« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

今日から米子がいな祭です。

今日から第38回米子がいな祭です。
正確には明日からですが、僕たちは今日から月曜日までビッチリ拘束されますので、やっぱり今日からですね。

松田のいる青少年委員会は花火の設営担当です。
かれこれ10年くらいがいな祭に携わっていますが、花火のセクションは初めての体験です。
どんな4日間になるのか楽しみです。

ということで、ブログの更新があんまり出来ないかもしれませんが、ご容赦ください。

さ、行ってくるか。
Img_4281_2


| | コメント (0)

淀江支所バリアフリー工事・公会堂基本設計の迷走

Img_1005_2
ご覧の通り、地元から要望の強かった淀江支所バリアフリー工事が完成しました。
以前から車いす用のスロープがあったのですが、使い勝手があまり良くなかったので、ちょっと前から要望していたところです。
これで障害者駐車場と支所玄関のアクセスが向上します。
迅速な対応に感謝したいと思います。

さて、先日緊急会派総会があったのですが、その顛末について。
米子市公会堂の基本設計が、7月21日"突如"プロポーザル方式で行うとの発表がありました。
議員向けにメール・ファックスで通達で。
「kokaido.doc」をダウンロード

12月議会の建設部長の本会議答弁は以下

技術面におけますアイディアコンペだとかプロポーザル方式でございますね、これにつきましては、具体的な改修工事の技術的な部分についてはもう基本設計の中で検討するということにしております。
これは、このたびの工事というのは新築工事でなく、耐震補強工事というのが主な目的でございます。
ということで、確かにプロポーザル方式だとか設計コンペ、これも1つの方法ではあるとは思いますが、仮に中心市街地活性化基本計画に位置づけまして、社会資本整備総合交付金、こういうものを活用しようとする場合には計画期間内に供用開始するというような必要もございます。
また、これは基本設計だとか実施設計、工事中に閉館となります。
やはり長い間時間をかけて市民の皆さんに御迷惑かけてはいけないということもございますので、なるべく早く開館にこぎつけるためには、こういうコンペ方式だとかプロポーザルですね、これは今のところ考えておりません。


ここでの問題点は大きく2つ

1,本会議答弁と正反対の決定を下したこと。
2,7月20日の所管の経済教育委員会が開会されていたのにもかかわらず、委員会で一切報告がなかったこと。

以上の事から、正副議長より市長に対して申し入れを行いましたが、ちょっと酷いと思いません?
議会軽視だと言われても仕方がない"やりかた"だと感じざるを得ません。

市当局と議会の信頼関係が最近どんどん薄れていっているような気がします。
見方によっては、今の管政権のような雰囲気も....。
こういった事が続くと、色んな事が進まなくなってきます。

この点については、市長はちーと考えてもらわんと、ホントに困っちゃいますよ!!

| | コメント (1)

議員定数削減案について

以前から何度か書いていますが、昨年の改選後議員定数の問題を解決するべく「議員定数・議会改革等調査特別委員会」が設置され、約一年間議論を行っています。

これまでの段階で、各会派の削減数の案が下記の通り提示され、先日開かれた委員会にその論拠を示すように遠藤委員長より指示がありました。 

蒼生会 6減

よなご会議 0~2減

公明党 0~2減

共産党 現行どおりの定数を維持

一院クラブ 6~8減

市民派 現状維持 枠を狭めることは意欲を持つ市民の門戸を狭めることになる

仁 4減

ムスカリ 現時点で提示できない

コモンズ 3~5減

虹 市民の意に原則は従うべきであるが、弱者の声なき声を伝える議員数は必要

ということで、蒼生会の提出資料「giinnteisu.doc」をダウンロード

しかし、資料提出を行ったのは蒼生会と一院クラブ(遠藤委員長)の2会派のみ…

市民派・仁・コモンズ・虹は委員会構成に入ってませんので未提出も仕方がないですが、これってどうなんでしょうか?

現状維持を声高に叫ばれる共産党に至っては、「そのような理解はしていない」と主張。

上にも書きましたが、この問題については約一年間議論を行っています。

なかなか前進しない議論に腹立たしい想いを感じざるを得ません。

大多数の市民の方は削減すべきとの意見を持っていらっしゃると感じるわけですが、普段市民の声を重視すべきだと主張される方ほど、ことこの問題に関しては非常に後ろ向きな動きを見せられているように感じます。

まだまだ時間がかかりそうです…

| | コメント (1)

拉致問題と民主党


昨日の参議院予算委員会での山谷えりこ議員の質疑の模様です。
拉致被害者家族の増元照明さんを参考人として招いて、親北朝鮮極左団体への献金問題などについて質疑が行われたのですが、本当に酷い答弁を連発する管総理。
拉致被害者家族の想いを切々と述べる増元さんを一瞥もしないこの男の姿勢には、本当に激しい怒りを感じました。

「万死に値する」

この一言に尽きる。

首相側献金問題、一問一答「政治的なつきあいは控えたい」(msn産経ニュース)

