« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

谷垣総裁との意見交換会

Tanigaki1
この前ちょっとだけ触れましたが、先週末"自民党青年部青年局中国ブロック会議"で広島に行っていました。
後述します租税教室に出てから参加したので、谷垣総裁の街頭演説からの合流となりました。
自転車事故の後の初仕事だったらしく、大勢のプレスやまちの方でごったがえしていましたが、街宣車の上からではなくビール箱位の演台で演説されていた姿が印象的でした。

そしてその後は、谷垣総裁との意見交換会。
衆院選の総括について、各県連毎にかなり辛口の(自戒を込めて)意見が噴出。
今後の党の在り方について、濃密な議論が繰り広げられました。
激戦を制した鳥取県連、島根県連からは特に辛辣な意見が出ていましたね〜。
そういえば忘れかけてましたが、山陰両県は勝ってたんですな(^-^;
http://tamtam.livedoor.biz/archives/51271740.html
http://tamtam.livedoor.biz/archives/51265812.html
あ、ちなみに松田は事前に行われた会議に遅刻したために発言無し(涙)
握手したときに交わした「赤沢の選挙区の市会議員です」「よく勝ってくれたね」って会話だけでした(ノд・。)


さて、今回参加してみて改めて驚いたのが、自民党地方議員のJC率の高いこと(笑)
周りにいた方だけでもこんな感じ。

谷口圭三 岡山県議(先輩)
http://www.k-taniguchi.com/

中塚周一 岡山県議(JC入会年度も同じで同い年)
http://shuchan.com/

緒方直之 広島県議(同い年)
http://www.naoyuki-ogata.com/

その他にもお話しした方では、
河野正行 江津市議(先輩)
太田正孝 岡山県議(先輩)

どこに行ってもJCの方に出会うと、すぐに意気投合できます。
それぞれの方の地元のまちづくりや、JCの思い出話などに花が咲いたひとときでした。

何はともあれ、次の夏には参院選はやってきます。
新しい体制でしっかりと闘いたいものです。
あ、その前に自分の選挙を頑張らなイケンかったです(笑)
Tanigaki2

さて、まったく話はずれますが、今回カーナビを借りてみました。
当日スケジュールがちょっとタイトだったもんで、その中で最速で広島に行くには車で行くのがロスが少ないと判断しまして、そう決めました。
で、決めたまでは良かったんですが、我が家のポンコツ車にはカーナビはおろか、ETCすらついていません。
庄原経由で行くと良いと言うことは何となく判っていたのですが、どうにも不安でしてレンタルカーナビを利用しました。
3日間で2500円也。
高いか安いか良くわかりませんが、強力な方向音痴の松田でも目的地に行けたと言うことはかなりの威力を発揮したと言うことですな。
宝くじ当たったら、ナビ買おうっと。当たったら...。

Sozei09

最後の画像は、今回3回目の先生をさせていただいた、米子法人会主催、米子税務署後援の「租税教室」の模様です。
税金の使われ方を、小学6年生に学んでもらう事業です。
今回は少し準備不足でしたが、恒例の税金クイズや、プールの値段・体育館の値段等を交えて税金の大切さ、その使い方を左右する選挙の大切さをお話させていただきました。
すこしでも感じてくれていれば良いですね。

過去記事
http://tadasix.cocolog-nifty.com/matsudatadashi/2008/02/act2_abab.html
http://tadasix.cocolog-nifty.com/matsudatadashi/2009/02/post-35dd.html

そうそう松田の授業、身近な具体例が入ってて、評判良いんですよ〜。

| | コメント (0)

ガイナーレ昇格ならず...

Dscf0042

やはり奇跡は起こらなかった。

覚悟は出来ていたのですが、どうにも試合を直視できず、米子JCブースの「豚汁」に集中していたというか逃げていた。


ガイナーレが次々とゴールを決める度に歓声がスタジアム外に響くと、仲間とともに拳を握りしめていた。

ソニー仙台が大差で勝っているとの情報もキャッチしてたので、結果は分かっていたんですが、岡野が決めた3点目は来期に向けてのかすかな光だと思いたい。


前向きに考えようと思いたい。
この結果をもって、来年も東山で奴らに会うことが出来る。
東山で一喜一憂する事が出来る。


残された夢の枠は3つ。
来年の昇格レースも厳しいだろう。


夜、塚野社長に電話してみた。
彼はすでに未来を見つめていた。

来期の奴らの闘いに期待したい。
Dscf0045

本日20000人以上の署名が野坂市長に提出される。
1年間の猶予は出来た。
政治決断を望みます。

| | コメント (0)

広島にいます。

自民党青年部青年局の中国ブロック会議に出るために、昨日から広島にいます。

谷垣総裁も来られたりして、刺激を受けた会議でした。

詳細は帰ってからというか、また明日。

さて、いよいよ29日が近づいてきました。

最終決戦です。

東山で会いましょう。

| | コメント (0)

