« 会派視察報告② 奈良県奈良市 | トップページ | 米子商工会議所青年部例会「米子市の課題と将来について」〜米子駅南北一体化事業を考える〜 »

会派視察報告③ 大阪府東大阪市

大阪府東大阪市
「環境基本計画・環境施策の取り組みについて」

人工衛星「まいど1号」で有名な東大阪市にお邪魔しました。
ラグビーの聖地花園競技場でもおなじみですね。
町工場や中小零細工場が沢山ある東大阪市では、公害対策として昔から環境政策に取り組んでいらっしゃいまして、現在は「第二次環境基本計画」を策定し「環境との共生」という次のステップに進まれていました。

具体的には市域を7つのリージョンに分割し、そのエリアごとの環境政策を個別具体的に市民と一緒に設定して、その推進を図るというもの。
また、この7つのエリア分けは、その他の施策にも連動しているようです。

米子市でも「環境基本計画」の策定が求められていますが、そういったエリア分けの視点は私の中にはありませんでした。
例えば、中心市街地と松田の地元の淀江地区や、成実地区なんかでは状況が全く違いますから、この考え方は「目から鱗」でした。


Dscf0046_2
EVの急速充電施設も市庁舎内に設置されるなど、最近のトレンドもいち早く取り入れられてまして、こういったフットワークの軽さも、見習うべき点だなとも感じました。

Dscf0051_2


そうそう、東大阪市では2019年のラグビーのワールドカップ誘致を進めていらっしゃいます。
是非とも誘致に成功して頂きたいと思います。

|

« 会派視察報告② 奈良県奈良市 | トップページ | 米子商工会議所青年部例会「米子市の課題と将来について」〜米子駅南北一体化事業を考える〜 »