« 自民党鳥取県参議院候補 浜田和幸さんに | トップページ | 第17回楚辺子ども会・宇田川っ子交流研修 »

小沢幹事長の説明責任

小沢総統閣下が説明責任を果たしていると思うのか?

NO 90%

世論調査の結果だそうです。


〜説明責任〜
力や権力をもつ人あるいは企業・行政が、外部の利害関係者(企業であれば顧客など、行政であれば管轄地域の住民など)に、自身の行動について事前・事後に説明する責任のこと。
アカウンタビリティー(Accountability)

小沢総統閣下は、説明責任は果たしていると松田は思います。

「私は無関係であり、潔白だ。」
この一言で。

ご自身が言い切られてしまっては、これ以上どうしようもありません。
真相は別として。


ただ混迷を招いた「政治的責任」はとっていないように思います。
また民主党の自浄作用の欠落というか、それ自体が全くない事も明らかになりました。
しかし、鳥取の名無しさんがご指摘されますように、どうにも自民党の歯切れが悪い。

「国民生活、企業活動が非常に厳しい現状にあることに対し、小沢民主党のように政局にのみ注力することが、前政権党としての"責任ある態度"とは言えない」

このような想いと、「徹底追及すべきである」という想いがせめぎ合っているのが多くの自民党議員の状況ではないでしょうか?

実際自民党の大会なんかで出る意見は、「敵の批判だけではダメ、未来に道筋を示すことが政権奪取を行う為の近道だ」というようなモノが大半です。


いまの感じだと、国民の皆さんの感覚からするとどっちつかずの中途半端な印象を受けるということはありますよね。
しかしながら所詮野党の自民党です、メディアの扱いが少ないことは事実です。
ここは情報発信の努力をもっともっと行って欲しいと思います。
党大会もあったですし、しっかりとした姿勢を打ち出していただきたいものです。

|

« 自民党鳥取県参議院候補 浜田和幸さんに | トップページ | 第17回楚辺子ども会・宇田川っ子交流研修 »

コメント

これは少し言葉が足りませんでした。

先日のコメントは何も民主党の汚職追及をもっとやるべきというつもりではありませんでした。
松田さんが仰っている「未来に道筋をつける事」、それをより多くの人に知って貰えるよう、もっと骨を折るべきだと言いたかったんです。

野党になれば当然メディアへの露出が減る。
だからこそ、自分達がこうしていくという「発信」への努力は欠かせません。

酷な言い方をすれば、どれだけブログで良い事を書いたとしても、読んで貰えなければ意味は無い訳で。
その為にも、より多くの人に読んで貰うような、一種の営業も頑張って欲しいなと。

取り敢えずtwitter、早速フォローしますね。

投稿: 鳥取の名無し | 2010年1月25日 (月) 23時30分

鳥取の名無し さん 
>営業も頑張って欲しいなと。
私の方こそ言葉足らずでした。
私の意見もニュアンス的にはそう言うことです。

twitter 続けてみますね!

投稿: 松田ただし | 2010年1月27日 (水) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自民党鳥取県参議院候補 浜田和幸さんに | トップページ | 第17回楚辺子ども会・宇田川っ子交流研修 »