先日も書きましたが、この「親北朝鮮極左団体問題」は「ブッシュとオバマがアルカイダに献金してたのと同じ」です。

こんな答弁で逃れられると思ったら大間違いだ。

また終盤、閣僚の国旗国歌に対する考え方も改めて明らかになった。

一刻も早くこの政権を打倒しなければ、我が国は取り返しの付かない状況に陥ることは明白です。

さて、昨日は10時から総務企画常任委員会。
議題は原発対応についての説明だったのですが、まだ詳細な議論を行う材料が揃っていないように感じました。

委員会開会前に先日の岐阜基地視察についての問題が発覚しました。
なんと境港市議会は視察を行ったということなのです。
急遽担当課に出席を依頼し、事実関係を確認したのですが「防衛省からキャンセルの意向があった。境港の対応については判らない」との答弁に終始。

防衛省および境港市の対応を含めた、事実関係を明らかにして報告するように要請しました。

Img_1012
鳥取に移動し自民党県連の総務会に出席。
議題は浜田事件についての経緯の説明。
説明の中で、浜田氏の議員辞職勧告については、貸付金の問題もあるので参議院自民党に預けている。との説明がありました。

私は「県連として議員辞職勧告を参議院自民党に働きかけねばならない。借金返済は別の問題。もし先方が約束を反故にするなら裁判すれば良い」と意見を述べさせて頂きました。
青年部・青年局として、今後もあらゆる場面で要求していきたいと思います。

Img_1013_2
夜は美保基地納涼まつりに出席。
台風の影響で日程がずれた為か、米子市議会からは松田だけの出席でしたが、多数出席されていた境港市議会のみなさんなどと色々と意見交換が出来ました。
ただ、その他にも多くの皆さんとお話をしたのですが、ほとんどが浜田事件についてのもの。
全ての皆さんが、怒りと脱力感を感じていらっしゃいます。
浜田氏の一連の行為は、本当に多くの皆さんを深く傷付けています。

当のご本人は素知らぬ顔のようですが...。


帰宅後に以下のツイートをしたたころ、赤沢亮正代議士からツイートを頂きました。

松田のツイート
納涼まつりでも、私に声をかけてこられる方のお話は、浜田事件についてが大半(−_−;)

赤沢亮正代議士のツイート
松田市議、お疲れ様!鳥取県の有権者に浜田議員誕生をお願いした自民党と我々には辛い状況が続きます。某大臣じゃないが、「忍」の一字で頑張ろう!引き続きよろしく!


