« 「伯耆ドリームプロジェクト」① | トップページ | 「伯耆みらい環境フェスタ」のご案内 »

台風一過の日本に、英霊への祈りを捧げる

むかし、台風"一家"だと思っていました(笑)
県西部では、大きな被害は無かったみたいですが、みなさんいかがでしたか?
うちも特になかったんですが、すこし町の風景が変わったことにお気づきでしょうか?
ちょっとスッキリしてません?

実は各地の自民党及び民主党の看板が、軒並み吹っ飛んでいます。
どっちの陣営もちょっと過剰に看板立ててましたんで、これぐらいがちょうど良いのかもです。

さて、昨日は小学校は休校ということであこここは自宅待機ということで、緊急子守り担当に任命されましたが、予定されていた公務には行かねばなりません。
ということで、子どもたちは留守番をさせておきまして「米子市戦没者慰霊祭」に出席し、英霊への静かな祈りを捧げてきました。
鎮魂と感謝の祈りを。

つい最近判明したんですが、松田の母方のひいじいちゃんが、大東亜戦争における2度目の玉砕戦「マキン・タラワ島」で玉砕されたらしいんです。


「1943年11月22日 ギルバート諸島マキン・タラワ守備隊玉砕」
マキン島
マキンには第3特別根拠地隊分遣隊243名を中心とした693名が守備についていた。
11月19日から連日空襲が行われるようになり、21日早朝に陸軍27師団の1個連隊が上陸した。守備隊は奮戦するも、23日早朝に1名を除き全員玉砕した。

タラワ島  
タラワには第3特別根拠地隊本隊902名、佐世保第7特別陸戦隊1669名を中心とした約4500名が守備についていた。
タラワも11月19日から空襲を受け、21日早朝に海兵第2師団が上陸作戦を開始した。しかし、守備隊の抵抗は激しく、上陸初日はほとんどの米兵は海岸までたどり着くことはできなかった。
だが、22日午後には形勢が逆転し守備隊は追い詰められていった。そして翌23日夜に残存守備隊は最後の突撃を敢行し、17名を除き全員玉砕した。


数多の英霊の尊い死によって、今日の日本の繁栄は築かれました。
今の日本は散って行かれた皆さんにとって、どのように映っていますでしょうか?

今日から、鳩山首相は韓国・中国の首脳と会談するらしいです。
いよいよ「友愛謝罪売国外交」の幕開けです。

新たな謝罪・賠償、そして靖国の否定...


九段/英霊来世AreiRaise

こんど東京に行ったら、靖国で"ひいじいちゃん"に会って来たいと思います。

そして、こう伝えてきます。

「どうかこれからも我が国をお護りください。」

|

« 「伯耆ドリームプロジェクト」① | トップページ | 「伯耆みらい環境フェスタ」のご案内 »

コメント

あ・・・
台風一過・・・「一家」でないって今知りましたよ(爆)。

被害に遭われた方もおられるということで残念なのですが、なんだかやはり台風が過ぎた後は空気が澄んでいるような気がします。

投稿: kazz | 2009年10月10日 (土) 08時44分

kazzさん コメントありがとうございました。

なんだか久しぶりの台風だったように感じました。
昔は年間に何度も上陸してたように思いますが、気象変動の影響なのでしょうかね。

投稿: 松田ただし | 2009年10月10日 (土) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「伯耆ドリームプロジェクト」① | トップページ | 「伯耆みらい環境フェスタ」のご案内 »