政治判断

今話題の事業仕分けの席で仕分け人の国会議員が「わたしの政治判断として...」と良く発言しています。
文部科学省関係の事業仕分け見ました。

「全国学力テストやめちまえ」「教員の数はとにかく増やせ」

やはり民主党は日教組のいいなりですね。

さて、25日の全員協議会において、"あの"野坂米子市長が大橋川改修事業実施に同意するという「政治判断」を行われました。

市長発言抜粋

本日は、11月19日に受理し同日付で既に議員各位にお配りいたしております大橋川改修事業に係る意見照会に関しまして、市議会議員の皆様方に私の考えを述べさせて頂きます。
   〜中略〜
私としましては、中海に関する様々な状況や経緯を勘案し、「異存ない旨」回答すべきと判断いたしました。
   〜中略〜
本市が訴えてきた中海の治水や水質改善に関する懸念の解消につきましても、一定の担保がなされたものと考えております。
再三にわたり大きな水害にみまわれた松江市民の皆様の心情を考えますと、大橋川改修事業の実施に躊躇があってはならないと考えるものです。
私の判断に対しまして、議員各位の格段のご理解とご協力を賜りますよう重ねてお願いいたします。

う〜ん、約3年間付き合ってきましたが、「自身の判断で決断する」という趣旨の発言は初めてだったように思います。
議会側というか僕らの予想では、ここまではっきり言い切るとは考えていませんでした。
よくよく考えると、当たり前のことというか姿勢を示しただけんですが、なんですがちょっと見直しました(笑)
我がまちのリーダーとして、こうした姿勢をもっと見せて欲しいものです。


さて、議会での議論は未来・共産党がなんとか阻止しようとしてくるのが目に見えてますので、かなりの曲折が予想されますが、とりあえず12月2日になにか動きがありそうです。

| | コメント (3)

今日から議会モードです。

昨夜、米子JCの四役会があったんですが、中止を視野に入れていた"ある案件"の続行が決まりました。
もう12月なんですが、やっぱりなかなか楽をさせて貰えませんね〜(◎´∀`)ノ
修練、修練。
やるしかないんで、とにかく前を向いて頑張るぞ!!


さて、全員協議会を皮切りに12月議会が始まります。

今日の全員協議会は議案説明の他に、懸案である松江の「大橋川拡幅事業」についての説明があります。
おそらく揉める案件だと思われますので、いったいどうなるのか注目です。

| | コメント (0)

ゆる〜い連休

北九州勝ちましたね...。
J2昇格おめでとうございます。

その結果を受けて、敵はソニー仙台となりました。
4位 ソニー仙台   勝点56 得失 +16     
5位 ガイナーレ鳥取 勝点53 得失 +26


さて最終節の「勝ち点シミュ」(○勝ち △分け ×負け)
ソニー仙台    ○59  △57  ×56       
ガイナーレ鳥取  ○56  △54  ×53

ガイナーレの勝点は、最大56。
これで次節ソニー仙台が負けて、ガイナーレが勝ちで4位というシンプルな構図になりました。

後期17節(最終節)
11月29日(日)13:00〜
 ガイナーレ鳥取  ー   V・ファーレン長崎
 ソニー仙台FC  ー   ジェフリザーブズ

頑張れガイナーレ!! 頑張れジェフ!!

さて、松田の近況を少しまとめて報告します。

20日
毎年恒例の「鳥取県四市議会議員研修会」
Nagataj
大阪市立大学大学院 准教授の永田潤子さん。
女性として初の「海上保安庁巡視船船長」を務められたほか、現在は橋本大阪府知事のブレーンということで、自治体の改革について先進的なお話を聞くことが出来ました。
http://junko-nagata.com/

21日
PTA正副会長会。来年度の人事なんかを話し合う。

22日
皆生の温水プールが、時節柄なのかほぼ貸し切り状態。
PAJAのスイミングスクールに通っていらっしゃる"あこ" にしごかれてフラフラに...
そして、ガイナーレの結果を受け、さらにフラフラ。

フラフラの身体で、「山陰少年少女合唱団 リトルフェニックス」の定期演奏会へ。
同級生の娘さんがメンバーということで、お誘いを受けまして、音楽好きの"ここ"を連れて行きました。
県西部ゆかりの童謡作家の曲がテーマということで、初めて聞く曲がほとんどだったのですが、新鮮な良い時間を過ごせました。
お誘いありがとう。

23日
勤労感謝の日
嫁さんの掃除の手伝いを少しした他は、ほぼ何もせず。
あ、溜まってたレポートを何枚か書きました。


ということで、リフレッシュ出来たように思います。
今夜はJCの四役会、明日は全員協議会、明後日は法人会の租税教室〜広島出張と、ハードな予感に満ちていますが、がんばるぞー!!

| | コメント (0)

まさかの引き分け...

