« 「候補者の本音」 | トップページ | 米子JC松浦理事長と野坂市長の対談 »

オマージュとパクリ

自民党鳥取県の参院選候補は、浜田和幸さんに決まりました。
頑張りますよ。松田も!!
さて、政治の話は今日は以上。

先日「殺人魚フライングキラー」じゃなくて、一般的には「タイタニック」のジェームズ・キャメロンの新作「アバター」を観てきました。

3D版はこの辺では上映してないと言うことで、通常版だったんですが、日本アニメが大好きだと公言されているだけあって既視感ありまくりの映画でした。

全体の雰囲気は「ナウシカ+ラピュタ+もののけ姫」
アバターとのシンクロシークエンスは、もろに「エヴァンゲリオン」
竜の描写はセガの名作ゲーム「パンツァードラグーン」

というような感じで、日本のサブカルチャーへのオマージュだらけの作品でして、日本人としてはなんともこそばゆい感じを受けました。

巷では、ストーリーが薄っぺらだとか上記の部分を捕まえて"パクリ"だとかとの評価が多いようですが、私がキャメロン監督に求めている部分は、「タイタニック」的なものでは無くて、「エイリアン2」であり「ターミネーター」、もっと言えば「殺人魚フライングキラー」(笑)なので、全く違和感なく楽しめました。
そして何と言っても大興奮だったのは、"大佐"の駆る"AMPスーツ"のどつき合い!!
未見のロボ好きの皆さんは是非観てください。
この技術で某最低野郎を実写化して欲しいな〜と、率直に感じた次第であります。

ちなみに、股関節をボールジョイントに入れ替えた我が家の"AMPスーツ"は、こうなっています(笑)
Dscf0025

あ、パクリっていうのは、こういうやつのことを言います。
でも、ある意味オリジナリティーを感じるから、オマージュかな?

|

« 「候補者の本音」 | トップページ | 米子JC松浦理事長と野坂市長の対談 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「候補者の本音」 | トップページ | 米子JC松浦理事長と野坂市長の対談 »