« 自民党青年部・青年局・女性部合同大会 | トップページ | 山形の最年少市議が吠える »

定住自立圏構想

湯原淳平さんからこんなコメントいただきました。

そういえば、定住自立圏構想について米子市はどう動いていますか??
今日自分のブログにそのことを少し書いてみましたが。
是非、渦中の状況を知りたいです!

返事が遅くなってすいません(*_ _)人ゴメンナサイ

そもそも「定住自立圏構想」とは何か?ですが、米子市のHPに分かりやすい説明が載ってたので転載します。

〜中心市と周辺市町村が協定を結ぶことにより役割分担し、相互に連携協力しながら住みよい生活圏域の形成を進める構想です。また、「中心市」は、その圏域全体の暮らしに必要な都市機能をもつ、中心的役割を担う都市のことです。〜


で、米子市では4月30日に共同中心市宣言を発表したところです。
概要は下記。

〜平成20年10月28日に松江市、米子市を中心市とし、境港市、安来市、東出雲町を含む4市1町が国の定住自立圏構想の先行実施団体として選定されました。
全国にもまれな、2つの県にまたがる、2つの中心市をもつ定住自立圏です。
今後は、松江市と米子市が中心となって、定住自立圏の将来像を記載する「定住自立圏共生ビジョン」や、具体的な取組を定める「定住自立圏形成協定」の策定に向け協議を進めていきます。〜
http://www.yonago-city.jp/section/sougouseisaku/sougouseisaku20090430.htm
http://www.yonago-city.jp/section/sougouseisaku/teijuu_kyoudousengen.pdf

ということで、いわゆる「中海圏域」でのリーダーシップは米子市・松江市が取るんだと宣言を行ったわけです。
ま、至極当たり前の"宣言"ですね。
このことが今後のこの圏域のまちづくりに、どのように反映されるのかまだまだ未知数というか、これからというのが現状ですね。
ただ、県境を越えての連携は昔から重要だと言われて久しいわけですが、なかなか現実のムーブメントにならなかったという事も事実です。
今回の構想に際して、積年の課題が実際に動き出した訳ですし、有る程度は評価、そして期待をして良いんじゃないかと思います。

私もこの件に関してまだまだ勉強不足です。
じっくりと腰を据えて取り組んでいきたいです。

|

« 自民党青年部・青年局・女性部合同大会 | トップページ | 山形の最年少市議が吠える »

コメント

なるほど。ありがとうございました!
どの地区でもこの定住自立圏構想がかけ声だけでまだ全然具体的な方向が見えてきていません。

内容的にはいいものだと思うので、是非松田議員さんもリーダーシップを発揮して、大山・中海圏の発展に一肌脱いでやって下さい。
頑張りましょう!

投稿: 湯原淳平 | 2009年6月 3日 (水) 10時39分

全部脱いじゃうと捕まりますので、一肌くらいにしておきます(笑)

投稿: 松田ただし | 2009年6月 3日 (水) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自民党青年部・青年局・女性部合同大会 | トップページ | 山形の最年少市議が吠える »