« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

いよいよ本格始動です。

3月も終わり、「松田ただし」いよいよ本格始動です。
日中、夜を問わずの活動を始めていますが、下記のような気持ちになることばかりで、若干滅入り気味の松田です。


「もっと早くやっておけば...」

「なんで確認してなかったんだろう...」


でも、忙しい中に私のために集まってくれる仲間の為にも、下を向いているわけには断じてなりません。
"本人"としては、ただひたすら前を向いて頑張っていくほかありません。

今日の夕方、残り日数を刻んだ日めくりカレンダーを事務所に掲げました。


「決戦まで残り 74日 」


生き残りを賭けた戦いに臨んで参ります。

そして、必ず生き残ります!!
ファァ━━━○(´∀`*)o━━━イト!!


〜告知〜
"松田ただし後援会事務所開き"
日 時  4月4日(日) 13:00〜
場 所  米子市淀江町西原1034(松田木材内)
来賓(予定)
衆議院議員    赤沢亮正 さま
鳥取県議会議員  廣江 弌 さま
鳥取県議会議員  上村忠史 さま
鳥取県議会議員  稲田寿久 さま
鳥取県議会議員  福本竜平 さま(自民党県連青年部長)
米子市長     野坂康夫 さま
国際政治経済学者 浜田和幸 さま
(順不同)


| | コメント (0)

東山陸上競技場改修試算 ver.青経連

リクエストのありました、先日青経連から出された「4つの改修案」にたいする財源の試算をしてみました。(議会中の為、アップが遅くなってしまった事をお詫びいたします。)
あくまで理論値です。
また青経連のプランはあくまでJ規格を満たす目的で試算してますので、防災公園としての機能は考慮されていません。
ですので、一概には「このままですよ」とは言い切れませんが参考までに掲載します。
維持費については、よくわからん所がありますので、一律1500万円で掲載しています。


a案 プレキャスト工法 15000席 屋根なし

総工費 24億6480万円
国補助 12億3240万円
特例債 11億7078万円(交付税措置 8億1954万円)
市負担  4億8610万円(利息含む)

維持費    1500万円

b案 盛土+RC現場打ち工法 15000席 屋根無なし
総工費 10億9730万円
国補助  5億4865万円
特例債  5億2121万円(交付税措置 3億6485万円)
市負担  2億1642万円(利息含む)

維持費    1500万円

c案 プレキャスト工法 15000席 屋根あり
総工費 29億1480万円
国補助 14億5740万円
特例債 13億8453万円(交付税措置 9億6917万円)
市負担  5億7485万円(利息含む)

維持費    1500万円

d案 盛土+RC現場打ち工法 15000席 屋根あり
総工費 15億4730万円
国補助  7億7365万円
特例債  7億3496万円(交付税措置 5億1447万円)
市負担  3億0516万円(利息含む)

維持費    1500万円

各工法の詳細は下記よりダウンロード出来ます。
「higasiyamagaisan.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

自民党鳥取県連に公認いただきました。

「自由民主党鳥取県支部連合会」の公認をいただきました。
Kounin1

廣江県連会長代行に公認証をいただき、改めて気が引きしまったものであります。
しっかり頑張って参ります!!

さてさて、この日は、参議院の丸川珠代議員、衆議院からは加藤勝信議員、阿部俊子議員を招いての「JIMIN NEXT」昼食会・街頭演説会が併せて開かれ(←どっちがついでだよ!!)、松田の役目は昼食会の司会進行。(画像は後ほど)
地方から、そして、若者・女性の力で党の再生やっていこうという意識確認を行った有意義な会でした。

Kounin2_2

そうそう、相前後して、松田の地元「十一区五軒屋自治会」の推薦も頂くことが出来ました。
地元の皆さんの為にも、絶対に負けることの出来ない闘いです。

「人事を尽くして天命を待つ」

残り76日。
精一杯がんばります!!


〜告知〜
"松田ただし後援会事務所開き"
日 時  4月4日(日) 13:00〜
場 所  米子市淀江町西原1034(松田木材内)
来賓(予定)
衆議院議員    赤沢亮正 さま
鳥取県議会議員  廣江 弌 さま
鳥取県議会議員  上村忠史 さま
鳥取県議会議員  稲田寿久 さま
鳥取県議会議員  福本竜平 さま(自民党県連青年部長)
米子市長     野坂康夫 さま
国際政治経済学者 浜田和幸 さま
(順不同)

| | コメント (0)

「趣旨採択」 大きな一歩

先日お伝えしましたとおり、「陳情第149号 東山運動公園内の競技場改修及びその周囲の施設・環境を改善する陳情書」は15ー13の僅差ではありましたが、何とか「趣旨採択」を勝ち取ることが出来ました。
今回の採決に当たっては、多くの反対論も噴出し、この4年間で最も白熱した議論が繰り広げられたように感じました。

ただ、公会堂の耐震調査結果が発表された関係で、すっかり吹っ飛んでしまいましたが...(^_^;
この陳情について、新聞記事はおろかネットでの情報も、このブログしかありませんわ。


さて、陳情書の審査について説明します。
具体的な陳情の扱いとしては、以下の四つがあります。

「採択」   やるべきだ!!

「趣旨採択」 言ってることは判った。前向きに考えて行こう。

「不採択」  ちょっと無理。

「継続審査」 まだ結論は出せない。


意味合いとしては、だいたいこんな感じです。
ということで、今回の「趣旨採択」ということは、「○」か「×」という考え方で整理すると「△」なんですよ。
議会としてのお墨付きが、有る程度得られたということですね。

ただ、単純にこれを持って実現するとは限りません。

こっからの政策的な判断は「市」、つまり市長に委ねられます。

ちなみに「採択」、「○」ですね、そうなった場合も同様で、市として「可能性を最大限模索したけど、出来ませんでした」という結果も考えられます。

ということで、まだまだこの闘いは続くと言うことになります。

しかし、これは本当に大きな一歩であると思います。
思い起こせば4年前、当選直後に行った競技場整備についての質問。

(市長)「議員、夢は夢でお持ちになったほうが...」

箸にも棒にも掛けて貰えなかったこの想いが、議会の理解を有る程度得られたと言うことは、本当に感慨深いです。

最後の議場で、私は涙をこらえることが出来ませんでした。

25510名もの、貴重なご署名をいただいた皆さん、そして、私どもの訴えに対しご賛同頂きました他会派の議員の皆さんに対し、心より感謝を申し上げたいと思います。

今回の結果を受けて、市としても検討のテーブルに乗せざるを得ないことになります。
6月の審判を経て今一度闘う機会を得るために、しっかりと頑張って参りたいです。

市議選まで 残り78日


〜告知〜
"松田ただし後援会事務所開き"
日 時  4月4日(日) 13:00〜
場 所  米子市淀江町西原1034(松田木材内)
来賓(予定)
衆議院議員    赤沢亮正 さま
鳥取県議会議員  廣江 弌 さま
鳥取県議会議員  上村忠史 さま
鳥取県議会議員  稲田寿久 さま
鳥取県議会議員  福本竜平 さま(自民党県連青年部長)
米子市長     野坂康夫 さま
国際政治経済学者 浜田和幸 さま
(順不同)

| | コメント (3)