頑張ります。


最後に参議院予算委員会での増元さんの訴えを全文載せます。

「家族会の事務局長をやってる増元です。
この場で発言の機会を与えてくれた山谷議員及び委員の皆様に感謝申し上げます。
更に先般家族会、救う会で訪米した際に同行頂いた平沼議連会長及び国会議員の先生方、政府から副大臣に在米大使館の方々のご尽力により一定の成果を上げる事ができた事に感謝申し上げます。
私達家族会が結成されたのは平成9年です。それから私達は日本の社会の闇というか、政治の闇というか、そういったものに13年間翻弄され続け痛め付けられてきました。未だに家族を取り戻す事もできない状況なんです。その闇というか、私達が北朝鮮に連れ去られた家族を取り戻したいという横で赤い旗を振った人達が強制連行の人達はどうするんだとか、北朝鮮や朝鮮半島に私達が行った事はどう考えるんだとか私達の方へ向けて非難の言葉を投げかけました。それは本当なんでしょうか?
私達の願いは家族が本当に家族として日本で、この繁栄した日本で、未だに彼らが享受してない繁栄を一緒に過ごしたいだけなのに、果たしてそれはイデオロギーの言葉で打ち消されるような状況が我が国の在り方なんでしょうか?そんな思うで戦ってきました。そして未だにこの拉致問題はイデオロギーで反対される方、沈静させようとする方がいらっしゃいます。
その中でも今回私が訪米する前に産経新聞に掲載されました菅総理の資金管理団体からの市民の党への献金問題、これは本当にあっていいものだろうか、私達がこれまで戦ってきて、ようやく北朝鮮金正日に拉致を認めさせてきた流れを作って、この流れの中で今まで戦ってきた闇と再び戦わなければならないのではないか?という危惧を考えております。
昨日、家族会の代表と前代表婦人とお話をしてきました。代表は拉致を政局ではなく全国会議員一緒になって取り組んで欲しい。それだけなんだと仰ってました。早紀恵さんは何を信じればいいかわかんないよねという風な事に仰いました。この報道を聞いて本当に私達の家族を取り戻してくれる政府なのかどうか、信じて良いのかどうか、この報道を聞いて吐き気がするほど気分が悪くなったと仰ってました。
総理は先ほど山谷議員の質問の中にもありましたけどもシンガンスの助命嘆願を江田法務大臣と共に署名されました。迂闊だったと仰いました。私達家族会は過去の事は問わない。もう被害者救出の為に一生懸命やってくれればそれでいいと、あの時は了承しました。
それが平成19年から21年の間に総理の資金管理団体から石岡透さんや松木薫さんを拉致した実行犯の森順子の息子。この方が帰国されて、おそらくこの方は自由な発言権を持ってらっしゃるでしょうし自由な意思を持ってらっしゃるから選挙に出る自由もあるでしょう。しかし彼らは未だにこの拉致に対して、彼らが行ってきた事を明確な意志を示してないと云うことは彼らが北朝鮮で受けてきた教育、彼らが北朝鮮で受けてきた日本革命という思想を一身に持ってらっしゃる方だと思います。それを知らないとはいえそういった方を擁立した団体へ総理の資金管理団体から多額のカネが流れた事は我が国の為にも明確にしなければいけない事だと思います。
私の父は9年前に日本を信じると言って死にました。その日本とはどういう日本だったのでしょう?三十数年前に日本人が拉致されて未だに取り戻せない、そんな弱い日本じゃなかったはずです。父が信じた日本は私達の家族、日本人の命をすぐに救出する。そんな日本であったと信じて死んでいったはずです。そういう国を作って頂きたいしそういう国であると国民の前に示して頂きたいと思います。私の姉は拉致されて33年経ちます。彼女の人生33年間、あの北朝鮮という惨たらしい土地で過ごさねばならなかった人生の代償はなんだったのでしょうか?彼女達に私は自分の人生が無駄だったと思って欲しくありません。彼女達の犠牲によって、日本がまともな国で強い国にしていける状況になったんだという流れを拉致被害者が作ったんだという思いを彼らに感じて欲しいんです。彼らの犠牲によって流れを作ったという、その思いが強い現在であります。
先ほどから総理はわからなかったとか知らなかったとか仰いましたが、これはシンガンスの時と一緒でしょう。過去は問いません。しかし二度目のこういう状況に対して国民の前にその意思とその意図を明確にしてもらうことがこの国が今後どのような国になるのかを国民の皆さんにも考えていただく良い機会となると私は信じてます。
最後にお願いがありますが、このブルーリボンバッジは北朝鮮いじめのシンボルではありません。北朝鮮に圧力をかけようというシンボルではありません。拉致被害者が北朝鮮にいて、そして今なお故郷に帰りたいという思いを胸にしているという拉致被害者を助けたい、救出したいというシンボルです。
是非国会議員の数多くの皆様もこのブルーリボンバッジを付けて頂いて、そして毎朝このブルーリボンバッジを付けて頂いて、今でも多くの100人以上と言われる拉致被害者が存在し日本に救出される事を望んでいる現実を考えて頂きたいです。
確かに日本には大きな問題や色々な問題が散在してます。その中で色々な問題がありますが、拉致という問題は解決されてないという事、国民の命がかかっているという問題である事、国民が今助けを求めているという問題であるという事を国会議員の先生の皆様、ブルーリボンバッジを付けることによって考えて色々な事をご議論頂きたいと思っております。
今日は僭越ながらこの様なお話をさせて頂きありがとうございました」

引用先 komi1114さん 衝動記

| | コメント (0)

鳥取県内大移動

おはようございます。

市役所で書き込んでします。

今日は鳥取県内大移動(大げさですがw)です。

総務企画常任委員会(米子)→自民党総務会(鳥取)→美保基地納涼祭(境港)

鳥取県って東西のアクセスに非常に時間がかかりますので、殆どが移動時間ですな。

しっかり頑張ってきます。

さて、今日は参議院の予算委員会もあります。

おそらく親北極左団体献金問題に大きなウェイトが割かれると思いますが、いったいどういった答弁をしてくるのか見ものです。

| | コメント (0)

赤沢亮正 平成23年7月6日 衆議院予算委員会集中審議

赤沢亮正裏サイト管理人ですw
赤沢亮正 平成23年7月6日 衆議院予算委員会集中審議の動画をアップするのすっかり失念しておりました。

内容は「津波対策法案の棚晒し問題」、相棒は、ご存知「小泉進次郎」。
参議院自民党ばりwの、熱さが全面を出し、新境地を切り開いた赤沢亮正の姿をご覧下さい。
(特に18分あたり)

| | コメント (0)

管首相の献金が浮かび上がらせた民主党の闇 〜親北朝鮮極左団体献金問題〜

産経新聞、関西テレビ「アンカー」以外の大手メディアは、ほぼ報じていませんが、民主党の抱える大きな闇が暴露されています。

今朝の産経新聞で、東京基督教大学教授・西岡力氏が端的にまとめられていますので、下記をご覧下さい。
東京基督教大学教授・西岡力 首相献金が浮かび上がらせた闇(msn産経ニュース)

〜冒頭部分の引用〜
菅直人首相が、拉致実行犯として指名手配されている容疑者の長男が所属する極左政党の関連団体に多額の献金をしていたことが明らかになり、物議を醸している。
首相の資金管理団体が平成19~21年に6250万円を「政権交代をめざす市民の会」に献金し、同時期に民主党から1億2300万円を受け取っていた。
めざす会は極左政党「市民の党」(酒井剛代表)の政治団体だ。
鳩山由紀夫前首相をはじめとする民主党国会議員も同様の献金をしており、民主党側から市民の党側に流れた資金は合計で8740万円に上る。

