« 自民党青年部鳥取2区研修会 | トップページ | 「組織機構改革」〜子育て支援課〜 »

読谷村の子どもたちがやって来ました。

先日お邪魔した、読谷村の子どもたちが米子にやってきました。
淀江公民館では恒例の歓迎餅つき大会。

Dscf0038
みんなでついて。
(松田も餅米だらけ...)

Dscf0044
みんなでこねて。

Dscf0057
みんなで食べました。


で、淀江の餅つきを見届けた後は、引率に来られたアテンドです。
メンバーは、長浜宗則 読谷村子ども会長(村議会議員です。)、読谷村役場の石嶺さん、保護者の知花さん。そして米子市子連会長の湯浅さん。
8日に湯浅会長から「いままでさぼった休憩してた、罪滅ぼしをしなさい」との電話を頂きまして(汗)、率先して引き受けさせていただいた次第であります。

行程としましては、春日公民館、崎津公民館を巡る「餅つきツアー」
(ごめんなさい写真とってませんでした)
なんでこんなに餅つきすんのかな〜と思っていましたが、どうも沖縄では餅つきの習慣が無いようでして、そういったことから「餅つき歓迎会」が定番になってるみたいです。
Dscf0072
定番の水木ロード。
交流団は基本民泊(ホームステイ)です。
この日は地区毎の歓迎会を終わってフリータイムということで、何組かの交流中家族(変な日本語)に出会いました。

Dscf0073
淀江町有志のみなさんによる「歓迎妖怪雪だるま」今年は"こなきじじい"。

さて、先日も書き込みましたが、合併に伴い淀江町時代から継続しているこの交流も"転機"を迎えようとしています。
http://tadasix.cocolog-nifty.com/matsudatadashi/2010/02/post-45fb.html
夜の懇親会では、いきおいそういった話題にもなりました。
双方の子どもたちにとって、ベストの結論が出る事を願ってやみません。


交流団は本日帰途につきます。


|

« 自民党青年部鳥取2区研修会 | トップページ | 「組織機構改革」〜子育て支援課〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自民党青年部鳥取2区研修会 | トップページ | 「組織機構改革」〜子育て支援課〜 »