« 受け皿としての「自民党」 | トップページ | 第63回 米子市立淀江中学校卒業証書授与式 »

「伯耆の魂(こころ)」継承委員会

今日は天候が荒れてますね〜。
子どもたちは「カッパ」を着て学校に行きました。
2年生の"あこ"は、そろそろ「カッパ」を卒業したそうな空気を出していますが、今日みたいに風が強い日は「カッパ」の方が断然有利ですよね。
今日は中学校の卒業式です。
松田は母校の淀江中学校に出席させていただきます。
また泣いちゃうんだろな...


さて、昨日の夜は久しぶりにJCの委員会に行って来ました。
松田の配属委員会は「伯耆の魂(こころ)」継承委員会。

委員会の活動方針
伯耆地域の歴史・文化・自然環境を調査・研究するとともに、対外事業を通じて、先人たちの育みをより多くの人々に積極的に伝えていく事で伯耆地域の魅力を再認識し、価値観を共有する事により、次世代の担い手へ伯耆の魂を継承する事を目的とする。

昨日は、5月の担当例会、夏に考えてる対外事業なんかの話があったんですが、あまり前に進まない感じの議論になってしまいました。

みんな仕事しながらやってる活動ですので、時間があるようで実はあんまりありません。
何事も準備が大事です。

正副委員長さん。誰しもぶつかる壁です。
お仕着せの事業構築じゃなくて、自分たちのしたい事、委員会のメンバーが盛り上がる事をすれば良いと思います。
みんなきっと支えてくれるから、自身を持って向かっていきましょう!!

|

« 受け皿としての「自民党」 | トップページ | 第63回 米子市立淀江中学校卒業証書授与式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 受け皿としての「自民党」 | トップページ | 第63回 米子市立淀江中学校卒業証書授与式 »