« 平成23年6月議会 開会 | トップページ | 【J-NSC鳥取ニュース】6/19開催の講演会へのご案内 »

拉致問題早期解決全国一斉統一行動県民決起集会

Img_6804
昨日全国一斉に行われた「拉致問題早期解決全国一斉統一行動県民決起集会」に下の子の"ここ"を引き連れて参加して参りました。


松本京子さんのお兄さん、松本孟さんのメッセージ
「妹がいなくなってから34年がたちました。妹の帰りを待ち続けた母は88才。母が元気なうちに帰って来てほしい…」

赤沢亮正代議士は、安倍晋三元総理との会談を踏まえて、継続した「圧力」の必要を説かれました。
浜田和幸参議院議員は、北朝鮮の独裁体制を挫くには民間の力、情報を彼の国の民衆に伝える事の重要性を説かれました。

ここ3年全く動きのない拉致問題。

ご家族の心痛は想像を絶するものだと感じました。

今回の集会に添えさせて頂いた私のメッセージ

北朝鮮による日本人拉致は、許し難いテロ行為であり由々しき国家主権侵害です。
この解決には正に国家の威信をかけて全力を傾注するする必要がありますが現政権下においては、残念ながら進展が見えなくなっております。
拉致被害に遭われた皆様が、笑顔でご帰国を果たされる日を現実のものとすべく微力ではありますが邁進して参りたいと思います。

自由民主党 鳥取県支部連合会青年部副部長
米子市議会議員 松田 正


冒頭にも書きましたが、今回は娘を連れて行きました。
娘の感想は一言「怖い...」。

8才の女の子がこういった会場にいるのは違和感ありありですが、こういった事実を次世代にもしっかりと伝え、風化を防ぐことが最も大事だと思います。
(娘と私のツーショットが、NHKのニュースに大写しになったらしいですw)

今後も出来る限りの情報発信と、出来る努力をしていきたいと思います。


|

« 平成23年6月議会 開会 | トップページ | 【J-NSC鳥取ニュース】6/19開催の講演会へのご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成23年6月議会 開会 | トップページ | 【J-NSC鳥取ニュース】6/19開催の講演会へのご案内 »