さて、ガイナーレ。

昨日の中継観られました?

3ー1で勝利を確信しましたよ。私は。(って、ほとんどの人でしょうが...)

絶句ですよ。
相手の強烈なミドルシュートがバーを叩いた時は、まだツキがあると感じたのですが...


まさに進退窮まったと言うところです。
最終的な昇格条件は今日の北九州の結果を踏まえてからになりますが、少なくとも最終戦で勝つことは必須です。


まあここは気持ちを切り替えて行きましょう。
東山まで終戦を迎えずに来ることが出来たんですから。


「ガイナーレいけんがな〜」
「なんであげに詰めが甘いだ」
去年もそうでしたが、昇格騒ぎが大詰めになると普段全く興味を示されない方にも声を掛けられます
クラブもだいぶん地域に認知されてきた気がします。

あとは結果だ。

昨日のJ1。
首位「川崎」は、既にJ2降格が決まり資金的にも破綻状態の「最下位」大分に破れました。

最後まで諦めてはいけん。
米子の子どもたちは勝利を祈っています。


選手諸君、聖地東山での奇跡を期待します。

| | コメント (0)

視察報告 徳島県鳴門市

Tokusima6
徳島県 鳴門市

徳島ヴォルティスのホームスタジアム 「県営 ポカリスエットスタジアム」見に行ってきました。
昭和44年都市公園法に基づいて建設、平成5年の徳島・香川共催の東四国国体に向けて改修された第一種陸上競技場。平成17年にはJ2リーグに対応するため、照明施設等の改修も行っています。
Naruto1

その財源は「電源立地地域対象交付金」。
そうそう、阿南あった発電所とかに対する地元対策交付金です!!
http://tadasix.cocolog-nifty.com/matsudatadashi/2006/08/post_d2ab.html

収容人数 20441人
メインスタンド 5081人
北サブスタンド 4788人
南サブスタンド 4472人
バックスタンド 6100人(芝生席)
Naruto2
今シーズン、ポカリスタジアムでのリーグ戦開催は25試合。
平均観客動員は約4000人。
チームへの支援としては岡山と同じく、施設使用料の4/5免除。

J開催に関する問題点としては、駐車場が足りない位かなとのことでしたが、隣接する大塚製薬工場の駐車場等を活用して凌いでいらっしゃいました。
Naruto3

来年度6億円をかけて、大型モニターを設置(更新)されるそうです。


当日は徳島県の小学陸上競技記録会が行われていました。
Naruto4

徳島ヴォルティスのクラブハウスも見せていただきました。
徳島ヴォルティスの前身は大塚製薬の実業団チーム。
予算規模は8億円

http://www.vortis.jp/
Tokusima1

「ポカリスエットスタジアム」から車で30分ほど離れた飯野町にあるクラブハウスを見学させていただき、新田社長にも話を伺うことが出来ました。
市内の某高校の監督さんの2年先輩だそうです。

天然芝1面、人工芝2面という素晴らしい環境で、当日は小学生の大会かな?が行われていました。
Tokusima2

昨年の全国JCサッカー選手権大会の会場にもなったそうです。僕は行ってませんが。

Tokusima
周辺町村無料開放デーと称して、周辺町村民の方に浸透を図ってらっしゃるみたいです。米子市に当てはめると「日吉津村デー」といった感じでしょうか。

J2に上がって5年を経て実業団クラブから市民クラブへと移行している最中ということで、ご苦労があるとのことでしたが、こちらも資金的な面を含めて理想的なチームに映りました。
Tokusima3
「是非ともガイナーレに昇格して欲しい。その際は米子で試合がしたい。徳島、愛媛、岡山、鳥取での中四国ダービー。これ、盛り上がりますよ!!」とのことでした。


今回近隣のチーム、そして施設を見せていただいたわけですが、偶然にも米子開催を望んでいらっしゃいました。
(日程の都合で愛媛には行けませんでしたが…)

まあリップサービスかもしれませんが、アウェイチームの交通アクセスという観点は今までに無いものでした。
やはり我が米子市は古くから言われる「交通の要衝」としてのアドバンテージを依然持っています。
そういった意味でも米子開催というのは重要な意味があるのでは無いでしょうか?

