« "伯耆の魂(こころ)"は曲玉か? | トップページ | iPhone4 がやってきた。 »

YAJINプロジェクトの新聞記事

Yajinsc
すいません。
ネット版には載ってなかったんで、すこし遅くなってしまいましたが、8月1日付けの山陰中央新報におきます、米子市議達の感じの悪いインタビューを載っけます。

かつて公式サポーターズクラブ「ダラーズ」を率いた野坂道明市議は,渋面をつくり、そして「旗振り役」の松田 正市議"でさえ"苦言を呈しています。
見方によっては、上で書いたように「感じわる〜」という事にもなるかもしれませんが、コアな連中にもこういった意見があるって事を言わずにはいられないというところでした。

現況を鑑みますと、JFL4位以上という成績面の条件クリアーは間違いありません。
しかし、ず〜っと続いている財務面の億弱性は全く片付いていません。
批判の多い「公的資金の投入」があって初めて、J2昇格が認められそうだという状況は、全く変わっていません。

私の廻りのコアなサポーター、サポート企業もイマイチ乗り切れていないというか、私たちと全く同じような感想を抱いています。

なんでか?

「え〜 またかよ...」

これが本音だと思います。

募金、寄付金、増資、スポンサー要請... さらに、スタジム基金。
昔から支えてきた方達だからこそこういった想いを強く持っている方が多いようです。


僕たちも、出来るお手伝いは、引き続き全力でやりたいと思っています。
諸手を挙げてまち全体で取り組めるような、そういった状況を作って欲しい。
愛する"クラブ"だからこその想いです。

|

« "伯耆の魂(こころ)"は曲玉か? | トップページ | iPhone4 がやってきた。 »