が徐々に空いてしまい、さらには発信するのに疲れ果て、最後はツイッターノイローゼに!これは明らかに言い過ぎで、冗談ですが(笑)、なかなか発信しなかったのは、正直なところこのためもあります。

幸い、必ず140字で発信する病気(?)は既に治癒しており、発信頻度も徐々に増えておりますが、赤沢よりはるかに気軽に、朝自宅を出る時に「これから自民党の部会に向かいます」とか、自民党本部到着時に「党本部なう」などと軽快に発信している同僚国会議員が相当数います。
果たして、近い将来、赤沢が「米子鬼太郎空港なう」とか、「国会なう」などと発信する日が来るのでしょうか。
果たして(笑)?
=======================


大爆笑でしたwwwww
そんなことで悩んでいたとわw

"なう"については私も当初小っ恥ずかしいものがあったのですが、慣れというか麻痺してきたというか今では常用しています。
しかしながら"なう"については鳥取県はおろか全国にセンセーションを巻き起こした事件が思い出されます。
全参議院議員田村某氏が自民党を裏切って民主党に逃げ込んだ際に発しちゃった「入党なう」の一件です。
Ritou


とうことで亮正さん"なう"の使い方には気を付けねばなりませんよw

|

« サッカー漬けの日曜日 | トップページ | 2012年度 米子青年会議所理事長選挙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サッカー漬けの日曜日 | トップページ | 2012年度 米子青年会議所理事長選挙 »