おかげさまでスタジアム改修の署名も20000人を超えたとのことです。
12月議会でおそらく行われる陳情の採決を経て、次のステップへ進む時が来ています。

今回有意義な視察でした。ご協力いただいたSC鳥取塚野社長に感謝申し上げます。

| | コメント (4)

視察報告 岡山県岡山市

Okayama2

岡山県 岡山市

昨季J2に上がったファジアーノ岡山のホームスタジアム「県営 桃太郎スタジアム」を見に行ってきました。
ネーミングライツについては検討中とのこと。
平成17年の「晴れの国おかやま国体」に向けて整備された第一種陸上競技場。
収容人数 約20000人
メインスタンド  8220人
バックスタンド  7369人
サイド芝スタンド 4500人
すごく綺麗な競技場でした。
Okayama1

今シーズン桃スタでのリーグ戦開催は22試合。(ほとんどが週末のナイトゲーム)
チームへの支援として、施設使用料の4/5免除。

J開催に関する問題点としては、陸上競技会等との日程調整、駐車場不足、またほとんどがナイトゲームということで、会場周辺からの騒音苦情が大変だそうです。
Okayama3_2


ファジアーノ岡山の小川常務取締役にも、お話を聞きました。
チームの沿革は、
川崎製鉄水島製作所(現JFEスチール西日本製鉄所)サッカー部→ダイエーに買収されて神戸へ、しかしその後その話が頓挫(曲折を経てヴィッセル神戸に)→その残党というか有志がサッカー部OBによりRFK(リバーフリーキッカーズ)を結成。 おかやま国体に向けての強化チームとなり、その後あれよあれよという間にJ2にまで行ったみたいです。
現在の予算規模は約6億円
http://www.fagiano-okayama.com/
ホームページの沿革とはちょっと違いますが、常務の話はこんな感じでした。

現在最下位ということで、残念ながら成績的には厳しい状況ですが、大口企業スポンサーを持たない市民クラブとしてのスタイルが功を奏したのか、ホーム平均6000人の入場者を誇る優良クラブです。
集客の工夫としては20000枚のビラ配りを毎試合行っているとのこと。

「今後も平均身の丈にあった活動をしていきたい」と言われていましたが、理想的な形で市民に受け入れられている感じがしました。

J2とJFLの一番の違いはサポーターの熱、のぼせ方とのこと、近隣のチーム例えば、徳島・愛媛・C大阪とのカードだと軽く1000人規模で大挙押し寄せてくるとのことでした。
そして、対戦カード・相手のタレント(例えばカズとか)によって大きく動員が違うそうです。

「是非とも鳥取さんに上がってもらって“中国ダービー(仮)”をやりましょう。その際は是非米子開催で」との言葉をいただきました。
その背景には、台風の影響もあったのでしょうが、10月9日の鳥取バードでの試合ではJ2史上最低の615人の記録を樹立してしまった事もあるのかと…。


※ネーミングライツは「kankoスタジアム」に決定した模様です。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200911190242.html
Okayama5

| | コメント (0)

11月臨時議会

本日、11月臨時議会が開催されました。
議案は4つ。

・外部監査員の任命 (入江公認会計士!!)
・新型インフルエンザワクチン接種助成事業
・住宅手当の一部廃止
・期末手当の減額
http://www.yonago-city.jp/section/zaisei/zaisei20091119.htm

共産党が職員手当の減額に反対されましたが、その他は特に大きな波乱もなく粛々と採決されました。

さ〜て、いよいよ12月議会に向けての準備に入らねばなりません。
でも、今日は久しぶりに天気が良かったので、台風等で壊れた看板の修理やポスターの貼り替えを。
田村耕太郎と谷垣総裁をペタペタと貼って来たんですが、壊れた看板で指をケガしちゃいました。
谷垣総裁の怨念でしょうか(笑)


そうそう赤沢亮正メールマガジンが来ました。
ここから登録できます。

http://www.ryosei-akazawa.com/magazine.html

国土交通委員会での発言のようです。
昨日の記事に関連してますので、全文貼っておきます。


13:50〜14:35衆議院国土交通委員会における質疑
今国会から国土交通委員を務める赤沢は、大臣所信に対する質疑の初日に質問に立ちました。
自民党内の打合せに従い、赤沢は、主として道路問題について前原大臣の見解を質しました。

赤沢の主な指摘は以下の諸点です。

(1)選挙時の公約(マニフェスト)は、選挙後の状況変化に応じて変更すべきもので、前原大臣がこれまで機械的に「マニフェストに書いてある」からという一言で、例えば、法律で義務付けられた知事の意見聴取もしないで八ッ場ダムの建設を中止しようとしているのはおかしい。
再検証を決断した時点で、建設するかどうかの判断は白紙に戻さなければ地元の住民の気持ちを踏みにじることになりかねない。(「高速道路無料化」、「暫定税率の廃止」などのマニフェストの項目も、必ずしも国民の賛成が多いものばかりではないので見直してはどうか。)

(2)「コンクリートから人へ」という選挙用のスローガンは、実際の政策を進める指針としては不適切である。阪神・淡路大震災により高速道路の橋脚が倒れた例を挙げるまでもなく、実施には「コンクリートが多くの人の命を守る」のである。
コンクリートが人と対立するかのようなスローガンは、国民の安全・安心を守るための社会資本整備、特に、欧米先進諸国よりも高い単価、高い全体額をかけて行うことがどうしても必要な、地震や台風が頻繁に襲うという大きなハンディを負っている我が国の社会資本整備を軽視するものでまったく不適切である。社会資本整備の手を抜いて、公共事業予算を削り続けた結果、大地震の際に高速道路の橋脚が倒れたり、橋が落ちることで失われる人命の責任は誰が取るのか。