また、櫻井よしこ氏も寄稿しています。【櫻井よしこ 菅首相に申す】献金問題の深い闇

どうやらお金の出所は政党交付金
区議会議員、県議会議員、市議会議員レベルでも100万円単位の献金を行っているという事実もありますので、民主党は組織ぐるみで親北朝鮮極左団体へ多額の献金を行っていたと言うことです。


このの問題を追及したH237月7日の参議院予算委員会・自民党参議院 礒崎陽輔議員の質疑(21分ごろ)

この親北朝鮮極左団体への献金問題は、過去の管総理の売国的行為、80年に起こったの原敕晁(ただあき)さん拉致事件の実行犯であり、韓国に潜入中、逮捕され、死刑判決を受けた北朝鮮の大物工作員、辛光洙(シン・ガンス)の早期釈放嘆願書に署名したこと、また3月11日に露見し、多くの国民を愕然とさせた「在日献金問題」、これらを軽く凌駕する驚愕の事実ですよ。これは。

Twitterで話題になった例えが絶妙でしたので紹介します。

「ブッシュとオバマがアルカイダに献金してたのと同じ」

日本には現在存在しませんが、他国なら「国家反逆罪」レベルの話です。

こんな総理で良いですか? こんな政党でいいですか? ホントに....。

【サッカー女子W杯優勝】菅首相へのアドバイスは?沢主将、きっぱり「ないです」 なでしこ優勝報告 - MSN産経ニュース http://t.co/j1uuhFF
よく言った!!

| | コメント (0)

出てればな~…

今日は空自岐阜基地視察の予定だったのですが、台風の影響でキャンセルに。

一応延期との方向性のようですが、防衛省との調整に時間がかかるため何時になるのかはわかりませんね。

しかも米子市はもちろん境港市の地元関係者の皆さんとの調整もありますし、いつになるのか…

しかし、C2配備の地元意向を県への返答は夏ぐらいを目途に出す必要があるという事実もありますし、早急に決着をつける必要性があります。

面倒だとは思いますが、市当局としても頑張って調整を図っていただきたいと思います。

というようなことで、今日はスケジュールがポッカリ空いたやいましたよ…ははは。

さて、女子日本代表「なでしこジャパン」ワールドカップ制覇の興奮が冷めやらないですね。

今朝代表は凱旋帰国を果たしました。

しっかり疲れを癒して来る五輪予選に挑んでいただきたいと思います。

そんな中面白いニュースが。

蓮舫氏「なでしこ優勝すごい」でツイッター炎上

ツイッターで昨日から話題になっていましたが、新聞記事にまでなるとはw

論評はしませんが、みんな覚えているんですね。

それともう一つ。

現在「コパ・アメリカ(南米選手権)」が、アルゼンチンで開催されています。

ブラジル、アルゼンチンが敗退するなど波乱の大会になっているようですが、今大会に、日本のA代表は出場権があったんですよね。

しかし、震災の影響はもちろん、欧州を中心にクラブの意向もあって選手の招集が出来ないという理由で辞退してしまいました。

もちろん出てればおそらくコテンパンにやっつけられたんじゃないかとは思うわけですが、アウェイの環境でガチンコの戦いが出来るという願ってもないチャンスをみすみす逃してしまったわけです。結果的に。

次のワールドカップはブラジル開催という点を見ても行くべきであったし、震災復興へ向けての意味合いとしても国内選手だけでも行けばよかったのにな~と思っています。

女子が強くなったのはクラブのエゴがなかったからと言う側面もあったように感じています。

是非とも男子の代表にも頑張っていただきたいです。

| | コメント (0)

女子日本代表 W杯制覇!!

Nihon_2
早朝からサッカー少女の"あこ"と大騒ぎでしたよ。もう。
全く興味のない次女"ここ"は「うるさ〜い」って怒っていましたがw

しかしこの快挙、なんと形容してて良いのか分かんないくらいの快挙です!!

MVP・得点王の澤選手は国民栄誉賞当確!!

この歴史的勝利は、被災地の皆さんにも元気を送れたんじゃないかと思います。

ニッポンバンザイ!!!!!!


この快挙を契機に女子サッカーの裾野が広がります。

増えてきたとは言え、中学には女子サッカー部はほとんどありません。
高校も同様です。
受け皿をしっかり固める必要を感じました。

さて、気持ちの良い朝だったのですが、一点腹が立ったのはフジテレビの中継。

歴史的な表彰式を何故中継しない!!

Twitter上でも罵詈雑言が飛び交っていましたが、一番大事なW杯を掲げる瞬間、日の丸を掲げてのウィニングランをなぜ国民見せないんだよ!!!!!!!!