本会議でも「趣旨採択」!! 〜J規格スタジアム施設整備の陳情〜

本日の会議終了しました。
懸案の「陳情第149号 東山運動公園内の競技場改修及びその周囲の施設・環境を改善する陳情書」は15ー13の僅差ではありましたが、何とか「趣旨採択」を勝ち取ることが出来ました。

ちょっと時間がないので、感想等はまた明日。

それでは、米子市議会議員 松田ただし、1期目最後の発言、陳情第149号への賛成討論を全文乗せます。

私は「陳情第149号 東山運動公園内の競技場改修及びその周囲の施設・環境を改善する陳情書」を、委員長報告のとおり「趣旨採択」とすることに対し「賛成」の討論をいたします。

この陳情書は、鳥取県西部で生まれた「ガイナーレ鳥取」がJ2昇格を目前としているにも拘わらず、現在の当市の競技場はその規模が、Jリーグ規格に合わない為、ガイナーレ鳥取発祥の地である鳥取県西部に於いて試合開催が出来なくなること、そして、それに加えて関連施設の老朽化も進み、施設の更新時期が迫っていることを踏まえ、どらドラパーク米子(東山運動公園)の競技場をJリーグ規格に改修し、米子市におけるスポーツの聖地として、青少年が「いつかはここ『聖地 東山』でプレーしたい」と夢を抱くような、また、老若男女全ての市民が愛着と誇りを持てる安全で快適な施設となるよう、当該施設の整備及び周辺の環境整備を求めております。

このことを踏まえ、以下3点の理由で、この陳情書を「趣旨採択」するべきであると考えます。

1点目は、本市に及ぼす様々な活性効果を考慮しなければならない点であります。
当該施設の整備が行われれば、「ガイナーレ鳥取」のホームゲーム開催による、交流人口の増加、少なく見積もっても年間3億6千万円に上る経済波及効果、地域住民の帰属意識の高揚が図られると共に、中海圏域の一体感の醸成に大きく寄与する物と考えます。加えて、当市は元より、周辺地域のスポーツ振興の拠点として位置づけられるこの施設の機能が強化されることにより、スポーツを介した地域振興という面においても、大きな活性効果を生み出すものと考えられます。

2点目は、どらドラパーク米子東山陸上競技場の施設更新・防災公園としての機能強化の必要性と費用対効果の点についてであります。
本会議、委員会において行われた、度重なる議論のなかで、当初は手探りであった国の補助金制度の課題は、防災公園整備に対する補助金制度の採択基準に合致するとの調査報告もありました。またこの事については、類似事例も確認されております。
加えて合併特例債の適債性も確認され、当局の示した概算整備費約20億円に対しての一般財源負担部分、いわゆる手出し部分は、将来的な利子負担も含めて理論値では約4億円とのことであります。
一方、23年度中に実施をめざして、現在検討中であります、陸上競技場のトラック部分の更新、こちらの概算整備費は3億数千万円、こちらの整備に対しては、基本的に一般財源が充てられるという説明がありました。
また、防災公園としての側面として考えますと、当該施設は中心市街地に近接し、大規模災害時には多くの市民の避難場所としての利用が想定されます。しかしながら、現状の施設では避難所としての機能、スタンド数、夜間照明の機能強化が求められます。
財源、費用対効果、防災公園としての機能、これらのことを勘案しますと早急に整備を検討する条件は、十分にそろっていると考えられます。

3点目は、議会として責任を持って、結論を出すべきであるという点であります。
この陳情書の審査にあたり、所管の建設環境委員会においても「継続審査すべきでは」との意見が多く出ました。しかしながら、今回「継続審査」とすると言うことは、皆さんご案内の通り、この陳情は審議未了となり、流れる形になります。つまり25000名もの署名を伴った陳情が事実上「無かった事」になるわけであります。
この事は議会としての責任の放棄にあたるのではないでしょうか?
この陳情書は昨年の夏に提出されたものであります。その後、半年以上が経過し、今回で3回目の審査となるわけであります。また先程お示ししましたように、当局の現実的な調査研究結果も有る程度公開された現状において、この半年間で十分な議論が尽くされたと考えるものであります。

 以上の理由から、私は委員長の報告のとおり「趣旨採択」とすることに賛成の討論といたします。

最後になりますが、9月定例会に提出されたこの陳情書には、当初4573人の署名が添えられていましたが、その後その数は25510名へと大幅に増えて参りました。そして、今回集まった25510人もの署名の中には、本当に多くの地域の子どもたちの「想い」が詰まっています。私は、この子達の「想い」を、なんとか無にしないで頂きたいのであります。以上申し上げ、この議場にいらっしゃいます議員の皆さんの御賛同を切にお願いを申し上げまして、私の討論を終わります。

| | コメント (0)

松田ただし、「J規格スタジアム施設整備の陳情」に賛成討論します!!

先日お伝えしました通り、明日の本会議に於いて「陳情第149号 東山運動公園内の競技場改修及びその周囲の施設・環境を改善する陳情書」(J規格スタジアム施設整備の陳情)を「趣旨採択」することに対する"賛成"討論をします!!

既報の通り、状勢は極めて微妙です。
ひょっとすると、議長裁決も想定されます。


みなさんに、お願いがあります。
傍聴席に駆けつけていただけませんでしょうか?

特に青経連関係者のみなさんには、是非とも見守っていただきたいです。


日時は下記。

日 時  3月25日(木) 午前10:00


25510人の想いを無にしないよう、この四年間温めてきた想いをぶつけたいと思います。
何卒よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

松田ただしタイム?