(3)道路整備についても、「今後は開通時期の近い(3年以内)工事を優先し、新規事業は行わないことにより、道路整備の予算を2割削減する」という民主党政権の新しい方針は地方軽視の弱いものいじめであり、直ちに改めるべきである。
というのも、これまで人口の多い都市部の道路整備が優先されてきた結果、3年以内の開通が予定されている道路は、例えば、首都圏の環状道路(いわゆる圏央道)など都市部の道路であり、例えば、鳥取県の山陰道をはじめとする県内主要道路は後回しにされた結果、これから約10年で開通する予定とされていたため、民主党の新方針のもと、さらに後回しにされて工事期間がこれまでの2倍の約20年になりかねない。

この点については、17日(火)の日本海新聞が、「16日(月)に中国整備局長から予算の内示を受けた平井知事が猛反発した」という趣旨の報道を行ったとおりです。

(4)道路は、心臓発作や脳溢血を起こした患者を30分以内に第三次医療の行える病院まで搬送できれば命を救えるが、1時間かかってしまうと命が失われる可能性が非常に大きいといった視点、災害時に代替道路が確保できなければ助けを待つ被災住民のもとへ大量の救援物資を送ることが効率的に行えないといった視点から、「いのちの道」であるうえ、地元企業の活性化、企業誘致、観光振興、地元住民の生活利便の向上などに本当に大きな効果を発揮することが実証済みであるので、国の責任で道路整備が遅れている地域の道路も国全体の幹線道路ネットワークにしっかり組み込まれるよう「着手はしたが、つながっていない道路の工事」を最優先に、迅速に整備を進めてほしい。

(5)アジア諸国の経済発展により、物の動きは日本海側の方が活発になる日本海の時代が本格的に到来した今、新たな我が国の玄関になる境港などの日本海側の港湾整備を迅速に、かつ、集中的に進めるべきである。

上記の赤沢の質問や指摘に対する前原大臣の回答にはまったく失望しました。基本的に何をたずねても返ってくる答えはほぼ同趣旨で、「日本は少子高齢化時代を迎えて人口が減り、予算にも限りがあるので、私前原が提唱した『コンクリートから人へ』の考え方にしたがい、できる限り予算を削減していきたい」という話しでありました。
「予算に限りがある」と言いながら、やはり「マニフェストは守る」とのことで、道路整備の重要な財源であった暫定税率を廃止したり、高速道路を無料化することで、約3兆1千億円の財源を無くしてしまうとのことでした。「予算がないと言いながら、一方で大きな財源を手放す」ことを矛盾であると感じるのは赤沢だけでしょうか?本当にこれで国民の安全・安心を守れるのでしょうか?「着手した道路は作ります」という発言はありましたが、鳥取県をはじめとする地方の住民(赤沢も含む)は、開通が20年後ではとても我慢できませんよね!

これからも機会のあるごとに、社会資本整備の重要性、地方の幹線道路ネットワークの完成の必要性、日本海の時代などを訴えてまいります。引き続きの温かいご指導、ご支援どうかよろしくお願いいたします。


亮正さんも頑張ってます。
松田も頑張るぞ!!

| | コメント (0)

山陰道開通。20年後か...。

「事業仕分け」が半分終わったようですね。
4500億円の財源を確保したとのことです。

昨日の日本海新聞の一面に衝撃的な見出しが...。

「鳥取県内道路事業費概算要求 4-5割削減」
国交省は16日、道路関係事業の来年度概算要求を明らかにした。鳥取県内の事業費は本年度を4~5割下回り、全国平均(2割減)と比べて大幅に削減される見通し。山陰道(県内延長88・6キロ)の事業費も軒並み減らされ、平成20年度代後半を目指していた完成時期は10年近くずれ込む可能性が浮上している。(日本海新聞)

懸案の山陰道の予算が大幅削減されるようです。

まだ不透明ですが、国土交通省の「まちづくり交付金」も地方の移管するようで、こいつを財源にしている「米子駅バリアフリー化事業」も怪しい雲行きです。
http://www.mlit.go.jp/crd/machi/tosihsoshitsu/matikou.html


また昨日の中海特別委員会で説明があった、松江市の「大橋川拡幅事業」もどうなることやら...。
結論が急がれ始めたのにはこういった背景もあるわけですが、米子市にとっても影響が多い事業ですので、かなり心配です。
あ、わたしはこの事業、推進するべきだと考えています。


与党は選挙時に「地方にとって必要な公共事業は行う」と再三言われていたように記憶していますが、どのような説明をされるのか?