BSではやってたみたいですが、圧倒的に地上波での視聴が多いだろうにもう残念でしょうがない。
仕方がないのでTwitterで拾った超格好いい日の丸を貼り付けます。


もう一つふと考えた事も。
国旗市旗掲揚陳情に反対した方々は、今日の試合観ても日の丸に嫌悪感を抱くのだろうか…と言うこと。
どうなんすかね...。

〜連絡〜
本日より空自岐阜基地にC2の視察に行って来ます。
美保基地よりC1で行かれるチームもあるようですが、私達は幸い(笑)JRでの移動です。
しっかり検証してきます。

※岐阜基地C2視察は台風接近の為中止となりました。

| | コメント (0)

松田ただし 全国デビュー

昨日、某議員のブログ設置を手伝って来ました。
様々なメディアを活用しての情報発信は、今の議員には欠かせないことです。

年配の議員ですが、間違いなく「猛毒」を発信してくれるに違いないと確信しています(笑)


Img_2543_2
さて、先日週刊新潮の取材を受けたと書きましたが、なんと記事になっちゃいました。
内容はもちろん「浜田和幸事件」について。
松田ただし全国デビューですw

Img_2318
詳しい内容については、発売直後ですのでこれだけで勘弁してください。
本誌を買ってみてくださいね。
かなり面白おかしい表現がしてありますが、だいたい言ったとおりの事が書いてあります。
選車に乗ってた人はみんな知っています(断言)

事実です。


そうそう、浜田和幸氏を叩きつぶすと明言されている山本一太参議院議員のブログに、今の赤沢亮正代議士の様子が取り上げられていました。

抜粋
山本:「え?赤沢さん!今日も選挙区にいるんですか?!党や委員会の仕事もあれほど真面目にやってるのに、寸暇を惜しんで帰っているんですね。相変わらずマメだなあ!」

赤沢:「いや、先日からずっと地元支持者の皆さんにお詫び行脚を続けているんです。浜田議員があんな形で離党したことについて、地元の方々がすごく怒っているもんですから!(ため息)」

これも事実です。

先日浜田氏は米子で会見を開き、「有権者にお詫びしたい」「支援者に説明に廻っている」と述べられたようです。

言った事は事実かも知れませんが、例えば「支援者に説明に廻っている」なんで様子は一切見られません。
後援会長にも会えなかったって聞いています。

浜田さん。もうどうでも良いんで、帰ってこないでください。

| | コメント (0)

2012年度 米子青年会議所理事長選挙


久しぶりにJCのお話。
昨日米子JCの総会が開かれ、その場で来年度のリーダーを選任する、2012年度 米子青年会議所理事長選挙が行われました。
選挙と言いましても立候補者は1人ですので、実質は信任投票です。
とは言え5人の推薦人が必要だったり、その推薦人の代表者が推薦の弁(応援演説)をしたり、もちろん候補者も立候補演説をしたりということで、普通の選挙とあんまり変わりません。
こう言った経験を積むことで、自己研鑽を進めるのがJCのやり方です。


さて、今回立候補したのは「中井真太くん」
Img_0952
JCには松田と同期入会であり、また同じ昭和48年生まれということで同時に卒業します。
そして、昨年の選挙では選挙対策本部長として、獅子奮迅の活躍をしてくれた男です。


選挙結果は「満場一致」での信任!!

思わず歓声を上げてしまいましたよ!!


ただ裏を返せば、誰かさんの選挙結果と同様に重たい結果とも取れます。

重圧を感じることなく自由は発想で頑張って貰いたいです。


松田個人としても、同期会としても全面的にバックアップしていきます。


来年の中井米子JCの飛躍に大いに期待したいと思います。


| | コメント (0)

赤沢亮正ブログに松田ただし登場"なう"

先日の赤沢亮正代議士のブログ・メールマガジンに不肖松田ただしが登場していました。
内容は、Twitterに関する赤沢亮正の悩みw

=======================
赤沢よりもはるかに早くツイッターを始めた同志の松田正米子市議会議員(自民党公認)は、若い柔軟な頭脳で「市役所なう」などと上手に使っていますが、「古い奴」の赤沢はどうしてもこの「なう」が苦手です。
何となく照れくさい(笑)!
「いつかは使ってみたいものだ」などと思う一方で、「今まで使わなかったのだから、これからも意地でも使わないぞ」などと思ったりもします。「古い奴」は頑固なのです(笑)。

〜中略〜

もうお分かりだと思いますが、そのような教育を受けて来た赤沢としては、「ツイッターで使える文字数には制限がある」などと言われると、父親に鍛えられた血が騒いでしまい、どうしても140文字ぴったりで発信したくなってしまうのです。
赤沢がツイッターを始めたての頃の発信が、すべて140文字になっているのはこのためです。
今でもかなりの割合で140文字ぴったりで発信しています。古い奴だとお思いでしょうが(笑)。

このため、最初の頃は、推敲に時間がかかり、140字に収まるまで発信しないため発信の間が徐々に空いてしまい、さらには発信するのに疲れ果て、最後はツイッターノイローゼに!これは明らかに言い過ぎで、冗談ですが(笑)、なかなか発信しなかったのは、正直なところこのためもあります。

幸い、必ず140字で発信する病気(?)は既に治癒しており、発信頻度も徐々に増えておりますが、赤沢よりはるかに気軽に、朝自宅を出る時に「これから自民党の部会に向かいます」とか、自民党本部到着時に「党本部なう」などと軽快に発信している同僚国会議員が相当数います。
果たして、近い将来、赤沢が「米子鬼太郎空港なう」とか、「国会なう」などと発信する日が来るのでしょうか。
果たして(笑)?
=======================


大爆笑でしたwwwww
そんなことで悩んでいたとわw

"なう"については私も当初小っ恥ずかしいものがあったのですが、慣れというか麻痺してきたというか今では常用しています。
しかしながら"なう"については鳥取県はおろか全国にセンセーションを巻き起こした事件が思い出されます。
全参議院議員田村某氏が自民党を裏切って民主党に逃げ込んだ際に発しちゃった「入党なう」の一件です。
Ritou


とうことで亮正さん"なう"の使い方には気を付けねばなりませんよw

| | コメント (0)

サッカー漬けの日曜日

Img_0809
暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
松田は、なんと部屋のエアコンが壊れちゃいまして、避暑地(エアコンがあるところw)を転々としながら、なんとか凌いでいますw
さて、この日曜日は朝からサッカー漬けの一日でした。
この4月から上の子の"あこ"がサッカーのスポ少にお世話になっていまして、この日も先週から羽島rった4年生以下のジュニアリーグの引率です。
昨日は尚徳小学校での開催だったんですが、酷暑の中の試合...。
子供たちは元気にやっていましたが、親は炎天下でグッタリです。
真っ黒に日焼けしています。
結果は1分1敗ということで、なかなか初勝利が遠いのですが、先週の試合ではなんとチーム初得点を挙げたりして、まあ楽しそうにやっていますので今後も頑張らせてやりたいですわ。

Img_4881
そして試合後は"あこ"を引き連れてそのまま鳥取へ。
J2に上がってから初めてのガイナーレ観戦です。
鳥取のホーム戦では、スタジアムグルメの評判が良いらしく屋台ブースも大勢の人で賑わっていました。


Img_6065
バードスタジアムにたなびくJリーグ旗。
(ちょっとこの写真では判りませんね)

Img_5010
この日はギラヴァンツ北九州との第二戦。
試合前の演出もJFL時代とは違ってかなり賑やかな感じです。

Img_0674
結果はご案内の通り、0−1の負け...。
アウェイの借りを返された格好です。
内容もガイナーレの攻撃は決定機も少なく、少々残念な感じ。
お客さんの入りも3390人と言うことで、こちらも少々寂しい感じでした。
5000人くらい入ると、ホームでの威圧感が出ると思うのですが、応援もこなれてきて感じはしましたが、後は数ですよね。
すっかりサッカー少年(ホントは少女)になった"あこ"も、以前とは違いずーーーっと試合に集中していましたし、サッカーをやってる子供たちにとってはこの上ない刺激になるんだなと感心。
地元でトップレベルのゲームが行われることの影響力を感じた次第です。
今後はさらに厳しい戦いが予想されますが、しっかり頑張って欲しいです。
頑張れ、ガイナーレ鳥取!!

しかし...

改めて米子でやりたいなという想いも持ちました。
なんとかならんかな...。

| | コメント (0)

米子市議会観光振興議員連盟 淀江視察

久しぶりに浜田事件から離れまして、観光議連の報告を。
去る7月1日、米子市議会観光振興議員連盟で淀江地区の観光資源を視察しました。
コーディネートは今年度設置されたよどえまちづくり推進室
Img_0952_2
スタートは淀江の名店「山友食堂」。ここのラーメンは淀江の人間なら必ず(たぶん)食べてます。
正に淀江のソウルフードですね。
昭和ムード溢れる店内、そして絶品の牛骨ラーメンに他の議員の皆さんも感動してました。
(ラーメンの写真も撮っとけば良かった...)

Img_0954
次は、鳥取県漁業協同組合淀江支所。
淀江の人は「漁業会」って言います。


Img_0953
今の時期は「タコ」や、

Img_0955
「サゴシ(サワラの小っちゃいの)」なんかが獲れます。
その他、「サザエ」とか「ハマチ」とか「岩ガキ」等々様々な種類の魚介類が水揚げされます。

Img_0957
その後、鳥取県立むきばんだ史跡公園でお話を聞いた後、先日オープンしたした上淀白鳳の丘展示館を見た後、

Img_0959_2
国史跡 上淀廃寺跡の見学。

Img_0960_2
引き続いて、天の真名井(あめのまない)と、

Img_0966_2
本宮の泉(ほんぐうのいずみ)の名水シリーズを巡りました。
当日はあいにくの雨模様でしたので、古墳群巡りはキャンセルしましたが、半日しっかりかかりました。

松田としては地元なもんで、まあついて歩けば良いかなって位の感覚だったのですが、こうして改めて廻ってみると新たな気付きが沢山ありました。
また課題点も多く見つかったように思います。
例えば、妻木晩田遺跡と白鳳の丘展示館周辺の物理的連携(遊歩道とか)がまだ無いとか、全体的な周遊コースが無いとかいろいろ目に付きました。
今後米子市は、淀江地区を観光振興の目玉に据えて施策を進めて行くようです。

私達もしっかりサポートしていきたいと思います。

| | コメント (0)

