« 会派代表質問① | トップページ | 21年6月議会 関連質問② 「子どもの安全確保について」 »

21年6月議会 関連質問① 「地域の子育て支援について」 

昨日の終了時間22時...
皆さんお疲れ様でした。

それでは恒例の質問全編を公開します。
まずは、「地域の子育て支援について」。 

松田)まずもって野坂市長におかれましては、先般の米子市長選挙において、僅差ながら見事再選をはたされたということ、こころよりお慶び申し上げたいと思います。
しかしながら、選挙時にうけられた批判、または指摘についてはやはり真摯に受け止めていただきたいということを、失礼ながら冒頭に指摘しておきたいと思います。
市民の声に耳を傾ける姿勢、また、更なるリーダーシップの発揮、そしてより積極的なトップセールスの実施など、やはり他候補に向けられた期待感と言うものは、今までの野坂市長に物足りない部分であったと私自身も感じるところであります。
どうか新たな4年間の任期においてはこういった声を払拭出するような市政運営、そして政治家野坂やすおの新しい姿を見せていただきたいと言うことをお願いしたいと思います。
また、全国で各地青年会議所を中心に「ローカルマニフェストの検証会」が行われています。当市に於いてもそういった企画を行う用意があるようですので、しっかりとマニフェストの実現に努めていただきたいと思います。
それでは吉岡議員の質問に関連いたしまして、主に野坂市長の選挙公約「野坂康夫のマニフェスト」に添う形で質問をさせていただきます。

1.「地域の子育て支援について」
松田)マニフェストの1番目・2番目の政策と言うことで最も力を入れられると思うわけですが、まずは少子化対策・子育て支援についてどういった考え方で進めていかれるのか市長がお考えのこの4年間のビジョンを聞かせてください。
あわせて「後期次世代育成支援行動計画」の進捗をお聞かせいただきたい。

市長)この四年間でしっかりとやっていきたい。
また、「家庭における子育て支援対策」につきましても、子育て支援センターの拡充による、地域での子育て支援の充実を図って参りたいと考えております。
次に、次世代育成支援行動計画の進捗状況でございますが、現在、昨年度実施いたしましたアンケート調査の分析等行い、子育て支援センター等の今後の運営方針や数値目標を検討しているところでございます。
なお、第1回目の委員会を7月下旬に開催する予定で準備を進めているところでございます。

松田)少子化対策は、私自身最も重要な施策の一つであるという認識であります。
特に「親の就労と子どもの育成の両立」は、我々子育て世代にとって、もっとも重視していただきたい部分であります。是非とも実効的な施策を実施していただきたいと思います。
「後期次世代育成支援行動計画」、これは本年度中の策定に向け、順調に進んでいるものと理解いたしました。各地域の子育て環境の実態をしっかりと掴んでいただいた上で、さらに将来を見据えた計画を策定いただきますようよろしくお願いいたします。


松田)「大和保育園の子育て支援機能」について質問したいと思います。
野坂市長には、去る6月16日、大和公民館での「子育て広場」こちらの現地の視察を行っていただき、現場のお母さん方の声を聞いていただきました。
私も同席いたしまして、いろいろと意見交換を行っていただいたわけですが、ここで、改めて確認したいのですが、どういった意見が、要望が出ましたでしょうか?

市長)現在、大和公民館での「子育て広場」を利用されているお母様方との懇談会で頂戴いたしましたご意見・ご要望についての主な内容といたしましては、大和保育園で実施予定しております「子育て支援」に関するもので、
保育園の園庭が使用できないか
おもちゃは配備されるのか
場所について、大和保育園では狭いので、例えば淀江支所の利用等についても検討して欲しい
各地域の身近なところにセンターを設置して欲しい
「子育て支援センター」を作って欲しい
その他 母子健康手帳の交付を淀江支所で出来ないか
等のご要望をいただきました。
このうち、「おもちゃ」につきましでは、他の「子育て支援センター」と同様に配備することとしております。「保育園の園庭の使用」につきましては、園と調整しながら使用していただきたいと思います。
実際に、現場を見させていただいて、子育て中のお母様方のお話を色々とお伺いしましたところ、私の感想といたしましては、子育てというのは本当に大変なんだなと感じた。

松田)市長自らこういった意見交換を行っていただくと言うことは、素晴らしいことであると思います。今後も「市民の声を直に聞く」という姿勢を貫いていただきたいと思います。
さて、「支援センター機能」を大和保育園に付与されるとのことですが具体的にどういった形になるのか、またこれからのスケジュールをお聞かせください。

市長)本年、9月より、大和保育園で実施を予定しております「子育て支援」は、既存の「子育て支援センター」から職員を派遣することにより、親子同士の交流の場を提供するとともに子育て支援に関する相談業務を行おうとするものでございます。
今後は、実施後の利用状況等を踏まえ、この度の現地視察の際に頂戴いたしました、ご意見・ご要望について検討して参りたいと考えております。
また、従来の「センター型子育て支援センター」を設置するかどうかにつきましては、「次世代育成支援行動計画」を策定するなかで検討して参りたいと考えております。大和保育園で実施を予定しておりますのは、「子育て支援センター」の一部の業務でございます。

松田)9月からの実施と言うことですね。待ち望まれた施策ですので、しっかりと準備をして頂きたいと思います。
今回のケースは、今後の当市の子育て支援態勢においてのテストケースというような印象を受けるわけですが、今事業の補正予算の予算説明を見ますと、財源として県の補助金が使われるようですが、今後他の地域についてもこういった方式での支援拠点の拡大を考えていらっしゃるのかお聞かせ下さい?
それともう一点、こういった形で支援機能を保育園につけるということは、保育園の保護者との意見調整というか合意形成も必要になるんじゃないかと考えます。
支援機能は無料でのサービス提供ですよね。しかし同じ施設内であるにもかかわらず、かたや保育園の保護者は、決して安くない保育料を支払って同じ施設に子どもを預けているわけですので、お互いがきちんと趣旨を理解しておく必要があると思います。市長、そのあたりは大丈夫なのでしょうか?

福祉保健部長)今後、利用状況等を見ながら、有効であると判断できれば、当然のことながら、拡大も検討しなければならないと考えております。
意見調整につきましては、必要に応じて行って参りたいと考えております。

松田)了解しました。細かい現場対応をよろしくお願いしたいともいます。
保育園に関連してということで、もう一点だけ質問したいと思います。
私は平成20年9月議会で旧淀江幼稚園敷地の有効活用について質問しました、その際旧淀江幼稚園のグラウンド部分を保育園利用者の駐車場としての活用を提案しましたが、その後どうなったのかお聞かせ下さい。

福祉保健部長)現在、旧淀江幼稚園横の敷地は、保育園の園庭としては使用しておらず、地域の子どもや子供会行事で時々利用されている状況でございます。
 旧淀江幼稚園横の敷地の有効利用につきましては、保育園の送迎時の車の渋滞緩和を図るために、当面、試行的に園の職員駐車場として利用することとし、これにより園の職員が利用しておりました淀江公民館駐車場を、保護者の送迎用に利用していただくように考えております。

松田)淀江保育園もさることながら、淀江公民館も慢性的な駐車場不足ですので、非常に有効な活用策であると思います。残る跡地においても是非とも有効活用を図っていただきたいと言うことを要望しまします。

|

« 会派代表質問① | トップページ | 21年6月議会 関連質問② 「子どもの安全確保について」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 会派代表質問① | トップページ | 21年6月議会 関連質問② 「子どもの安全確保について」 »