« 米子市小中PTA連合会 平成21年度教育懇談会 | トップページ | 開戦 »

夏休みの宿題

子どもたちの寝相が極めて悪く、僕たちの寝るスペースが著しく浸食された為、仕方なく二段ベッドを買いました。
正確に言いますと、半分以上嫁さんのご両親に出してもらいましたが(゚ー゚;

そう言えばこの週末から奴ら「夏休み」に入りました。
去年は「おねーちゃんだけずるい〜」って毎朝ぐずっていた"ここ"も、今年からは夏休み組です。

いま"あこここ"は宿題をやっていますが、なんだか年々少なくなっているようです。
今年から「夏のとも」じゃなくなって「なついきいき」というもっと薄い冊子になりました。
絵日記も"2日分"書けば良いそうです。
これでは夏休みの間が持たないということで、嫁さんがドリルを買ってきました。
うちは決してガンガンやってる方じゃないと思いますが、あんまりにも少なすぎる気がするのは杞憂でしょうか?
特に低学年の時期って言うのは、基礎の基礎を習得する時期なので、全ての基本いわゆる「読み書きそろばん」を繰り返しさせることが大事だと思うのですがね...。


|

« 米子市小中PTA連合会 平成21年度教育懇談会 | トップページ | 開戦 »

コメント

なるほど、そんな状況なんですね。
親が見てやらないと、基礎的な勉強がおろそかになってしまうということではいけませんね。

投稿: T君 | 2009年7月21日 (火) 10時17分

T君 さんコメントありがとうございます。

出された宿題だけやってたら、子供も"間"が持ちませんよ。
こういう事の繰り返しで学力の格差が出来ちゃうのかな〜と思います。

投稿: 松田ただし | 2009年7月22日 (水) 14時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米子市小中PTA連合会 平成21年度教育懇談会 | トップページ | 開戦 »