« 議員定数の議論 | トップページ | 「ネギマン」米子ロケ日程決まる!! »

JR米子駅バリアフリー化工事の進捗

今朝、中海テレビのニュースを見ていたところ、日吉津村議選の選挙看板が映ったのですが、それをパッと見てびっくりしました。

「あっ、僕がいる...。」

よくよく見てみると、松田のポスターとほぼ同じデザインの方が.いらしゃったということでしたが(笑)、いや驚きましたよ(^_^;)

1人超の少数激戦ということです。皆様の健闘をお祈り致します。

Dscf0002
さて、昨日、JR米子駅バリアフリー化工事の進捗状況の視察に行って来ました。
2010年の2月に安全祈願祭が行われましたので、およそ1年ちょっとでここまで来たようです。

Dscf0008_2
新しい跨線橋にはエレベーターとエスカレーターが設置されました。

Dscf0009_2
まだ男女別の新しいトイレも設置される予定ですが、震災の影響で資材の納入が遅れているとのことで、まだ完成していませんでした。

Dscf0012
オストメイトを備えた「多機能トイレ」も、もうすぐ使えそうな運びです。

Dscf0013

バリアフリー化工事も残すところ、電気系統や建物の復旧ということ。
予定では8月に完全供用開始です。

ということで、これを経て懸案の「南北一体化事業」へ、いかに舵を切っていくのかが今後の大きな課題です。
南北一体化事業については米子商工会議所青年部さんが熱心に取り組まれていますが、結局は行政(=米子市)がどういった覚悟とビジョンを持ってこの課題に取り組んでいくのかが問題です。
今までの経緯を踏まえると、現状ではとてもそういった雰囲気は感じられません。
残念ながら...。

来月には米子商工会議所青年部さん主催の勉強会が開かれると伺っています。
私としても青経連で取り組んできた経緯も踏まえて、しっかりと頑張っていきたいと思います。

|

« 議員定数の議論 | トップページ | 「ネギマン」米子ロケ日程決まる!! »