« 22年9月議会 一般質問「米子市活性化策について」③淀江地区の活性化戦略について | トップページ | 「日本サッカー名蹴会」 »

尖閣事件

Twitterにつぶやいてると、ブログの更新をしてしまったかのような錯覚に陥ります。
しかしどうしても触れねばならない「尖閣事件」について、今朝ツイートした事を加筆してまとめてみました。

(なぜか)検察による「高度な政治判断」によって、新たな謝罪と賠償を中共に求められる我が国。
現政権の言われる「政治主導」ってこういうことなの?
戦略的互恵関係ってなんだよ?(ああ、こういう事か...)
「最小不幸社会」?  国家の領土、主権を踏みにじられた「最大不幸国家」の首相が、何を言うのか。


今回の尖閣事件で
・得たモノ
 ①中共はヤクザ国家である事が、全国民に浸透したこと。
 ②代表選のバカ騒ぎで忘れられかけていた、現政権の「残念な感じ」を、全国民が思い出したこと。
 ③国家のアイデンティティーを少しでも考える気持ち

・失ったモノ
 ①山ほどあって書ききれない…


首相・外相不在時に、誰がどうやって「高度な政治判断」を下したのだろうか?
責任逃れの卑怯者政府に対して私たちが出来ることは...限られている。

しかし、過去に自民党政権が犯してきた罪も忘れてはいけないと思う。
村山談話、河野談話、そして数々の腰抜け外交...。


決戦は意外と近いのかも知れない。


最後にTwitterで拾った頭の悪い話。
石原都知事の今日の記者会見で、共同通信の記者が尖閣列島問題に関して、「上野の来るパンダは影響ありますか?」と聞いた。
「君はパンダと尖閣列島を交換しろと言うのか!」さすが石原さん、マジに怒って退場してしまった。

|

« 22年9月議会 一般質問「米子市活性化策について」③淀江地区の活性化戦略について | トップページ | 「日本サッカー名蹴会」 »