« 22年9月議会 一般質問「小中学校における猛暑対策」 | トップページ | 22年9月議会 一般質問「米子市活性化策について」②米子市の情報発信力について »

22年9月議会 一般質問「米子市活性化策について」①ガイナーレ鳥取について

「米子市活性化策について」
①ガイナーレ鳥取について

(松田)私は、ガイナーレ鳥取の存在が、本市のみならず、中海圏域全体の活性化に不可欠であるとの想いから、クラブのJリーグ昇格へ向けたサポート体制の構築、そして環境の整備を、改選前の1期4年間、誰に何を言われようと、徹底的に訴えて参りました。
そして、いよいよJ2昇格圏内のJFL4位以内が確定するという状況にいたり、改めて市長の考え方を伺うべく質問をさせていただきます。
先程も申し上げましたがガイナーレ鳥取のJリーグ昇格は、鳥取県内はもちろん本市、中海圏域全域に渡っての活性化が確実に望めるわけでありますが、クラブの鳥取市へ本拠地移転後、「ガイナーレ発祥の地 米子市」との関わりが目に見えて薄れていっているのは非常に残念であります。今回、悲願のJ昇格が極めて実現の可能性が高まった今、クラブ、そしてこの圏域が互いに元気になる為に、やはり「ホームタウン米子市」として、クラブをしっかりと支える事が、重要であると考え以下質問します。
J2昇格をほぼ間違いないものにしているが、その事についての市長の所見、あわせて、Jリーグ昇格後、本市としてどういった関わりを持っていく考えなのかお聞かせ下さい。

(野坂市長)ガイナ-レ鳥取についてでございますが、今日現在、勝ち点で2位と8点差、5位と22点差となっており、市民、県民の悲願であります「J2昇格」の条件であります4位以内は、まず間違いないものと確信をしているところでございます。
 また、昇格だけではなく、9月18日にバードスタジアムで行われます、現在2位の「SAGAWA・SIGA FC」との直接対決を是非とも制していただき、「優勝」というもうひとつの夢の実現にも、さらに近づいていただきたいと大いに期待しているところでございます。
 また、昇格後の本市の関わりでございますが、昇格となれば、ガイナーレのホームゲームは基本的には鳥取のバードスタジアムでの開催となるわけでございますが、だからといって本市との関わりがなくなってしまうものとは考えておりません。
 J2昇格となれば、市民、県民とのつながりをより強化するための新たな企画もなされるものと考えておりますので、本市といたしましても、これまで行ってまいりました支援と同様に、それらの企画等に支援・協力をしてまいりたいと考えております。

(松田)いよいよJ2昇格が本当に見えて参りました。ここで、伺いたいのが「中海市長会」での取り組みなのですが、プロバスケットボールリーグ BJリーグの「島根スサノオマジック」との相乗効果について、以前提言したと思いますが、そういった事も含めて、J2昇格後、「中海市長会」はどのような関わり方を考えているのか。

(市長)中海市長会では、現在、中海圏域内のプロスポーツチームに対しては、その活動を通じて圏域住民の一体感の醸成と交流を促進し、活気ある圏域づくりに資するような活動については支援をしており、本年度は、ガイナーレ鳥取の米子開催ゲームと島根スサノオマジックのホームゲームを「中海市長会スペシャルマッチ」として開催することを検討しております。今後、仮にガイナーレ鳥取がJ2昇格ということになれば、その対応については、中海市長会構成市町と協議する必要があります。

(松田)「圏域住民の一体感の醸成」新たな枠組みを模索している状況に於いて、非常に重要なキーワードであると考えますので、是非とも、野坂市長が旗を振っていただいて、今後も大きな相乗効果を得るべく尽力いただきたいと思います。
さて、さるSC鳥取より、旧安部山ゴルフ場を開発し、新たにサッカー場等の施設をを開発するという「YAJINプロジェクト」が発表されました。
この「YAJINプロジェクト」については、米子市はどのように関わるおつもりなのかお聞かせください。

(市長)YAJINプロジェクトは、地元民間事業者が企画立案された事業であると認識しております。したがいまして、本市がこの事業に直接関わることは考えておりません。
支援については、まず、プロジェクトに対しての財政支援というものは考えておりません。
ただ、本プロジェクトは、本市のスポーツの振興、青少年の健全育成も大きな目的とされておりまして、そういった面から事業者が必要とされる情報の提供、そして指導・助言を行うなどの側面的な支援を行ってまいりたいと考えております。

(松田)新聞報道の市長のコメントは、「大歓迎する」という趣旨の様に見えたので、今の答弁にはいささか残念な感想を持たざるを得ませんね。
ただし、このプロジェクトの成否いかんによっては、ドラドラパーク東山陸上競技場の整備方針に影響があるように推察されます。
3月議会において趣旨採択された陳情書にもうたってありますが、東山の競技場は二種陸上競技場としての整備、防災面での機能強化、そして、J規格へ改修等、様々な要素を勘案しての重要な判断が求められます。
私の願いとしては、J2昇格が決まるまでに、なんとか施設整備の道筋を付けていただきたかったのですが、明日にも昇格条件をクリア出来るというこの状況下に於いては、市長におかれては、是非ともじっくり慎重に、そして前向きに検討いただきたいと言うことを要望して次の項目へ移ります。

|

« 22年9月議会 一般質問「小中学校における猛暑対策」 | トップページ | 22年9月議会 一般質問「米子市活性化策について」②米子市の情報発信力について »