「国からの手当が増えたって喜んでたら、お父さんの会社が無くなっちゃってた」何てことが現実になりそうです。
我々が選挙時に言って通りの事が、どんどん起こって行きます。
地方が本当に死んでしまわないことを祈ります。

| | コメント (0)

ガイナーレ、昇格へ波高し...。

この時期恒例の昇格条件の精査。
まず15節を終えてのJFL上位の順位。
(改行がおかしいのは勘弁してください。太字がJ準加盟チーム)

順位   チーム名   勝点   得失
 1位   佐川滋賀   60    +22
 2位   横河武蔵野  56    +12
 3位   北九州    54    +17
 4位   ソニー    53    +14
 5位   鳥取     52    +26
 6位   町田     50    +7
 7位   ホンダ    48    +13
 8位   TDK    46   −13


残り2試合ですので、2つ勝った場合の勝点は58で最高2位。これが最大値です。
ということですので、佐川が全敗しても1位には届きません。
逆に2つ負けるとホンダが2つ勝てば逆転される可能性がありますが、TDKにひっくり返されることはありませんので最悪7位です。

次節のシミュレーションをしてみます。
佐川は頭一つ抜け出ましたので、2位〜6位で見てみましょう。
(状況はガイナーレにとってということで)
       現状  最善  最悪
2位 横河   56  56   59
3位 北九州  54  54   57
4位 ソニー  53  53   56
5位 鳥取   52  55   52
6位 町田   50  50   53

次節鳥取が負けて、ソニーが勝つと終戦です。
最悪引き分けなら首の皮一枚ですね。
得失点差がダントツなのが唯一の救いか...。


最終節も含めた「勝ち点シミュ」を表にしてみます。
(○勝ち △分け ×負け)
    ○○   ○△   ○×   △△   ×△   ××
横河   62   60   59   58   57   56
北九州  60   58   57   56   55   54
ソニー  59   57   56   55   54   53
鳥取   58   56   55   54   53   52
町田   56   54   53   52   51   50

去年も書いたが、「計算するんじゃなかった\(;゚∇゚)/...」
前節の負けが、痛すぎです。


後期16節
11月21日(土)
 びわこ草津    ー   横河武蔵野
11月22日(日)
 ホンダロック   ー   ガイナーレ鳥取
 Honda    ー   流通経済大学
 町田ゼルビア   ー   TDK SC
 三菱水島     ー   ソニー仙台
 アルテ高崎    ー   NW北九州


後期17節(最終節)
11月29日(日)
 ガイナーレ鳥取  ー   V・ファーレン長崎
 Honda    ー   MIOびわこ草津
 横河武蔵野FC  ー   アルテ高崎
 ソニー仙台FC  ー   ジェフリザーブズ
 NW北九州    ー   町田ゼルビア

う〜ん、上位のつぶし合いが「北九州ー町田」しかない...。

最悪に近い状況ですが、次節引き分けでも目がある分、去年よりはマシかな?

去年の状況
http://tadasix.cocolog-nifty.com/matsudatadashi/2008/11/post-e8fd.html

ここで大事になってくるのは、ホームアンドアウェイの部分になってくるはず。
最終節東山でホーム最終戦。歓喜瞬間が訪れる事を祈っています。

| | コメント (2)

ガイナーレ自力昇格消滅

ホームで HONDA FC に、1-3で完敗。

お客さんが入ると勝てない。

あと2戦。上位同士の直接対決も無い中、非常に厳しい状況に陥りました。

後で書きますが、J2の他チームもガイナーレの昇格を本当に心待ちにしてくれています。

去年の状況よりはまだマシだ。

とにかく勝ってほしい。

以上。

| | コメント (0)

競技場視察

今日は鳴門市にいます。

昨日は岡山で「ファジアーノ岡山」のメインスタジアムを視察してきましたが、今日は「徳島ヴォルティス」のメインスタジアムを見てきます。

そして急遽なのですが、あわせてクラブの関係者の方のお話も聞けそうです。

天気が悪くなってきて、予定通りに帰れるのか心配ですが、しっかりと勉強して来たいと思います。

| | コメント (0)

2009卒業例会

昨日は米子JCの卒業例会でした。


「"無駄"なことに精一杯取り組んで欲しい。」
「失敗から学ぶこと、成功から学ぶことそれぞれがある。結果は気にせず全力で取り組んで欲しい。」
「尊敬する人を探す場であり、そのような人間になるために頑張る場である。」
「1年間だけでも手抜きをしないでやってみて欲しい。」
「絶対に辞めないで欲しい。」

本年度の卒業予定者は7名。
それぞれの方が、それぞれの想いを後輩へと託していただいたように思います。

同期入会の仲間もまた1人この場を去っていきます。
段々寂しくなっていきますが、私もあの場に立てるよう残り4年(まだそんなにあんのか!!)しっかりと頑張って参りたいと思います。


