« 第36回米子がいな祭 終了 | トップページ | 淀江さんこ節 第11回全国こども民俗芸能大会 に出場!! »

第36回米子がいな祭 回想

Photo


土曜日
山車3号車の運転

予備役(米子JC OB有志)対応

万灯の警備

駅前のゴミ拾い

日曜日
駅前周辺の警備

花火打ち上げ本部周辺の警備

米子港・湊山公園のゴミ拾い

今回の松田の仕事はこんな感じでした。
今年は副理事長職をさせていただいていることもあり、かなり野放し(笑)にしていただいていますね(笑)

そうそう、今回のパレードでは下の写真のように「松田3兄妹そろい踏み」というわけのわかんらん設えに遭遇。
弟が指示出し、妹が参加チームの紹介を行うMC。
兄妹でしっかり楽しませていただきましたが、ふつうありえんですよね(^-^;

Photo_2

「山車」の様子良かったら動画でどうぞ。


さて、今回の総括というか、感じた部分を書きたいと思います。
感想。なんだか本当に良い祭だったな〜と、いま考えています。

土曜日まるまる見に来てた、娘たちも嫁さんもみんなそう言ってました。


今年の祭のキーワードは「環(つながり)」。見て、来て、参加して、さらにつながる第36回米子がいな祭を是非、お楽しみ下さい。
(公式ブログから抜粋)


いろんなが「環(つながり)」見えた祭のように感じました。
うちの兄妹のことも「環(つながり)」といえばそうですし、JCの中で何となく浮いてたメンバーが、みんなの輪に入るきっかけになったように感じる場面、これも「環(つながり)」でしょう。
そして合併した松田の地元"淀江"からも多くの子どもたちが、パレード・ステージ・万灯に参加してくれました。そして素敵な笑顔を見せてくれていました。
そろそろ"隣の祭"という感覚も薄れてきてるんじゃないかな?

でもこれは、今回の祭が特別であったということではないと思います。
過去36回続いてきた中で、それぞれの時代のみなさんが夢を描き、そしてそれを具現化してきた、その積み重ねがこういった雰囲気を醸しているんだと感じています。

地域の"つながり"が薄れていると指摘される昨今。
僕たちは私たちが住むこの地域に対して少しでも「環(つながり)」を提供する。そんな活動をもっともっと続けていかねばならないなと強く感じた祭でした。

そして、松浦本部長。
最高に格好良かったです。

あの見事な花火が幕を閉じた後に交わした握手には、大きな仕事をやり遂げた男のみが発する「力」を感じました。
そして、正直妬けました(笑)
「俺も"本部長"やってみてーーーー!!」って、初めて思ったモン ヾ(´ε`*)ゝ

来年の第37回は、諸般の事情でもうダメだから、残るチャンスは3回。

第38回、第39回、そして第40回。

どうせやるなら.....
な〜んて妄想を吐いてると、ややこしいことになりますので、このへんで止めときます(笑)
あ・く・ま で、出来る出来んは別ですよ!!


それでは最後に、今回の祭を通じて松浦本部長が何度も言ってた言葉を紹介します。

「米子がいな祭を"誇り"に思ってほしい」

米子市のみなさん、地域のみなさん、今回の祭を"誇り"に感じていただけましたでしょうか?


私は「米子がいな祭」を"誇り"に思っています。
そしてこれからも「米子がいな祭」は、ずーーーーーっと続いていきます。

地域の"誇り"として。

来年の「第37回米子がいな祭」でお会いしましょう!! 

|

« 第36回米子がいな祭 終了 | トップページ | 淀江さんこ節 第11回全国こども民俗芸能大会 に出場!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第36回米子がいな祭 終了 | トップページ | 淀江さんこ節 第11回全国こども民俗芸能大会 に出場!! »