浜田和幸氏 離党・総務大臣政務官就任⑦

産経新聞(2011.7.2付)の掲載記事(浜田氏へのインタビュー)の内容に関する見解が県連役員宛に届いたので載せます。


自由民主党鳥取県支部連合会

産経新聞に掲載されたインタビュー記事は次の通りである。

(記者)
― ―自民党公認で当選した。議員を辞めて民間人として協力すべきでは
(浜田氏)
「自民党県連は文句を言っているが、昨夏の参院選では借金して県連に寄付したし、党本部から来た金も私の口座に入ったけど、(県連が)引き出して相談なく使っている。その金を返せっていうのはどういうことか」

【見解】
 全く事実に反する。
 昨夏の参院選で、浜田氏が「借金をして県連に寄付した」という事実は全くない。政治団体収支報告書を精査すれば明白である。
 党本部から来た金が浜田氏の個人口座に入ったかどうかは不明だが、その個人口座から県連が金を引き出すことなどあり得ないし、一般常識として不可能である。
党本部から来た金というのが、党本部からの交付金の類という意味であるならば、自民党鳥取県参議院選挙区第2支部、或いは浜田和幸後援会への交付金であるが、これは政党支部或いは政治団体への交付金であって、浜田氏の個人口座の金ではない。
しかも、東・中・西部事務所の設置やスタッフの配置、その他諸々の政治活動・選挙運動を一から支え、その資金を全て県連が立て替えていた中で、交付金を事務所スタッフの給与や事務所経費に使うのは当然であるし、何よりも浜田氏は「私は何も分からないので任せます」と言っていた。これは、当時の浜田事務所スタッフの証言をとれば明らかである。
さらに、県連が引き出して相談なく使っているとのことであるが、県連はすべて浜田選対や浜田事務所スタッフの求めに応じて資金を支出しているだけなので、県連が使っているというのは、全くの言いがかりである。
「その金を返せっていうのはどういうことなのか」とは意味不明である。立替金は「金銭消費貸借契約書」によって返済することを浜田氏は同意している。


ということで、相変わらず真っ向から主張が対立しています。
浜田氏は、あること無いこと書かれて困っている旨の発言を繰り返されているが、これを見るだけでいかにいい加減な放言をしているのか良く判る。

| | コメント (0)

7月6日 衆議院予算委員会 赤沢亮正登場!!

恫喝大臣こと、チームドラゴンの"親分"がとっとと辞任されました。
当然の結果ですが、極めて後味の悪い結果でもあります。


今日の普通のおばちゃん方の会話
「復興なんとか大臣が辞めたしこだがん」
「民主党にはろくなモンがおらん」


管総理の任命責任は免れないでしょう。

さて、7月6日(水)の衆議院予算委員会 自民党質疑者をお知らせします。
 9:30~石原伸晃 幹事長 
 10:10~石破 茂 政調会長 
 11:10~塩崎恭久 議員 
 13:00~赤澤亮正 議員  


この顔ぶれの中にいる赤沢亮正ってなんだか凄いな...。

NHK生中継です!


以下、りょうせい通信より引用
----------------------------------
午後1時から赤沢が衆議院予算委員会集中審議で35分間質問に立ちます。
テーマは「延長国会における諸課題について」ということで、要するに、何を質問して
も良いということですね(笑)。
同僚議員からは、「浜田参院議員を吊し上げるのか。」などと冷やかされますが、津波関係の震災対応一本に絞って質問しようと考えております。NHKのテレビ中継がある予定ですので、お時間の都合のある読者はチャンネルを合わせて頂けると有り難いです。
応援よろしくお願いします。
----------------------------------

最近お気に入りの西田"無双"昌司 参議院議員

| | コメント (0)

米子市議会に国旗及び米子市旗を掲げる陳情は不採択(否決)

陳情第29号「米子市議会に国旗及び米子市旗を掲げる陳情」
(提出者 日本会議鳥取県支部 会長 廣江 弌)
県内市議会で唯一、国旗・市旗が掲揚されていない米子市議会議場に掲揚を求めるものです。


上記の陳情が本日の本会議で審査されましたが、11対17で残念ながら否決されました...。
民主党4人・共産党3人・公明党4人・革新系3人、そして保守を自認されている3名が不採択。

賛成した議員は下記の11名(敬称略)

蒼生会
 渡辺穣爾
 野坂道明
 尾沢三夫
 藤尾信之
 竹内英二
 岩崎康朗
 松田 正
 湯浅敏雄

よなご会議
 小林重喜

コモンズ
 杉谷第士郎


 山川智帆


大変残念な結果です。

"あの"広島市議会でも最近掲揚が決まったというのに...。

この議論は平成11年の国旗国歌法の制定時期から始まっていたようですが、ずっとたなざらしと言うか、掲揚への気運が高まることなく今日を迎えたように聞いています。
改選前の前期終盤、尾沢議員から掲揚に向けての動きがあったのですが、これも実現には至らず、改選後迎えた今回の陳情。

蒼生会野坂道明幹事長の渾身の賛成討論も実らず結果は大差での不採択...。

しかし不可解なのは、採択への意志を示して頂けなかった「保守を自認されている3名」の動き。
このうちの一名の方は、つい先日の会合でも「議場に国旗を絶対掲揚すべき」という主旨の事を言われていたのですが、私ごときには理解できない理由があるのでしょうか?
彼等が賛成票を投じられれば、14対14の可否同数となり、議長裁決まで持ち込めたのですが...。


やたら"..."が多い記事になりましたが、やはり無念を引きずりながら書くとこうなりますね...。(←またかよ!!)