さて、今日から岡山・徳島に視察に行って来ます。
12月決戦に向けての情報収集が目的です。
詳細は帰ってきてから書きたいと思います。

それでは行ってきます。

| | コメント (0)

天皇陛下御在位20年

きょうは「天皇陛下御在位20年」を祝う日です。

内閣府HP

天皇陛下は、本年1月7日で御在位満20年を迎えられました。
政府としては、天皇陛下御在位20年を記念し、国民こぞってこれをお祝いするため、本年11月12日(木)(平成2年の「即位の礼」が行われた日)に、内閣が主催する記念式典を東京の国立劇場において、天皇皇后両陛下御臨席のもとに挙行するhttp://www.kantei.go.jp/jp/gozaii20/index.html

インタビュー全文 http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/091112/imp0911120521006-n1.htm

昭和天皇が崩御されてから、もう20年経つのですね。確か松田は中3だったと思います。

この20年で世の中は激変し、先の見えない状況が続いているように感じられますが、陛下におかれては、どうかお元気でお過ごしいただきたいと思います。

そういえば、松田のおかれた環境も激変しましたな・・・(◎´∀`)ノ

激変緩和措置を取ってもらいたいものです(笑)

さて、今夜は米子JCの卒業例会です。

JCの定年(笑)は40歳ですので、今年40歳の卒業生が怨念のこもった想いのつまったスピーチをされます。

楽しみです。

| | コメント (0)

秋の嵐

今日は、もの凄い風が吹いています。
ちょっとした秋の嵐でしょうか?
子どもたちは、強風に煽られてフラフラしながら、学校に行きました。

秋の嵐と言いますと、お金の問題で政権が揺れています。
某容疑者逮捕で、テレビでは全然報道されませんが...。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/political_fund/?1257896004

もう何というか、自分で自分の首を絞めるような事は止めにしていただきたいものですが、このあたりはどうしたもんなのでしょうか。
「細川政権の二の舞か...」なんて声ももう出てきているようですが、自民党にしても民主党にしても、こうしたある意味下らん問題で政権が揺らぐという事は、我が国の発展にとって一つも良いこと無いです。


政権交代選挙を終えてから、まだ2ヶ月と言うこともあり、支持率も依然高い状況が続く新政権。
以前の"与党"自民党で同様の事案が発覚してたら、この程度の騒ぎでは済まなかったと思いますが、早くも正念場のようです。

| | コメント (0)

よどえ夢まつり2009

8日は「よどえ夢まつり」にスタッフとして参加。
ステージ担当として頑張ってきました。
Yume92_2

そしてこのステージも数回目となった"あこここ"は、キッズクラブで出演。
嵐の『Happiness』にのせて元気に踊っていました。
Yume91_2

久々の家族集合写真です。
Yume93

で、終了後は「(社)日本青年会議所中国地区鳥取ブロック協議会 第2回鳥取ブロック協議会(あってるかな?)」に参加。
境港での開催だったので、ブロック研修委員長を励ましに行ってきました。

疲れた...。

| | コメント (0)

(社)日本PTA中国ブロック研究大会 島根県松江大会

7日の土曜日「(社)日本PTA中国ブロック研究大会 島根県松江大会」に行ってきました。
大会テーマは "親子で語ろう「生きる力」"
Dscf0061
会場は、くにびきメッセ。
初めて参加したんですが、ブロック内から2000人あまりが参加する大会と言うことで、大変賑やかな大会でした。
恒例(らしい)アトラクションでは、島根ブロックの皆さんが「どじょうすくい」を披露されるなど、JCの大会みたいなノリもあったりして違和感なしに入り込めました。

Dscf0062
さて、記念講演の講師は、 元臨時教育審議会委員の木村治美さん。
http://www.mmjp.or.jp/keg/
柔らかい口調でお話をされる方だったんですが、こころに響く素晴らしい講演を聞くことが出来ました。
自らが参加した臨教審が昭和62年に出した21世紀に向けた教育理念が個人主義に傾倒してしまったことを悔いていらっしゃったのが非常に印象的でした。

90分の講演だったのですが、最後に木村先生から会場にこんな問い掛けがありました。

「みなさんは、どんな子になって欲しいという目標を持って子育てをしてますか?」

はて?と考えてみるんですが、ぱっと答えが出てこない...。
みなさんは出ましたか?


