« 茨の道でありました... | トップページ | 石破 茂先生のブログにて。 »

インフルエンザで学年閉鎖

校区内の田村ポスター剥ぐりも残すところ2枚。
この看板、脚立が無いと手が届かないんですよ〜。
今日は天気良いから頑張ってくるかな。
しかし、お陰様で僕の車の中は、プチゴミ屋敷状態です(ノ_-。)
どうやって処分するのか悩み所です。

さて、本日インフルエンザの流行で、淀江小学校1年生、2年生が学年閉鎖となりました。
よって、"あこ・ここ"は24日まで自宅待機。
ということで2学期の残り出席日は、25日の終業式だけになってしまいました。

実は上の子の"あこ"は、一昨日から39度の熱が出てまして、もしや...と思っていましたが、検査の結果はインフル陰性。
いわゆる"季節性インフルエンザ"の予防接種は受けさせていましたが、いわゆる"新型"対策はしてなかったので、ひとまず安心しました。


さて、僕らの頃も1〜2回学級閉鎖があったような気がしますが、最近はかなりの頻度でこういった対応が取られるようになったようです。
で、当時の原因なんですが、たしかインフルエンザじゃなくて「りんご病」で閉鎖になった様な気がするんですが、かなり怪しい記憶です。
まあ約30年前の昔話ですからね(◎´∀`)ノ


今の学年(学級)閉鎖は、毎日の健康状態をメール・ファックス等で報告することになっています。
今朝も各担任の先生にメールを送りました。
時代は変わるものですね。

話は全く変わりますが、来年度の政策に対する政府方針が決まったような報道がなされました。

・暫定税率は維持
・子ども手当は所得制限無し
・ついでにたばこ税増税

Nesage
この画像のバカ騒ぎは、いったい何だったのでしょうか?
おっと、よく見ると総理、副総理ではないですか!!
暫定税率は諸悪の根源ではなかったんですかね...。

まあ、一応「決断」されたとの事ですが、この人たちの言うことですからまた変わるかも知れません。
ただ、全く信用できないことは、よ〜く解りました。

|

« 茨の道でありました... | トップページ | 石破 茂先生のブログにて。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 茨の道でありました... | トップページ | 石破 茂先生のブログにて。 »