« 夏休みの宿題 | トップページ | 祭例会 »

開戦

いよいよ開戦です。
昨日、赤沢亮正本人から電話がありました。


赤沢「勝たせて欲しい」

松田「勝つんじゃないです!!生き残りましょう!!」


現実は非常に厳しいです。
今こそ保守勢力の「真の力」を結集するときです。
この戦いは、国家の誇りと地域の誇り、そして子どもたちの未来、すなわち我が国の未来を賭けた戦いです。

この戦いの後、おそらく自民党は下野します。


政権交代の後には、民主党が政権を握った暁には何が訪れるのか?

無責任な「大衆迎合政策」を実施し、財政は崩壊。

公務員改革? 自治労に支援された彼等に、なにが出来るの?

国益なぞ微塵も考えない「友愛お花畑外交」を推進。
海自はソマリアから撤退、自衛隊の国際協力活動は戦勝国クラブである国連の管理下に。
そして特定アジアの国々にはさらなる謝罪と賠償を。

民主党の大きな支持母体「日教組」の推進する「自虐史観教育」を、我が国の未来を担う子どもたちに大手を振って実施。
そして極端な平等主義、ジェンダーフリー思想を徹底し、日本人はさらに骨抜きに....。

私たちに出来ることは何か?

私たちに出来ることは、その防波堤となるべく男が臨む私たちの住む鳥取二区での戦いに絶対に勝つことです。

いや、勝つのではなく、絶対に生き残ることです。

生き残るために、死力を尽くします。
日本の未来の為に。
子どもたちの未来の為に。

http://www.youtube.com/watch?v=jGXXz6HDGb4

http://www.youtube.com/watch?v=kZpSfahQ--0


〜告知〜
赤沢亮正 国政報告会
日時 7月25日(土)15:30〜
場所 コンベンションセンター
弁士 細田博之
   赤沢亮正

頑張ろうコール
   松田 正

|

« 夏休みの宿題 | トップページ | 祭例会 »

コメント

早くも下野宣言で、言うこともなるほど野党みたく批判ばかりですね
自民党支配の長い体制の中で、民主党が力を持つことで今まで知り得なかった情報がボロボロでてきましたね
でもね、松田さん。民主がベストかと言うとそうじゃないんです。
自民じゃ駄目だなと思うからしかたなく民主って感じなんですよ。
小泉さんの時は、改革の声に国民は期待しました。
民主党になれば、良い悪いの問題ではなく、変わる可能性があると言うことです。国民はそこですよ。

あなたも若いんだから、自民党のケツ持ちではなく、もっと自分の意見を持った方がいいと思いますよ。それじゃないと人は付いてこない。

投稿: けん | 2009年7月23日 (木) 22時19分

小選挙区は赤沢さんを応援します。
これは決めました。

ただ、政党に関しては
投票所の記入所まで決めないで
おこうと思います。

気持ちとしては
両方とも国会に送り出すのが
鳥取2区としてはベストではないかと思っています。
地元国会議員は多いに越したことは無いですからね。

神奈川12区では
2003年の選挙で実質的に4人も議員を出しましたしね。
鳥取2区で2人出てもいいでしょう。

投稿: 入江陽介 | 2009年7月26日 (日) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏休みの宿題 | トップページ | 祭例会 »