木村先生の答えは、「人の為にがんばれる子、世の為人の為になれる子」
勉強になりました。


ちょっと古いのですが、島根県のHPに今回の講演の内容に近い内容が載っていました。
よろしければ下記のリンクをご覧下さい。
http://www.pref.shimane.lg.jp/kyoikuiinkai/iinkai/kyouikunohi/h15_kouen.html


さてさて、来年は米子市でこの大会が開催されます。
設営がけっこう大変そうでしたが、出来る限り協力して行きたいです。

| | コメント (0)

タスクフォース

ヤンキース松井選手がワールドシリーズでMVPを獲得されました。
凄いですよね。
今シーズンでの放出が、かなりの確度でなされるという状況下で臨んだワールドシリーズでの大活躍。
胸のすく思いがしました。
日本人が「メジャーで通用するのか?」と言われていたのは遠い昔の話のようです。
今後の去就は不透明ですが、同世代の1人としエールを送りたいと思います。
そうそう、阪神に入ってくれても良いですよヽ(´▽`)/

話は変わりますが、「鳥取で3人の方が不審死」と言うニュースには本当に驚かされました。
一部報道によると5人になったとか。
米子での税理士さんの事件も記憶に新しいところですが、近くでこういった事件が起こると背筋が寒くなりますよね...。

今日は学習発表会の"リハ"を観に行ってきました。
明日が本番なのですが、PTAの中国大会でどうしてもそっちに行かんといけんもんで...。
"あこ"は「スイミー」ナレーター役、"ここ"は「サラダでげんき」でまたまたナレーター役を元気にしていました。
明日の本番も頑張れよ〜!!
Gaku09

さて、国会の論戦は予算委員会に移りました。

与党は問題にぶつかると、「○○○チーム」とか「○○タスクフォース」とか横文字で新鮮味を出そうと腐心していらっしゃるようです。
タスクフォースなんて、「タスクフォースα」しか知りません(そっちの方がどうかと思うが...)
日本語に訳すと「特務部隊」。なんだかな〜と思います。

あと、アメリカがどうも本気で怒っちゃった基地問題にしても、なんだかな〜というところが。
普天間基地の嘉手納基地への統合なんてのは、「米軍」に言わせればチャンチャラおかしい話でしょう。
普天間は海軍系の海兵隊、嘉手納は空軍の基地。
日本人から見れば「米軍」と言う枠で見がちですが、これ全く別の組織ですから日本の都合で統合なんてのは土台無理な話です。

18日には党首討論も行われるみたいですので、注目して参りたいと思います。


先日も少しだけお伝えしましたが来週末13・14日に、松田ただし・野坂道明・岩崎康朗からなる「米子市議会ガイナーレタスクフォース(笑)」で、ファジアーノ岡山と徳島ヴォルテスのホームスタジアムへ視察に行って来ます。
データみるとJ規格に達してない部分が見受けられますので、その辺の現実的な運用方法、また問題点。
そして、実際の経済効果等々を聞いてきたいと考えています。
12月議会はいよいよこの問題の決戦となります。
気合いを入れて行って来ます。

| | コメント (1)

市政報告書4号 完成

Houkokusyo41_3
Houkokusyo42

いよいよ11月に入りました。
大山にも初冠雪があったりで、すっかり秋という感じですね。
そろそろ冬服を出すかな〜(←遅い)


さて、本日の淀江地区の朝刊に「松田ただし市政報告書 第4号」が折り込みされています。
ご覧いただければ幸いです。
画像を貼りましたが、ちと見難いですね。
データをご希望の方はメール下さい。


ガイナーレ勝ちました。暫定3位。
地上派民放局が中継を予定してきたりして、なんだか本当にその時が来そうな感じですが、一戦一戦を大事に勝っていってもらいたいものです。
13・14日には競技場関係の視察に出かけてきます。
いよいよ米子市の施設整備も正念場が来そうです。

あんまり関係ないですが、こんな記事を見つけました。
「前園ビーチサッカーで現役復帰」
http://sankei.jp.msn.com/sports/soccer/091103/scr0911031800004-n1.htm
(MSN産経ニュース)
前園さんがラモス監督率いるビーチサッカーの日本代表で、ワールドカップを目指すと言うことです。
前園さんには、2007年に米子に来てもらいました。
同世代のヒーローとして今後も活躍していただきたいです。

| | コメント (0)

伯耆ドリームプロジェクト③ 無事終了

31日行いました、「伯耆ドリームプロジェクト」。
快晴の空の元、約250名の方にご参加いただき、成功裏に終えることが出来ました。

まず日野川勉強会。
日野川の歴史、生き物、日野川流域憲章についてクイズ形式で座学を行いました。
Dp1_2

そしてお待ちかねの植樹です。
Dp2


松田家チームの植樹の模様


名前の入ったプレートをくっつけて完成です。
Dp3_2


最後に記念モニュメントを設置して終了。
ここが写真を撮ってくれてたんですが、半分ずつしか写ってなかったので(笑)合成しています。
Dp4

季節外れの暑さ中での事業でしたが、ご参加いただいた皆さんには大変喜んでいただけました。
いつの日にか、この日植えた桜が満開になることを祈っています。

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »