« 東日本大震災 | トップページ | 平成23年東北地方太平洋沖地震義援金 »

東北地方太平洋沖地震に対する米子市の対応について

未曾有の災厄が我が国を襲いました。
もはや自衛隊、米軍等の訓練された機関に託すしか無い状況です。
米軍の日本救援作戦名称は「Operation Tomodachi」です。
同盟国の気持ちに心から感謝申し上げたいと思います。

そして、現時点では市民単位のボランティア活動はかえって迷惑になります。
チェーンメール等で流れる情報は、疑って掛かって下さい。
とにかく自重をお願いします。

今後米子市でも義援金の窓口を設ける予定になっていますので、今しばらくお待ち下さい。

東北地方太平洋沖地震に対する米子市の対応について

1 対応経過
  3/11(金) 
  15:00 警戒本部(本部長 市長)を設置し、情報収集体制確立(防災安全課対応)
  3/12(土) 
  3:20 津波注意報発令 ~ 職員第一配備体制
  5:30 防災無線で津波注意報の発令、海岸線への接近注意を呼びかけ
   職員による海岸線の確認
  6:00 交通機関の運行状況を確認~バス、JR通常どおり 
  7:30 あんしんトリピーメール、米子市安心安全情報、米子市ホームページに津波注意報掲載
  12:00 消防団による海岸部のパトロール実施
  13:50 津波注意報解除(防災無線等で周知)
  14:00 第一配備体制解除 ~ 情報収集体制に移行
  15:00 米子市の対応について報道提供

2 東北・関東方面の職員出張者、米子市船籍の確認 
  不明者、不明船なし 

3 支援物資の提供
  3/12 15:00 県へ引き渡し(総務部職員8名で対応)
  簡易トイレ(ボックストイレ50基、し尿処理剤1万袋) 
  ※小便1万回分、大便5000回分

4 緊急消防援助隊の派遣
  3/12 8:15 西部消防局隊 26名 車両8台

5 米子市水道局給水班の派遣 ~ 福島県郡山市へ
  3/14 13:00 給水車等(2t車)2台、職員4名、応急給水ポリ袋1000枚

6 島根原発に対する情報収集
   津波注意報発令に伴い警戒態勢をとり、点検を実施し、異常が認められなかったことから通常運転を続けている旨を確認

7 徳島県阿南市の状況を確認(徳島県阿南市災害時相互応援協定関係)
   3/12 12:00現在  床上浸水1戸、床下浸水2戸、避難者14名 
   物資援助の要請なし

8 今後の対応
 ・ 備蓄物品の支援準備
 ・ 人的派遣(保健師、土木技師等)の検討
 ・ 災害ボランティアの対応
 ・ 義援金の受付
 ・ 島根原子力発電所に対する情報収集

|

« 東日本大震災 | トップページ | 平成23年東北地方太平洋沖地震義援金 »