« 昨日の続き | トップページ | 田村耕太郎 離党 »

「J規格スタジアム施設整備の陳情書」 再び継続審査

青経連より約25000名の署名を添えて提出された「J規格スタジアム施設整備の陳情書」。
今日の建設環境委員会で、再び"継続審査"となりました。

共産党・未来も署名が集まると違うんですね。
結構今までにない"少し"前向きな雰囲気の意見を言ってましたわ。


今回の私の任期中、最後になる3月議会。

ここで流れが決まります。
そして今期最後の闘いです。

さて、小沢総統閣下への私の意見への賛同をコメントをもらっています。
小沢民主党も今回の件で、いよいよ地雷を踏んだ感です。
そして、暫定税率廃止撤回、子ども手当の所得制限...。
国民は騙されました。


で、ここで何が最も重要かと言うと、やはり自民党がもっともっとしっかりせんといけないということ。

石破 茂オフィシャルブログにも、もの凄い数のコメントが集まっています。
http://ishiba-shigeru.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-f538.html#comments
ちなみに私もコメントしました。

開かれた国民政党として、新生自民党を引っ張って行くのは、石破さんしか無いと思っています。
しっかりと頑張っていただきたいです。

|

« 昨日の続き | トップページ | 田村耕太郎 離党 »

コメント

米子市民です。
この財政状況においても、スタジアムの施設整備が必要なのでしょうか?
毎年の維持管理経費だけではなく、数年後には改修のために経費がかかります。もちろん、起債の償還も必要です。
結局は、子ども達次世代の負担になります。鳥取・松江にあるものを米子市に欲しいといって建設された施設が、今では財政を硬直化させる一つの要因となっています。スタジアムの整備によって、今までと同じ過ちを犯すと思いませんか?
議員の立場を利用して、サッカー好きのエゴを市に要求するのは、とても残念です。

投稿: 2児の父親 | 2009年12月26日 (土) 01時16分

2児の父親さん コメントありがとうございます。


私はガイナーレのもたらす効果として、「地域の活性化」、「経済波及効果」、そして何より「地域の誇りの醸成」、この部分に可能性を見いだしています。
高校野球なんかでも地元の高校が出ると盛り上がりますよね?
そういったイメージで捉えていただければ良いと思います。


私は選挙の時から、ガイナーレを応援しなくてはならないと言ってました。

現在陸上競技場が経年劣化による施設更新時期を迎えています。
具体的にはトラック等の更新になるのですが、この整備を行うには市として3億以上の支出が必要です。

J対応の改修を行った場合の市の試算は、約20億。
ただ実際に取り組むにあたっては、もっと安価な工法があるはずなのですが、残念ながらそういった検討はまだ行われていません。

現実的に対応可能な国の補助金も見つけました。
こういった補助制度、合併特例債を活用すれば、市の手出しはトラック更新を行った場合とほとんど変わりません。


ガイナーレの支援は、私の選挙公約です。
しかし、実際には支援者の中にも、否定的な方もいらっしゃいます。
ガイナーレ支援に関しては、賛否両論のご意見を頂きますが、私の想いとして頑張りたいと思います。

投稿: 松田ただし | 2009年12月26日 (土) 13時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昨日の続き | トップページ | 田村耕太郎 離党 »