雨が降って飛散物が落ち着いたのか、調子が良いぜ。
今日はハイテンションで行けそうです。

一昨日、松田の"母"の米東同期生会がありました。
もちろん、お約束の"浜田和幸タイム"があったですが、気を遣っていただいた方がいらっしゃったようで、松田の母による"松田ただしタイム"もあったみたいです。
(実は中には「当日来い!!」と言ってくださった方も。本当にありがたいです。)

母が「しっかりPRして来たよ!!」って言ってました。
え〜、同期生の皆様、何卒よろしくお願いいたします。

ちなみに、共産党の岡村さんも同期生らしいです(^_^;)


一度選挙に出ちゃうと、良きにつけ悪しきにつけ、いろんな人を巻き込んでしまいます。
家族はもちろん、親戚、同級生、ご近所、関係団体...。
ですので、「おれ、今回の○○の選挙に出る!!」って言い出すと、まあ間違いなく反対されるわけです。
特に家族、親戚。

四年前、本当にいろんな方に迷惑を掛けながら、反対を押し切る形で飛び出したことを思い出しました。
しかし、一度想いをご納得いただくことが出来れば、これ以上にない後押しをして下さるのも、実は反対されてた皆さんであることも肌で感じました。

皆さんの期待を裏切ることの無いように、今日もしっかりと頑張りたいと思います。


〜告知〜
"松田ただし後援会事務所開き"
日 時  4月4日(日) 13:00〜
場 所  米子市淀江町西原1034(松田木材内)
来賓(予定)
衆議院議員    赤沢亮正 さま
鳥取県議会議員  廣江 弌 さま
鳥取県議会議員  上村忠史 さま
鳥取県議会議員  稲田寿久 さま
鳥取県議会議員  福本竜平 さま(自民党県連青年部長)
米子市長     野坂康夫 さま
国際政治経済学者 浜田和幸 さま
(順不同)

| | コメント (0)

松田「再起動」!!(←願望)

おはようございます。
みなさん連休はいかがお過ごしでしたか?
松田は、ぐたっりな3連休でした。
選挙的な動きはほとんど出来ていませんが、その他のなんだかんだが目白押しでして、まさにあっという間の3日間でした。
ということで、いつもに増して乱文乱筆ですが、どうかご勘弁を。

いやしかし、まあこんな事ばっかり言ってますが、もう若くないですね...
あの程度で電池が切れるとは、情けない限りです。

なんだか全体的にキレがありません。

そうそう、今回の記録的な「黄砂」の影響もあるかも知れません。
もちろん車はドロドロになったんですが、体調にも変化が出ています。
先週から風邪気味ではあったんですが、件の「黄砂」が引き金になってか、花粉症的な症状も出てきやがりました。

てなことで、スッキリしない週明けとなっています。

おっと、選挙になったら「若さと行動力!!」って言いますよ!!(^_^;)
(↑ぶっちゃけ過ぎだ...)


さて、今日は予算委員会の全体会です。
松田ただし、ボーッとした頭に「再起動」をかけまして、今週も頑張りたいと思います。
予算の修正案が出るとか出ないとか言ってる人がいましたが、さてどうなることやら...。

〜告知〜
"松田ただし後援会事務所開き"
日 時  4月4日(日) 13:00〜
場 所  米子市淀江町西原1034(松田木材内)
来賓(予定)
衆議院議員    赤沢亮正 さま
鳥取県議会議員  廣江 弌 さま
鳥取県議会議員  上村忠史 さま
鳥取県議会議員  稲田寿久 さま
鳥取県議会議員  福本竜平 さま(自民党県連青年部長)
米子市長     野坂康夫 さま
国際政治経済学者 浜田和幸 さま
(順不同)

| | コメント (0)

淀江小学校 平成21年度卒業式

昨日は、淀江小学校 平成21年度卒業式に行ってきました。
今回も素敵な卒業式でした。
同級生の子供も、何人か卒業です。
うちの子が卒業するのは... まだ4年も先ですね(^_^;)

今日は淀江小学校の校歌を紹介します。


米子市立淀江小学校校歌

1 紫匂う大山を
  朝な夕なに仰ぎ見て
  学ぶわれらに誇りあり
  古き伝統(つたえ)を懐(おも)いつつ
  希望に燃えて学ばなむ
  強く正しく健やかに

2 荒波しぶく日本海(うみ)の辺に
  進取の意気も高らかに
  学ぶわれらに誇りあり
  未来に胸をふくらませ
  理想をかざして進まなむ
  強く正しく世のために

3 朝霧ただよう壺瓶(つぼかみ)の
  山の麓に開く郷土(さと)
  学ぶわれらに誇りあり
  歴史をきずく歓喜(よろこび)に
  心うるわに育まむ
  清く誠実(まこと)を身にしめて

音声はこちら

素敵でしょ(^_^)b
特に2番の「強く正しく世のために」が、お気に入りの松田でした。

| | コメント (1)

詳報 〜J規格スタジアム施設整備の陳情〜「趣旨採択」

昨日の建設環境委員会での陳情審査は、まさに薄氷の闘いでした。

委員会の会派構成は以下。

公明党    1人(委員長)
新風     3人
自民クラブ  1人
未来(民主系)1人
共産党    1人

新風の主張は「趣旨採択」。
採決に移ると、自民ク・未来・共産が「Jに上がってれば...」というような理由で継続審査を主張されました。
これは予想外でした...。
今議会で継続にするってことは、もうすぐ解散しちゃいますので、陳情は流れてしまいます。
つまり無かった事になっちゃうんです。

「25510」の想いは無に帰す... と言うことです。

責任のある議会の態度としては、今議会で答えを出すことが求められると私は思います。

採決の結果、「継続審査」は否決され、新風の主張した「趣旨採択」が3−3の賛否同数になりましたが、委員長採決によって「趣旨採択」となりました。

しかし、これで終わったわけではありません。
25日、本会議での採決が残っています。
状勢はかなり厳しいです。
松田ただし、想いを込めた「賛成討論」を行いたいと思います。


さて、選挙まで残り3ヶ月を切り、いろんな陣営の動きが目立つようになってきました。
(投票締め切りまでの"カウントダウン"ブログパーツを設置しました。)
現職も、うかうかしていられません。
しっかりがんばるぞ!!

〜告知〜
"松田ただし後援会事務所開き"

日 時  4月4日(日) 13:00〜
場 所  米子市淀江町西原1034(松田木材内)
来賓(予定)
衆議院議員    赤沢亮正 さま
鳥取県議会議員  廣江 弌 さま
鳥取県議会議員  上村忠史 さま
鳥取県議会議員  稲田寿久 さま
鳥取県議会議員  福本竜平 さま(自民党県連青年部長)
米子市長     野坂康夫 さま
国際政治経済学者 浜田和幸 さま
(順不同)

| | コメント (0)

速報 〜J規格スタジアム施設整備の陳情〜「趣旨採択」

青経連より約25000名の署名を添えて提出された「J規格スタジアム施設整備の陳情書」。
今日の建設環境委員会おいて、委員長裁決で「趣旨採択」されました。


本会議が決戦です。
状勢をみますに可決されるのかはギリギリの線です。
しかしながら、今まで心血を注いできたこの案件について、負けるわけには行きません。
野坂議員と松田で賛成討論を予定していますので、本当に今期最後の仕事として、悔いの残らない討論を行いたいと思います。σ(`´メ∂

| | コメント (2)

鳥取県議会 外国人参政権反対の意見書可決

鳥取県議会が、外国人参政権反対の意見書を可決しました。
こちらをクリック



ぐっじょ〜〜ぶ!!σ(`´メ∂


今日は建設環境委員会。
青経連の東山陳情が審査されます。

結果はいかに...。

| | コメント (0)

松田ただし後援会事務所開き 日程決定

一昨日の夜、青年中央会さんの公開例会行ってきました。
内容は、湯原俊二VS赤沢亮正の与野党討論会。
会場には民主・自民両党の参議院選挙候補者の姿もあったりで、一種異様な雰囲気で始まった討論会でしたが、あっという間の1時間でした。

私の見方は、間違いなくバイアスがかかってます(笑)ので、内容については言及しませんが、与党の苦悩、野党の苦悩、そのどちらもが垣間見える、非常に良い機会だなと感じました。
青経連で参議院の公開討論会を開く予定もありますし、是非とも多くの県民の皆さんに参加いただきたいですね。
設営に当たられた青年中央会の皆さん、本当にお疲れ様でした。


〜告知〜
昨日選対会議を開きまして、"松田ただし後援会事務所開き"の日程が決まりました。

日 時  4月4日(日) 13:00〜
場 所  米子市淀江町西原1034

来賓(予定)
衆議院議員    赤沢亮正 さま
鳥取県議会議員  廣江 弌 さま
鳥取県議会議員  上村忠史 さま
鳥取県議会議員  稲田寿久 さま
鳥取県議会議員  福本竜平 さま(自民党県連青年部長)
米子市長     野坂康夫 さま
国際政治経済学者 浜田和幸 さま
(順不同)

なんだか大変な事になってきました。
3分間スピーチでお願いしとかなきゃ、松田のスピーチの時にはみんな帰っちゃってるよ(^◇^;)
当日は鳥取市長選挙の出陣式もあるみたいなんですが、福本さん、浜田さんも駆けつけてくれるとのことです。

気合いが入ってきたぜ。
必勝だ!!

| | コメント (2)

強小弐年 ガイナーレ開幕戦勝利 と予算分科会

強小弐年 ガイナーレ開幕戦勝利!!
いやっほ〜い!!

土日は大分に行ってたもんで、テレビ中継すら観る事が出来なかったんですが、闘いぶりはいかがだったでしょうか?

松田もガイナーレの勝利にあやかって、頑張りたいです。


さて、今日は総務企画委員会・予算委員会総務企画分科会でした。
実質最後の常任委員会と言うことで、予算審議において何点か質問、提案を行って参りました。

と言っても、予算編成の大きな括りの部分は、先日の総括質疑でだいたい終わっていますんで、松田の指摘事項は細かい点ですが...(>_<)

例えば、ヨネギーズのピンバッジを作ったらとか、ホームページのバナー広告の場所が悪いとか、国費で自衛官採用の事務予算がついてるのに、協力会とかのフォローが出来てないとかそんな感じです。

そうそう、有料駐車場からの入り口、東側玄関の"ひさし"、あの雨漏りのするアーチ型の"ひさし"なんですが、やっと改修予算が付きました。
この点も、工法、工期中の市民の皆さんの動線確保とかを要望しておきました。


今夜はなんと中央会さんの公開例会行ってきます。
内容は与野党討論会。
楽しみです( -_-)

| | コメント (0)

今日は予算委員会です。 それと「ゆらぎ」

各会派の代表が予算編成方針などについて質疑をします。
新風からは、谷本議員と内田議員が行います。
米子市議会では参考人招致とかはしませんので、停電事件での松田の証人喚問はありません(笑)


さて、
「鳩山首相「物質の本質はゆらぎ」 ゆらぐ政治姿勢を正当化?」
(MSN産経ニュース)

なにこれ? 冗談でしょ?
一昔前に家電業界で流行りましたよね。
"ファジィ"とか"ゆらぎ"とか。
外国人地方参政権、選択式夫婦別姓制、朝鮮学校の無償化、そして普天間基地...。
盛大に揺らぎまくるこの政権に、我が国の未来を託すことが出来るのでしょうか?

参議院に向けての政党ポスターが届きました。
今週末は近所のおじさま方と遠征に行ってきますので、来週早々には校区内に張り出します。


Tui_2
ps,Twitterの写真(正式には何て言うのかな?)に日の丸が付きました。
米子市議会議員 松田ただし (matsudatadashi) on Twitter

| | コメント (0)

前代未聞の珍事

昨日の本会議で、遠藤議員の必殺技「議事進行!!」、通称「エンスト」(松田命名)が炸裂し、議事が何度もストップしました。
で、何度目かの休憩明けに、ちょっと遅れて議場に入ったんです。

そしたら、僕が後ろの扉から議場に入ると同時に...


これが、
Dscf0035
(再現画像1)


こうなっちゃったんです!!
Dscf00352_2
(再現画像2)

中海テレビのニュースでもやってましたが、松田ただし入場と共に議場の照明が突然消灯。
よって、審議ストップです。


もちろん最大の容疑者は松田。


「松田くん!! なにやっただ〜!!」とヤジられ、半ば証人喚問(笑)。

懐かしのリックフレアー状態で、「NO〜 NO〜」とパフォーマンスするしか術のない松田でした。


むろん原因は僕ではありませんで、謎の停電だったのですが「ドリフ停電事件」並の珍事の当事者となり、米子市議会の歴史に名を刻んだ"松田ただし"でした(^_^;)

参考資料

| | コメント (0)

第63回 米子市立淀江中学校卒業証書授与式

Dscf0021

議員になって出席させていただくのも、4度目の卒業式。
折からの寒波当来ということで、非常に寒かったです。


卒業生諸君の前途に、幸あらんことをお祈り申し上げます。


ちょっと国歌の声が、ちょっと小さかったように感じます。
小学校の式典だと元気があって良いんですが、まあ年頃だからでしょうか?
自分がどうだったかと言いますと自信は無いですが、しっかりと歌って欲しかったなと思いました。

| | コメント (0)

「伯耆の魂(こころ)」継承委員会

今日は天候が荒れてますね〜。
子どもたちは「カッパ」を着て学校に行きました。
2年生の"あこ"は、そろそろ「カッパ」を卒業したそうな空気を出していますが、今日みたいに風が強い日は「カッパ」の方が断然有利ですよね。
今日は中学校の卒業式です。
松田は母校の淀江中学校に出席させていただきます。
また泣いちゃうんだろな...


さて、昨日の夜は久しぶりにJCの委員会に行って来ました。
松田の配属委員会は「伯耆の魂(こころ)」継承委員会。

委員会の活動方針
伯耆地域の歴史・文化・自然環境を調査・研究するとともに、対外事業を通じて、先人たちの育みをより多くの人々に積極的に伝えていく事で伯耆地域の魅力を再認識し、価値観を共有する事により、次世代の担い手へ伯耆の魂を継承する事を目的とする。

昨日は、5月の担当例会、夏に考えてる対外事業なんかの話があったんですが、あまり前に進まない感じの議論になってしまいました。

みんな仕事しながらやってる活動ですので、時間があるようで実はあんまりありません。
何事も準備が大事です。

正副委員長さん。誰しもぶつかる壁です。
お仕着せの事業構築じゃなくて、自分たちのしたい事、委員会のメンバーが盛り上がる事をすれば良いと思います。
みんなきっと支えてくれるから、自身を持って向かっていきましょう!!

| | コメント (0)

受け皿としての「自民党」

いや〜寒くなりましたね、
今週は雪も降るとか。

民主党及び鳩山内閣の支持率が急降下を続けています。


昨日ご挨拶に伺ったある方のところで、こう聞かれました。

ご主人「で、松田さんは何党だったかいな?」

松田「(突然の質問に、一瞬たじろぎながら)じ、自民党です!!」

ご主人「良し!! 今の民主党のやり方は好かん!! 応援しやるから、がんばれ!!」


正直に申告します。
これまで「自民党」を名乗って、あんまりいい顔された経験ないです。
初めてのリアクションに驚きましたが、大変心強く感じました。
36aka
土曜日に開催しました赤沢亮正代議士の国政報告会にも、多くの皆さんにご参加いただけました。
(案内に不手際があったにもかかわらず...)


風向きは変わったように感じます。
ただ自民党にとっては、"大アゲインスト"が無風になった程度で、まだまだ"フォロー"にはなっていないのだと思います。
事実、我が自民党の支持率も数字としては、上がってこない。
「受け皿としての自民党が頼りない」
こんな報道を多く耳にします。
国民の皆さんの気持ちは、全体としての「政治不信」に向かっているんでしょうか?
私たちとしては、赤沢亮正、浜田和幸候補予定者と共にに頑張るだけです。
真の保守政党としての「"新生"自民党」の再興を、日本の再興を目指して。

敵のお試し期間は終わった、反転攻勢だ!!

さて、今日の本会議は、自民クラブの代表質問。
前向きで活発な議論を期待します。


| | コメント (0)

今期最後の議会 〜淀江市街地の活性化について〜

〜淀江市街地の活性化について〜
Dscf0035

1,淀江駅周辺の活性化

(松田)淀江地区の中心市街地である、淀江駅周辺の活性化を図ることは、極めて重要なことであると考えまして、淀江駅を中心とした旧淀江市街地の活性化について、どういったお考えであるのか、現状における位置づけについて再度お聞かせ下さい。

(市長)歴史資産、豊かな自然、農林水産物を活かしたまちづくりをしていきたい。

(松田)歴史資産、豊かな自然、農林水産物を活かしたまちづくりって言われましてもピンと来ないんですよ。これっていまのままじゃないですか?
昨日の渡辺照夫議員の東の代表質問で聞かれた、淀江地区の位置づけについては、「東の活力と賑わいの拠点」としての発展。
このことについてなんですが、“支所周辺の再開発”、これが上手く行かなかったから今は白紙ですというような答弁でしたよね?
約束してたけど、ちょっと上手く行かなかったから、じゃあ無し
これって誠実な態度と言えますでしょうか?
「淀江地区を東の活力と賑わいの拠点と位置づける」この約束のもとに、多くの淀江の方はその未来へ希望も持って合併に臨んだだわけですから、1つのプランが頓挫したならば、別の案を協議するべきであり、例えば駅周辺の活性化策などを提示すべきでしょう?
そう言う意味で今回こういった質問をさせていただいているわけです。市長の所見を伺います。

(市長)地元の皆様の声を聞きながら、全市的な観点で検証していきたい。


2,米子日吉津商工会との連携について

(松田)米子市と淀江町との合併を契機に、淀江町・伯仙・日吉津村この3つの商工会が新設合併という形で設立され、現在も淀江地区のほとんどの商工業者が関わりを持っていらっしゃいます。私は本市と米子日吉津商工会のさらなる連携の推進が、淀江地区のみならず、関係地域の活性化に、ひいては先程の「東の活力と賑わいの拠点」づくりに資するものと考えまして、何点か質問いたします。まず、同商工会の組織、取り組みに対する認識をお聞かせ下さい。

(市長)商工会の組織や取り組みについてですが、平成19年4月1日の新設合併以来、一体感の醸成、会員サービスの均一化、効率的な組織体制や運営などに努めてこられ、地区内の商工業者の経営支援、融資の相談や斡旋、創業支援、雇用の維持・創出への取り組み、イベントの開催など、極め細やかな商工業者に対する支援や地域活性化を推進していらっしゃると認識しております。

(松田)ご答弁いただきましたとおり、同商工会は、地域に密着した形での商工業者の支援、地域活性化を推進していらっしゃいます。先日、行政と同商工会の懇談会が持たれたのですが、その場所において、米子日吉津商工会の今年度の大きな事業テーマとして「農商工連携の推進」を掲げられました。今後、同商工会とこの課題についてどのように取り組むのかお聞かせ下さい。

(市長)農商工連携に関する取り組みについてですが、米子日吉津商工会では、今年度から3年間、地域産品を活用した新商品開発やブランド化を図るための「大山山麓と東京下町とのコラボレーションによる地域元気アッププロジェクト」に取り組まれ、首都圏における情報発信や新商品のモニタリング、販路開拓などの事業を実施しておられます。
本市も、このプロジェクトには、準備段階から参画させていただいているところでして、引き続き協力してまいりたいと考えております。
また、農商工連携につきましては、新年度から経済戦略課を新設して体制を強化し、商工団体、農業団体、県などとの関係団体との連携を深め、新たな産業の開拓や産品の開発等に取り組んでまいりたいと考えております。

(松田)商工会の組織も日吉津さんも加わったということで、米子市としても取り組み難いのかなとも思う節もありますので、有る程度いたしかたない事かも知れないが、合併前と今では距離感が異なる(遠くなった)ように感じる方が、数多くいらっしゃるように感じます。私は、米子市からもっと政策的な働きかけが必用であると考えるが、所見をお聞かせ下さい。

(経済部長)商工会への働きかけについてですが、これまでも、商工会との行政懇談会に私や商工課の職員が出席して意見交換を行っておりますし、平成17年度から開催しております中海圏域産業技術展には主催者として参画いただき、本市と協力しながら取り組んでいただいております。
先ほど市長が答弁させていただいた農商工連携を含め、今後も、商工会との連携を図り、地域の商工業振興につながる事業について意見を交換してみたいと存じます。

(松田)「商工会との行政懇談会」を実施しているということですが、その懇談会でのお話いろいろと聞いていますし、私はふだん多くの会員の皆様とお話しする機会もありますが、特に淀江の方にとって、行政との距離が拡がっていると感じているが少なからずいらっしゃるということは、事実であります。合併前においては、行政と二人三脚で地域経済の発展に取り組んできた商工会の歴史を鑑みますと、非常に残念なことであるように感じます。これらを踏まえて改めてお考えを伺います。

(経済部長)商工会との距離感が拡がっているとのことですが、
そうしたご意見があるということであれば、円滑な連携に影響することも考えられますので、商工会との意見交換や情報交換を、より一層緊密して、地域の商工業振興についての認識を共にし、相互協力することによって、地域の発展につながるよう努めてまいりたいと存じます。

(松田)合併後の姿について色々と申し上げさせていただきましたが、やはりまだまだ、一体感が出来たとは言えない状況なのではないでしょうか?
身近な施設、対応における住民の皆さんの戸惑いでありますとか、子どもたちを取り巻く環境、例えば今回は取り下げましたが通学バスの件、また読谷村との交流の件、こちらは明らかに合併後、「米子市になっちゃって変わっちゃったな」と先方は思われていますし、本当にまだまだ様々な課題が山積しているというのが実態ではないでしょうか?
市長は、昨日の答弁で「合併して良かったと思われるようなまちづくりに努める」と言われました。
淀江小学校のプール・体育館、今回予算措置がなされた淀江中学校の武道場等、確かにハードの整備は進んでいます。これは本当に多くの淀江の皆さんが高く評価していますし、私自身もありがたいなと感じています。しかし、米子市と合併したのは淀江町だけなのであって、そことの約束をしっかりと果たすことが、出来ないようでは、また合併の果実をきっちりと示すことが出来なければ、真の一体化はあり得ないと考えます。
周辺市町村もこの合併には注目していらっしゃいます。
約5年が経ち有る程度落ち着きというものは出てきたんじゃないかと思いますので、これを良い区切りであるととらえ、今後の淀江地区の在り方について、色々な面でのご配慮いただきますと共に、是非とも未来志向の政策提案をしていただきますことを要望しておきます。


| | コメント (0)

今期最後の議会 〜ガイナーレ鳥取支援について〜

〜ガイナーレ鳥取支援について〜

(松田)「3度目の正直」となる、J昇格という悲願成就を期す、勝負の年である今シーズンであるわけですが、ここで市長のJ昇格支援に向けた、意気込みをお聞かせ下さい。

(市長)チームとも協議しながら、市役所応援団団長として、出来る限り応援したい。

(松田)よろしくお願いいたします。
さて、鳥取県西部青年経済団体連絡協議会から提出されました、2万5510人分の署名をともなう施設改修などを求める陳情書。
こちらは継続審査になっているわけですが、先日この陳情の追加資料として、年間3億6300万円とする経済波及効果や、数パターンのスタジアム建設費を概算した資料が、市長、議長宛に提出されました。
経済波及効果は、2006年にJ2に昇格した愛媛FCの資料を参考に、同協議会が試算されたものですが、年間ホーム試合数25試合のうち、米子開催を12試合、平均観客数を6400人と想定。
経済波及効果については、運営費や宿泊費グッズ販売などでありますが、このほか住民の高揚感、子どもの夢、米子北高校、境港高校などの地元チームのレベル向上など、無形のもあがっております。また、スタジアム建設については、1万5千席、夜間照明などを備えたJ1仕様で、建設費として工法や構造が違う約11億円から約29億円の4案が示されました。
この提言でありますが、私は経済効果については極めて控えめな非常に現実的な数字だなと感じました。
例えば、全国ネットで中継・報道されることによる広告宣伝効果、大手広告代理店によると1分で数千万というような数字も載っていません。昨年の米子北高サッカー部の躍進による経済効果(広告宣伝費に換算するという意味です)は、本市の認知度の向上を含めて数億円に上るとの話も聞き及んでおります。市長、今回の試算をじっくり見られたと思いますが、所見をお聞かせ下さい。またJ規格競技場への改修を多くの市民が望んでいるわけですが、実現の可能性についてもお聞かせいただきたい。

(市長)見させていただいた。実施に向けては財政上の課題、市民合意の形成など様々な観点で、調査研究したい。

(松田)それでは観点を変えまして、「中海圏域定住自立圏」との関連について質問したいと思います。先日示された「中海圏域振興ビジョン」にもありましたし、文化・スポーツ振興は圏域の一体感の醸成に大きな役割を持っていると発言されていましたが、中海定住自立圏の一体感の醸成に「ガイナーレ鳥取」の存在を大いに活用すべきだと考えるが、見解をお聞かせ下さい。

(市長)中海市長会で検討したい。

(松田)本市と同様にこの「中海圏域定住自立圏」の中心市である松江市を本拠地とするプロバスケットBJリーグの「島根スサノオマジック」が設立されましたが、私は「ガイナーレ鳥取」と「島根スサノオマジック」との有機的連携も視野に入れて圏域の一体感の醸成に取り組むべきであると考えます。地方のなかの地方と言われ、また県境を横断するという全国で唯一の圏域構成であるこの中海圏域に於いて、偶然にもプロスポーツクラブが2つも存在するということは、計り知れない効果を発揮すると考えるわけですが、来年度中海市長会の会長をされます野坂市長の見解を求めます。

(市長)中海市長会で検討したい。


(松田)総合的スポーツ振興にしても何にしても、「ガイナーレ鳥取」の活用などの本市はもちろん、圏域の活性化を図るような大きな課題に対して戦略的、総合的に取り組む機関が必用であると考えるわけですが市長の見解をお聞かせ下さい。

(市長)当面は体育課を窓口としたいが、その他関係部局と協力しながら支援したい。

(松田)わたしは、この4年間、スポーツの持つ「力」をもっと活用していただきたいという想いでいろんな事を申し上げさせていただきました。
スポーツの持つ「力」。記憶に新しいところでは、野坂市長も外務省時代に総領事として赴任されていました、バンクーバーでの冬期オリンピック、そして今年南アフリカで開催されますサッカーのワールドカップ、また昨年の野球のワールドベースボールクラシック(WBC)これらの世界大会における日本代表選手の奮闘は、国民がまさに一つなること一体感の醸成に非常に大きな効果を表すわけです。
また地域の代表という意味では、高校野球の甲子園大会はもちろんそうですし、この米子では米子北高のサッカー部の大活躍も地域の一体感を大いに高めることが出来ました。
私は同じ事が、地域のプロスポーツクラブにも言えると思うわけです。
地域の誇り、米子市のみならず、中海圏域の一体感の醸成という数字に表れないけども、最も大事な効果を得るチャンスなのです。

市長はドラどらパークでのホームゲームのセレモニーにおいて「ガイナーレは米子の宝」とのフレーズでご挨拶をされますが、多くのサポーターからは「言ってることと、やってることが違うんじゃないか?」なんて声ももれ聞こえてまいります。
私はガイナーレ鳥取を活性化の一助に据えるためには、競技場施設の整備が必要であるとの立場で、何度も要望を繰り返して参りました。
実施するとすれば国交省の補助金は必ず要ってくるわけでありますが、国交省の新しい補助金交付制度においては、3〜5年に渡る「社会資本整備総合計画」への事業記載が必用になるとの観測も伺っております。
つまり、目の前にある大きな「宝」、市長の言われる「米子の宝」をみすみす逃してしまうか否かという、今ギリギリの線上にいるわけです。

今議会、市長選挙時の「トンネルの先のかすかな光」というフレーズに多くの同僚議員が触れられていますが、私は市長の言われます「トンネルの先の光」には、夢と希望を見出しています。見出したいと考えております。
街に元気を与える改革の果実を、この閉塞感の漂う今こそ米子市民に示すべきであると考えます。
野坂市長の政治判断のもとにおいて、関連施設の整備にゴーサインを出していただくことを、なんとか「出来る理由」を探していただくことを最後に強く要望します。

| | コメント (5)

今期最後の議会 〜芝生化の実施について〜

実施の意向が示された、「保育園の芝生化」について質問しました。
Dscf0038

〜芝生化の実施について〜

(松田)今回22年度予算に保育園の園庭を芝生化する予算が計上されたが、どういった考え方、やり方で行う予定であるのかお聞かせ下さい。

(市長)お尋ねの、芝生化の「考え方及びやり方」についてでございますが、園庭の芝生化は、整備した後、いかに維持管理していくかが重要であると考えているところでございます。
そのためには、芝刈りや施肥等につきまして「地域や保護者会の協力が得られること」が大前提でございますので、実施にあたりましては、地域の協力が得られるかどうかを確認した上で、芝生化を認めるかどうかを判断して参りたいと考えております。

(松田)事業の目的、具体的手法、また財源についてお聞かせ下さい。

(市長)まず、考え方といたしましては、芝生化が園児にもたらす「運動量の増加」や「ストレスの減少」といった良い効果が期待できるものとの考えによるものでございます。
やり方につきましては、「安心子ども基金」を活用いたしまして、低コストな「鳥取方式」での実施を予定しているところでございます。

(松田)今後も拡大していく方針なのか伺います。

(市長)今後、保育所の園庭の芝生化を拡大していくかどうかにつきましては、実施後に、芝生化が園児にもたらす「運動量の増加」や「ストレスの減少」といった良い効果が得られ、芝生の維持管理につきましても地域の方々に、継続して協力いただけるようであれば、拡大に向けて検討して参りたいと考えております。

(松田)これまで何度か行ってきた議論なのかで、園庭・校庭の芝生の維持管理には、保護者や地域との連携が不可欠であるとの考えは共通してもっていると考えますが、各地域との担保は取れているのか?

(市長)「地域との連携」についてでございますが、予算化するために、各園に芝生化についての意向確認を行いました際にも、「地域との連携」が可能であることを前提に、南保育園を初め6園を選定したところでございます。
※ 6園・・・南、すみれ、彦名、小鳩、富益、夜見
事業費 340万円 補助率:10/10

(松田)実施の際の実際の作業、ポット苗の作成から、植え付けまで色々な行程があるわけですが、是非とも子ども達も含めた協働作業を出来るだけお願いしたいのですが、いかがでしょうか?

(福祉保健部長)検討する。

(松田)教育長に聞いてみたいのですが、今回の予算措置によって保育園の芝生化が実施されることになりそうだが、学校施設に対しての芝生化の意向はあるのか伺う

(教育長)学校施設の芝生化については、初期費用以外にも芝生の管理面として、人的なものを含めランニングコストがかかることや学校現場に新たな負担が生じることが問題となります。従いまして、これらの問題点について学校現場や地域の方々の理解等が不可欠であると考えております。今後、これらの条件整備が出来るかどうか、判断してまいりたいと思います

(松田)昨日の新聞報道にもありましたが、鳥取県は、平成22年度事業に「鳥取方式の芝生化促進事業(小学校校庭芝生化モデル校への支援)」を計画されているが、米子市にはどういった照会があったのか?また、参加する学校はあるのか?伺います。

(教育長)鳥取県からは、平成22年2月19日付けで各教育委員会、各小学校長、各小学校PTA会長あてに、「校庭芝生化セミナー及び小学校校庭芝生化モデル事業説明会」の開催通知がありました。この説明会で、事業の説明があり公募がされます。また、参加される学校については、把握しておりません。

(松田)県との連携について質問します。3月13日 Jリーグ設立の立役者であります、日本サッカー協会キャプテン川淵三郎らを招き、鳥取県主催の芝生化シンポジウムが米子市で開催されるとのことですが、私は将来を見据えて職員の派遣を行うべきであると考えますが、そのおつもりがあるのかお聞かせ下さい。

(教育長)担当課の職員で、対応したいと思います。

(松田)鳥取県の芝生化の所管は「協働連携推進課」であります。県の考え方はNPO等の団体と行政の橋渡しというものであるが、わたくしは9月議会で校庭・園庭の芝生化を行うことは「地域の拠り所を住民自らの手で創り、育てる」と言うことにつながり、地域における「市民協働」という意味合いでも非常に意義のあることであると思うわけです。
地域の繋がりが稀薄になっていると言われる昨今、学校施設・保育施設に対して「芝生化」というシンボリックな事業が、地域の皆さんの手によって直接行われるということは、その地域にとってのアイデンティティーが地域の皆さん自らの手で作り上げていただけるという理想的な「協働」の姿ではないかと私は考えます。校庭・園庭の芝生化は、市民協働を進めていくに当たって、極めて有効なツールであると考えるが、所見をお伺いいたします。

(教育長)これからの学校施設の整備にあたっては、環境に配慮した学習環境や地域との連携といった機能を高めるため、関係者が十分に話し合って整備を進めていくことが重要だと考えておりますが、芝生化を実施している大篠津小学校、就将小学校は、学校・地域が連携して事業にあたっておられると承知しております。

(松田)今回の保育園芝生化の財源も県費です。是非とも歩調を合わせると共に、市民協働の観点からも今後も芝生化に取り組んでいただきたいと言うことを要望いたします。


| | コメント (0)

自由民主党に公認申請

今日も議会なんですが、ちょっと違う話題を。
来る市議会選挙に向け、自由民主党に公認申請をすることにしました。

前回においても公認申請したものの、推薦にとどまった経緯、また日々の私の活動等を考えると自民党所属議員であると言うことを明らかにしないで選挙を戦うと言うことが、どうにも不自然に感じまして、今回もあえて自民党に公認申請を行うことと致しました。

通常、市町村議の選挙では「政党色を出さない方が良い」と言われていますので、実際にデメリットもあろうとは思います。
ですから、ほとんどの人が「無所属」です。
(それぞれの考え方ですから、「無所属」を否定するわけではありませんよ。念のため。)
ただ、上にも書いたんですが、普段から散々「赤沢マンセー 石破マンセー 自民党マンセー」なクセに、自分は「無所属です。」っていうのも何だかな〜と思うわけで、そんなこんなで今回も申請書を出すことにしました。
自民党公認ガンプラ議員として、しっかりとがんばります。
(んっ?石破先生とちょっとカブるな〜。しかもまだ公認出てない。)

ということで、久々の近況報告的な内容になりましたが、実は最近現職で戦う難しさ(議会はもちろんですが、公務じゃなんじゃとなにかと時間的拘束を受け、満足に動くことが出来ません。)に直面し、少々焦ってますが、まあなるようにしかなんないと、自分をなんとか納得させながら頑張っていますが...。
励ましのメール、コメント待ってます(T_T)


さて、ここからは赤沢亮正裏サイト(笑)

最近本当に活躍していますね〜亮正さん。
メルマガも一日に2〜3通きますが、指針奮迅の働きが透けて見えます。
先般東京でほんの30分出会ったときも、「ほとんど寝てない(>_<)」って言っていました。
自民党議員が劇的に少なくなったとは言え、このこき使われっぷりは、冗談抜きにして実力が認められているのだと思います。
頑張れ!!赤沢亮正!!

赤沢亮正メルマガの登録はこちら
これで公認に向け、ポイントアップだ(←ウソ)

〜告知〜
明日、淀江公民館で赤沢亮正国政報告会を開催いたします。

日時 3月6日 13:00〜
場所 淀江公民館
弁士 衆議院議員 赤沢亮正
   国際政治経済学者 浜田和幸

浜田さんの話が聞きたいと言う方、どうぞご来場下さい。


おっとそろそろ行かねば。
ブログを書いてて議会に遅刻じゃ、どっかの政党の閣僚と同列になっちまいます。
では、今日も行ってきます!!

| | コメント (0)

今期最後の議会 〜⑤〜

う〜 質問終わりました。

今回初めて昼休憩をまたいだんですが、やっぱりテンションが下がってしまっていけませんね。

まあ、やりきった感はありますので、良しとします。

詳細はまた後で。

| | コメント (0)

今期最後の議会 〜④〜

いよいよ明日が今期最後の質問です。

が、

まだ完璧には準備が出来ていない。

理由は書きませんが、この時点でこの状況は初めてです。

ある意味経験が問われる展開になりました。

悔いの残らないよう、全力を尽くします。


11時前には出てくるはずですので、ご都合の付かれる方は是非傍聴に来てくださいね。

| | コメント (0)

今期最後の議会 〜③〜

今日明日は、我が会派「新風」の代表質問です。

松田の出番は明日ですが、しっかりと支えていきたいと思います。


さて、先程休憩に入りましたが懸案であった、市道西原佐陀線の整備に目処が付きそうです。
具体的に言いますと、淀江支所前の変則交差点周辺のことです。

小学生の通学路でもありますので、松田も整備を求めてきたところです。

| | コメント (2)

今期最後の議会 〜②〜

昨日から各会派の代表質問が始まりました。
日程は下記の通り。

1日 公明党
2日 共産党
3日 新風
4日 新風
5日 未来
8日 自民クラブ

今日は共産党の代表質問ですね。
今回から(と言っても最後ですが)11人の大所帯である新風は2日間に分割されました。

採録になりますが内訳です。
3月3日
1 渡辺照夫
2 谷本 栄
3 岩崎康朗
4 吉岡知己

3月4日
5 竹内英二
6 内田隆嗣
7 松田 正
8 野坂道明
9 中田利幸
10 渡辺穣爾

です。
ということで、4日の昼前に出てきます。

項目は
1,ガイナーレ鳥取支援について
①具体的支援について
恒例のガイナーレ。
この4年間の検証、改めて中海圏域・定住自立圏における位置づけを質問します。
また、先日「青経連」の提出された、経済波及効果・スタジアム建設費の試算をもとに、市長の決断を迫りたいと思います。

2,校庭・園庭の芝生化
①芝生化の実施について
今年度から保育園の芝生化が始まります。実施に至った考え方、今後の展望について質問します。
また市民協働の観点からも市の方針を聞いてみます。

3,合併後の課題について
① 旧淀江市街地の活性化について
② 商工会との連携について
③ 通学バスの今後について(取り下げ)
合併して約5年、未来志向のつながりを模索する時期では?と考え、市長の考えを聞いてみます。


このブログ、市役所関係の方も多く見て貰ってるみたいなんで、まずもってお詫びを。
大変申しわけリません。4日が松田の出番なんですが、まだ原稿が出来ていない...。
この4年間、この点は全く成長無しですσ(^◇^;)
ごめんなさい、必ずやります。


| | コメント (0)

"風"の変化

淀江近辺で4箇所の街頭演説。
久しぶりというか、ハンドマイクでお話をするというスタイルでの街頭演説は初めての経験でした。
1箇所3分で良いって言われてたんですが、なんだか盛り上がってきちゃって、各10分くらいはお話ししちゃったような気がします。

冷たい"風"が吹きつける中での街頭演説でしたが、多くの皆様に手を振っていただき、"風"が変わりつつあるような感覚を得たのも事実です。
事実多くの地方選挙で、民主党の推薦候補が敗れています。
石垣市でもこの現象が起こりました。


そうそう、街頭演説でウォーミングアップを済ませた後、青年会議所関係者にお集まりいただきまして、"仮"事務所を行いました。
沢山の同志に駆けつけていただき、素晴らしい形でスタートが切れたんじゃないかと思っています。
寒い中お付き合いいただき、ありがとうございました。
(本番の事務所開きは4月4日を予定しています。)
1267400502


さて、今日から各会派の代表質問が始まります。
手始めは公明党。
最後の議会、悔いの残らないように取り組んで参りたいと思います。


| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »