« 2度目の「抗議文」② | トップページ | 2度目の抗議文③ »

PTA中国大会 野口 健さんのアテンド

お知らせしてましたように、11月13日に「平成22年度第40回(社)日本PTA中国ブロック研究大会鳥取県大会」が米子で開催されました。

松田の仕事は講師担当ということで、野口さんのアテンドです。
ということで、迎えに行った空港での写真を一枚。
Noguchiken_2

昼過ぎに会場のコンベンションセンターにお連れしまして、14時過ぎには講演会開始。

演題は「生きる」。

極限状態で得られた自らの生死観、そしてそれに基づいた国家観などをお話いただきました。
登山活動はもちろん、山岳清掃活動や遺骨収集などの自らのライフワークを通じ、生きていることの素晴らしさを伝えて頂いたように思います。

しかし、エベレストの山頂付近には、死体がゴロゴロあるって話には驚きました。

さて、今回の重要な任務として、行き帰りの車内の「お話係」ということがありまして、前日に予習がてら近著の「自然と国家と人間と」を読んでからお迎えに上がったのですが、おかげでなんとか場を繋ぐことが出来た(?)
ように思います。
Noguchiken2_2
今回の講演の要素は、この一冊に詰まっているように感じましたので、是非ご一読頂ければと思います。

しかし、同級生ながらバイタリティーあふれる方でした。
松田も元気を頂いたように思います。
明日から会派視察に出ますが、しっかりと勉強してきます!!

あ、例の抗議文②(正確には要望書)への対応は保留中です。
今後の対応も含めてもう少し時間が掛かりそうです。

|

« 2度目の「抗議文」② | トップページ | 2度目の抗議文③ »