« 沖縄視察② 航空自衛隊那覇基地 | トップページ | 建国記念日祝賀会 »

沖縄視察③ 読谷村

先程、臨時議会が終了しました。
約4億5000万円の補正予算を可決しました。


それでは読谷村レポート
Dscf0029_2
読谷村は、"村"といえど人口39000人。
境港とそんなに変わりません。
役場ももの凄く立派な建物!!

Yomi2_2
レクチャーの内容は「紅芋」のブランド化。
特産の「紅芋」を加工食品(お菓子など)にする事によって一大ブランドに成長させた凄い事業でした。
この取り組みですが、商工会を中心に築き上げられたとのこと。
米子日吉津商工会でもいろんな取り組みを行いますが、中途半端に終わりがちです。
失敗しても失敗しても立ち向かっていく心意気こそが物事を動かすと言うことを、改めて感じさせていただきました。

Yomi1
米子市子ども会連合会と読谷村子ども会連合会が行っている青少年交流に関しては、どうもこっちの分が悪いというか、ばつが悪かったです。
というかというのも昨年の米子市子連の総会などで「交流打ち切り論」が噴出し、交流の継続が危ぶまれています。
「米子市に根付くにはもう少し時間がかかりそうですが、なんとか継続して欲しい」とお願いをしてまいりました。
12日に読谷交流団が米子にやってきます。
しっかり歓迎したいです。


つづいて先日宇田川公民館でお世話になった「楚辺地区公民館」に行ってきました。
http://tadasix.cocolog-nifty.com/matsudatadashi/2010/01/post-dcfe.html
Dscf0033_3
これ、公民館の一部です。
裏手には立派なグラウンドも。
一同茫然自失...。

淀江の方が送ったという記念の衝立。
これ多分うちの工場で加工してますΣ(;・∀・)
Dscf0040


基地設置による移転事業で形成された現在の楚辺地区の区画図です。
楚辺地区周辺には米陸軍のトリイ通信基地があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/トリイステーション
「碁盤の目」のように整然となっていますね。
Dscf0046

基地問題で揺れる「沖縄」。
心情的には基地は要らない。
でもそこで働く人もいらっしゃれば、基地を中心とした経済圏も存在する「沖縄」。
そして莫大な補助金が地元に落ちているという事実。
そして心優しい沖縄のみなさん。
複雑な心境にさせていただいた、読谷村視察でした。

商工会の先輩に聞いてました。
「一回読谷に行ってこい。交流にしても、まちづくりに関しても半端じゃないから...」

何となくわかった気がします。
楚辺公民館のみなさんに「今度は家族と行きます」と約束してきました。

Dscf0054
嘉手納基地の門。普天間基地には日程の関係で行けませんでした。

|

« 沖縄視察② 航空自衛隊那覇基地 | トップページ | 建国記念日祝賀会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 沖縄視察② 航空自衛隊那覇基地 | トップページ | 建国記念日祝賀会 »