いずれにしても、米子市議会の体質は変わらないようです。

| | コメント (3)

浜田和幸氏 離党・総務大臣政務官就任⑥

7月1日付けの産経新聞の記事「私はスケープゴートにされただけ」一本釣りの浜田総務政務官に、浜田氏が発したとされるの看過できない発言が載っていた。

 --自民党公認で当選した。議員を辞めて民間人として協力すべきでは

浜田氏「自民党鳥取県連は文句を言っているが、昨夏の参院選では借金して県連に寄付したし、党本部から来た金も私の口座に入ったけど、(県連が)引き出して相談なく使っている。その金を返せって言うのはどういうことか」

私の見解、県連からの報告とは相容れない部分、また疑問に思う部分を書いてみます。

1.自民党県連が個人口座からお金を引き出せるの?

2.個人口座に党からお金が入る事はありません。あるとすれば参議院選挙区支部、または浜田後援会に入金された交付金です。

3.選挙に当たっての事務所設置、スタッフ配置などに際して自民党県連が立て替えています。そのお金を返して貰うことがおかしいの?

4.そもそも自民党県連が”勝手”にそういった一連の行為を行う事が出来るのか?


いくらなんでも程が悪くないですか?

人の財布に勝手に手を突っ込むことが出来るはず無いじゃないですか。

ここまで出鱈目を並べ立てられるなんてのは、人間性が疑われるなどという生やさしい表現では足りないように思います。

各種報道によると、やれ「官房機密費から5000万円出た」とか「幽霊秘書」とか「顧問弁護士の顧問料に秘書給与」だとか信じられない記事が連日報じられています。

もはや地に落ちた「自民党鳥取県連公認候補者」...。

私もカテゴリーは違えど同じ「自民党鳥取県連公認候補者」として改めて激しい憤りと虚しさを感じています。

| | コメント (0)

これCG? 松本復興相の恫喝映像

今朝のテレビで松本復興相の恫喝映像を見てしまいました。

感想「これCGだろ?」
いくらんなんでもあんまりじゃない?これ。

一国の大臣、しかも被災地の復興を一手に担う方に、ここまで品性が欠落していると言うことはもはや国民にとって悲劇以外の何者でもない。

サングラス会見なんかはどうでも良いんですが、菅・鳩山その他大勢の北の拉致容疑者親族の周辺団体への献金問題、これと併せると致命傷になるんじゃない?

「漢字読めない・カップラーメン価格・高級バー通い 」こんな下らんことで麻生太郎は叩かれまくっていたのですが、民主党の繰り出す異次元の戦いに呆れてものが言えないですよ...。


一気に政局かも…

浜田問題で週刊新潮から取材を受けました。
他にも地元関係者の声を集めているとのことでした。
今週号で特集を組まれるそうですので、興味のあるかたはどうぞ。

| | コメント (0)

浜田和幸氏 離党・総務大臣政務官就任⑤

自民党県連会長のコメント全文です。

浜田参議院議員の自民党離党に対する県連会長コメント

浜田氏は、昨年7月の参院選挙において、自民党公認候補として民主党マニフェストを痛烈に批判して戦い、結果、逆風の中を民主党公認候補に2万5千余票の差をつけて勝利した。
従って、自民党議員として、政策展開することが国会議員としての責務であり、離党は県民を愚弄する行為であって決して許されるものではない。

その中で、政策実現に欠け、退陣が明らかとなっている菅政権をなぜ信頼するのか極めて自己本位の対応で不可解である。
また、今、与野党一致して震災に対する重要法案の成立を目指している中でのアクションは、党内外や多くの県民から批判されることも当然である。
さらに、離党会見まで、県連や県選出党所属国会議員に対して、何ら意思表示も相談もなかったことは、良識を疑わざるを得ない。
民主党が自らの公認候補を破った者を受け入れることについても大変不快感を持つ。
また、復興の遅延を招いたことは民主党の責任であり、復興の政務官を受けるならば、議員辞職して一評論家として受けるべきである。
多くの県民からの負託に応えるという国会議員としての自覚がない。
浜田氏の離党によって、政権運営が円滑に進むどころか、逆の方向に走る可能性があり、その責任は大きい。地元有権者にも大きな不信が募っている。

自民党県連として、大変遺憾に思うとともに、県民に対し大変申し訳なくお詫び申し上げます。

平成23年6月27日
自由民主党鳥取県支部連合会
会長山口享

※浜田氏離党後、党本部に対し、「離党届を受理せず除名する」よう県連会長・幹事長として要請いたしました。


今朝"自民党鳥取県"でググってみたらこんな記事も書かれちゃってます。
要は鳥取県民の県民性だと...。

もうどうにもこうにも収まりが付きませんわ。

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »