« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

09後期一泊研修会

土日は米子JCの新入会員一泊研修会でした。
今回は8人の新しいメンバーが入ってくれることとなり、たいへん賑やかな研修会となりました。
8人全員が前向きに活動してくれそうな雰囲気です。
ともに頑張りましょうね!!

これで今年度の会員拡大活動は一段落です。
大道委員長以下、拡大委員会のみなさん、本当にお疲れ様でした。

さて、今日で今議会の質問戦は終わりです。
今議会では体調不良で遠藤議員が欠席されていますが、他の議員は全員が質問に立ちました。
意外だったんですが、これって松田が議員になって以来初めてです。
米子市議会では1議会で行う質問に人数制限はありませんので、原則全員が質問を行うことが出来ます。
(あっ、議長は出来ないかもしれない?)
今後もこういった傾向が続くと良いですね。


おっと時間です。
では、行ってきます。

| | コメント (0)

21年6月議会 関連質問③ 「ガイナーレ鳥取支援について」

今朝の日本海新聞に松田のガイナーレに関する質問の一部が載っていました。
私の名前は載ってませんでしたが(ノ_≦。)

最後になりますが、その詳細、「ガイナーレ鳥取支援について」

松田)米子市役所応援団、これやっと結成いただきました。
時間はかかりましたが、大きな前進であると思います。
当日は、各部長さん方、そして教育長のお姿も拝見いたしました。
残念ながら21日のゲームは残念な負け方をしてしまいましたが、次節以降も是非ともこの体制を引き続き継続していただきたいと思います。
次の東山でのゲームは9月6日ということで、かなり先になります。
その間のホームゲームは鳥取市のバードスタジアムで行われますので、是非足を運んでいただければと思いますが、市長いかがでしょうか?

市長)この間のスケジュールを見るとちょっと私が行くのは難しい。なにしろ一日仕事ですから…。

○Jリーグ昇格がもたらす影響について
松田)先ほどの壇上での吉岡議員の質問にもありましたように、今シーズン初の連敗を喫したといえど、現在Jリーグ昇格条件の4位以内を上回り2位ということで、昨シーズンまでに比べ格段の勢いがございます。チーム発足当初は夢物語だといわれたまJリーグが、すぐそこまで来ているのであります。
ホームタウン米子市としても、本市の発展、活性化の一つとして取り組むべき時期が来たように考えます。
ここでお伺いいたします。ガイナーレ鳥取のJリーグ昇格がこの地域に、またこの地域の子供たちにどういった効果がもたらされるとの認識があるのかお伺いしたいと思います。市長、教育長お願いします。

市長)ガイナー-レ鳥取のJリーグ昇格は、多くの県民、市民の夢であり、夢の実現は地域の活性化、経済への波及効果、「鳥取県」、「米子市」の全国的な知名度のアップなど様々な効果を生むものと考えております。
また子供たちにとっては、全国で一番人口の少ない県にあっても、頑張って努力すればプロのステージに立てるんだ、との大きな希望、励みにもなるものと思います。

教育長)米子市にはサッカー少年が本当にたくさんいます。彼等にとって大きな夢を与えてくれると思う。

松田)私も同感であります。
地域に帰属心「誇り」をもたらすという効果
持続的な経済効果
エンターテインメントの創出効果
そして何より子どもたちへ夢を与えるという効果
このような様々効果が考えられます。
ここでお伺いいたします。
マニフェストに“政策21「ガイナーレ鳥取のJリーグ昇格支援」”という項目があります。この部分を信じて一票を託した多くの市民のためにも、是非とも期待に応えていただきたいわけですが、マニフェストにこの項目を入れられた理由、想いをお聞かせください。

市長)先ほども申し上げましたが、ガイナー-レ鳥取のJリーグ昇格は、地域の活性化、経済への波及効果、「鳥取県」、「米子市」の全国的な知名度のアップなど様々な効果を生むとともに、子供たちに大きな夢と希望を与えるものです。
そのような想いから、米子市といたしましても可能な限りの支援をし、J昇格のバックアップをしたいと考え、マニフェストに入れさせていただいたものでございます。

松田)先程来よりJリーグ昇格の先には、この地域にとって素晴らしい未来が訪れるような議論を行っているわけですが、ここで、当市における現状、現実に戻りたいと思います。

○関連施設の未来像について
松田)市長は先日のゲームでの挨拶で「ガイナーレを全力でJに押し上げましょう!!」と気勢をあげられましたよね?
今正にJリーグ昇格が現実のものとなりつつあるわけですが、もしそうなった場合、ガイナーレがJ2に昇格した場合、米子市で試合が行われる可能性があるのでしょうか?その認識を伺いたいと思います。

市長)Jリーグに確認をしましたところ、J2基準を満たす施設のない本市の現状では、試合を行うことはできないとのことでございました。

松田)市長のご答弁のとおり、現在米子市が抱えるインフラでは、Jリーグのゲームが行われる可能性はほとんど「ゼロ」です。このことは、意外とご存じない方がいらっしゃいます。米子でのホームゲームに来ているサポーターのなかですら、この話をすると「えっ?」というリアクションをされる方が少なからずいらっしゃいます。で、具体的に何が足りないのか?私は初めての質問以来今議場で何回も指摘していますが、改めて説明いたしたいと思います。

ここにJリーグの試合実施要項の写しがあります。
Jリーグの試合を行うスタジアムの規程に以下の項目がございます。
・J1で15000人、J2で10000人収容のスタンド
・ナイトゲームを行うための照明設備
・ドーピングチェックを行うドーピングコントロール室
・マスコミ対応を行う記者室
・スポンサー対応を行う貴賓室

加えて当市の施設、東山陸上競技場においては、芝生の整備も必要となります。
以上の設備が整わなければ、Jリーグのゲームは米子市では行われません。
ガイナーレ発祥の地米子市、サポーターの間で「聖地」であると言われる東山、この地で試合が行われなくなってしまうということは、当市において非常に大きな損失であると思うのだが、市長の見解を求めます。

市長)試合を行っていただきたい気持ちはやまやまではございますが、J2の施設基準上、現状ではどうしようもないものでございまして、市民のみなさん、とりわけサポーターの皆様には申し訳なく、誠に残念なことではございますが、ご理解をいただきたいと存じます。

松田)市長おっしゃると通り、「現状では」可能性はありません。しかし、この機を座して見送るということは、今後の当市の発展、活性化の上であまりにも大きな損失であると考えるわけです。
こういった状況を受け、米子商工会議所青年部、鳥取県西部中小企業青年中央会、米子青年会議所、境港青年会議所で構成される鳥取県西部地区青年経済団体連絡協議会で、「米子でJリーグの試合が出来るよう求める署名活動」が始まりました。新聞報道もされましたのでご存知の方も多いと思いますが、青年経済人は、この問題について本気でなんとかしたいと考えていますし、多くの市民、とりわけ子どもたちは、スタジアム環境の整備を強く望んでいます。

とはいえ、先程お示しした条件をクリアーするには、小銭で何とかなるというもではありません。
私の案なのですが、東山の陸上競技場ではなく、米子市民球場に隣接する米子市営球技場、いわゆる「サッカー・ラグビー場」の段階的な整備を行うというのはいかがでしょうか?
とりあえず芝生の整備と観客席を設置し、ドーピングルーム、プレスルームなどは、野球場の施設を活用しながら運用を行えば、最低限の投資で最大の効果が得られるように考えています。
全国的に見ましても、こういった手法で段階的に環境整備を行っている自治体は数多くあります。
今シーズンJFLに参入した「町田ゼルビア」を抱える町田市では、既設の競技場に仮設スタンドを設置し、J昇格に備えると言うことです。
そして、財源としてはなんですが、私の調査によりますと、国土交通省の公園施設の補助メニューに該当するものがいくつかあるようです。スタジアム整備に向けて、こういった補助メニューの活用について当局の見解を求めます。

市長)J2対応のためのサッカー場整備につきましては、二十億円以上の経費が必要となるものと推定しておりますので、整備についての費用対効果、市民の合意形成の可否など検討する必要がありますが、ご提言の内容について、コスト面、事業手法など調べてみたいと存じます。

松田)先日の東山のゲームから青経連の署名活動が始まりました。今後署名がどのくらい集まるのか未知数ではありますが、相当数集まると予想されます。先程ご紹介しました町田市では当初10000人を目標にした署名運動に対し、約30000人の署名がよせられたと聞いています。

野坂市長のマニフェストの4本の柱、はこうですよね?
1,こどもに夢を、お年寄りに元気を!
2,誇りとゆとりの米子を!
3,活力みなぎる米子を!
4,市民のために挑戦する市役所を!

ガイナーレは
1,子どもたちに夢を与えます
2,米子に誇りを醸成します
3,米子に活力をもたらします

4,そして、あらゆる手段を講じて予算確保をおこなう、挑戦する市役所であってください。

是非とも私の案も含めてご検討いただき、早期に市民の声に、米子市の子どもたちの夢に応えて頂きたいということを強く要望して質問を終わります。

| | コメント (5)

21年6月議会 関連質問② 「子どもの安全確保について」

次、「子どもの安全確保について」

西原佐陀線について
松田)同僚の渡辺照夫議員を始め、淀江出身の先輩議員のみなさんが、もう何回もご質問されてるわけですが、なかなか解決の目処がたっていないように感じます。
この道路の懸案事項は大きく2点、日吉津村との境界部分の「後池橋」の整備、そして、淀江支所前交差点周辺の整備であります。日吉津村部分においては、日吉津村議会において、設計予算、約2200万円が議決され、22年度の施工が予定されていると聞いておりますが、米子市部分についての進捗が見えないんですよね。淀江支所前交差点周辺部分は小学生の通学路になっており、PTA等からも整備要望が何度か上がっていると思うが、教育長はこちらの現状を把握されていますでしょうか?

北尾教育長)国道9号線の淀江支所前を起点とする市道西原・佐陀線の交差点周辺の通学路については、一部歩道の未施工区間があり、児童が路側帯を登下校し、危険な状況です。現状については、平成19年12月13日付の淀江小学校、保護者、自治会長連合会等の要望書により、伺っております。また、現場については、就任後に行なった学校施設回りの機会を利用して、把握しております。児童の安全を確保する観点から、歩道の早期完成について、関係部署と協議しながら進めてまいりたいと思います。

松田)北尾教育長におかれては、現場をきっちりと確認していただいていると言うことで、感謝申し上げたいと思います。今後も現場本位の考え方で教育行政の牽引に努めていただきたいと思います。
それを踏まえてなんですが、市長、現在どの程度進捗があるのかお聞かせ下さい。

市長)淀江支所前、国道9号交差点、及び北側の約60メートルの歩道未整備カ所の進捗につきましては、いずれも関係者の理解を得られていない状況です。今後、日吉津村施工の後池橋が完成すれば、さらに交通量の増加が予測されますので、早期整備に向け今後も関係の方々と粘り強く交渉しご理解を得られるよう努力したいと考えております。

松田)相手があることですので、まあなかなか難しいことであるとは思います。しかし、先程市長にご答弁いただいたように今後、交通量がさらに増え、子どもに対する危険が増大してくることは容易に予想できるわけです。
野坂市長はもとより、建設部、淀江支所、教育委員会、また国交省とも連携して少しでも早期に関係者のご理解が得られるよう頑張っていただきたい。
この事を強く要望しておきます。


淀江中学校武道館について
松田)こちらの施設は老朽化が非常に進んでいます。
現場の現状把握は出来ていますでしょうか?

教育長)淀江中学校武道館は、昭和45年に建設された木造施設で、40年近く経過し老朽化が進んでおります。現在は、授業には使用されていませんが、専ら部活動に使用されていると聞いております。
現状については、以前に当学校に勤務していたこともありましたし、就任後に行なった学校施設回りで、状況把握しております。
今後の施設整備については、施設の状況や学校の状況等を含め考えたいと思います。

松田)入・卒業式のおり、副市長、教育総務課長にも現地を見ていただいたと思います。政府の補正予算にも、学校の武道館整備に関する新たな補助メニューが提示されておりますし、安心安全の観点から早期整備に向けての検討を行っていただきたいのですが、市長、教育長、ご見解を求めます。

市長)行政は限られた財源の中で、あらゆる行政分野全般にわたって対応していく必要があります。教育予算についても、その必要性を個々に精査し、真に必要な予算は確保に努めたいと思います。

教育長)学校施設の整備については、第1に児童生徒の安全に関するもの、第2に授業等に影響を及ぼすもの、第3に施設を維持する上で必要なもの等を建物の老朽化、各学校の状況等を比較・検討しながら、緊急性の高いものから整備して教育環境の改善を考えていきたいと思います。

松田)市内中学校で武道館の整備が出来ていないのは、確か淀江中学校だけですよね?是非とも早期の整備をしていただきますよう、要望します。

| | コメント (0)

21年6月議会 関連質問① 「地域の子育て支援について」 

昨日の終了時間22時...
皆さんお疲れ様でした。

それでは恒例の質問全編を公開します。
まずは、「地域の子育て支援について」。 

松田)まずもって野坂市長におかれましては、先般の米子市長選挙において、僅差ながら見事再選をはたされたということ、こころよりお慶び申し上げたいと思います。
しかしながら、選挙時にうけられた批判、または指摘についてはやはり真摯に受け止めていただきたいということを、失礼ながら冒頭に指摘しておきたいと思います。
市民の声に耳を傾ける姿勢、また、更なるリーダーシップの発揮、そしてより積極的なトップセールスの実施など、やはり他候補に向けられた期待感と言うものは、今までの野坂市長に物足りない部分であったと私自身も感じるところであります。
どうか新たな4年間の任期においてはこういった声を払拭出するような市政運営、そして政治家野坂やすおの新しい姿を見せていただきたいと言うことをお願いしたいと思います。
また、全国で各地青年会議所を中心に「ローカルマニフェストの検証会」が行われています。当市に於いてもそういった企画を行う用意があるようですので、しっかりとマニフェストの実現に努めていただきたいと思います。
それでは吉岡議員の質問に関連いたしまして、主に野坂市長の選挙公約「野坂康夫のマニフェスト」に添う形で質問をさせていただきます。

1.「地域の子育て支援について」
松田)マニフェストの1番目・2番目の政策と言うことで最も力を入れられると思うわけですが、まずは少子化対策・子育て支援についてどういった考え方で進めていかれるのか市長がお考えのこの4年間のビジョンを聞かせてください。
あわせて「後期次世代育成支援行動計画」の進捗をお聞かせいただきたい。

市長)この四年間でしっかりとやっていきたい。
また、「家庭における子育て支援対策」につきましても、子育て支援センターの拡充による、地域での子育て支援の充実を図って参りたいと考えております。
次に、次世代育成支援行動計画の進捗状況でございますが、現在、昨年度実施いたしましたアンケート調査の分析等行い、子育て支援センター等の今後の運営方針や数値目標を検討しているところでございます。
なお、第1回目の委員会を7月下旬に開催する予定で準備を進めているところでございます。

松田)少子化対策は、私自身最も重要な施策の一つであるという認識であります。
特に「親の就労と子どもの育成の両立」は、我々子育て世代にとって、もっとも重視していただきたい部分であります。是非とも実効的な施策を実施していただきたいと思います。
「後期次世代育成支援行動計画」、これは本年度中の策定に向け、順調に進んでいるものと理解いたしました。各地域の子育て環境の実態をしっかりと掴んでいただいた上で、さらに将来を見据えた計画を策定いただきますようよろしくお願いいたします。


松田)「大和保育園の子育て支援機能」について質問したいと思います。
野坂市長には、去る6月16日、大和公民館での「子育て広場」こちらの現地の視察を行っていただき、現場のお母さん方の声を聞いていただきました。
私も同席いたしまして、いろいろと意見交換を行っていただいたわけですが、ここで、改めて確認したいのですが、どういった意見が、要望が出ましたでしょうか?

市長)現在、大和公民館での「子育て広場」を利用されているお母様方との懇談会で頂戴いたしましたご意見・ご要望についての主な内容といたしましては、大和保育園で実施予定しております「子育て支援」に関するもので、
保育園の園庭が使用できないか
おもちゃは配備されるのか
場所について、大和保育園では狭いので、例えば淀江支所の利用等についても検討して欲しい
各地域の身近なところにセンターを設置して欲しい
「子育て支援センター」を作って欲しい
その他 母子健康手帳の交付を淀江支所で出来ないか
等のご要望をいただきました。
このうち、「おもちゃ」につきましでは、他の「子育て支援センター」と同様に配備することとしております。「保育園の園庭の使用」につきましては、園と調整しながら使用していただきたいと思います。
実際に、現場を見させていただいて、子育て中のお母様方のお話を色々とお伺いしましたところ、私の感想といたしましては、子育てというのは本当に大変なんだなと感じた。

松田)市長自らこういった意見交換を行っていただくと言うことは、素晴らしいことであると思います。今後も「市民の声を直に聞く」という姿勢を貫いていただきたいと思います。
さて、「支援センター機能」を大和保育園に付与されるとのことですが具体的にどういった形になるのか、またこれからのスケジュールをお聞かせください。

市長)本年、9月より、大和保育園で実施を予定しております「子育て支援」は、既存の「子育て支援センター」から職員を派遣することにより、親子同士の交流の場を提供するとともに子育て支援に関する相談業務を行おうとするものでございます。
今後は、実施後の利用状況等を踏まえ、この度の現地視察の際に頂戴いたしました、ご意見・ご要望について検討して参りたいと考えております。
また、従来の「センター型子育て支援センター」を設置するかどうかにつきましては、「次世代育成支援行動計画」を策定するなかで検討して参りたいと考えております。大和保育園で実施を予定しておりますのは、「子育て支援センター」の一部の業務でございます。

松田)9月からの実施と言うことですね。待ち望まれた施策ですので、しっかりと準備をして頂きたいと思います。
今回のケースは、今後の当市の子育て支援態勢においてのテストケースというような印象を受けるわけですが、今事業の補正予算の予算説明を見ますと、財源として県の補助金が使われるようですが、今後他の地域についてもこういった方式での支援拠点の拡大を考えていらっしゃるのかお聞かせ下さい?
それともう一点、こういった形で支援機能を保育園につけるということは、保育園の保護者との意見調整というか合意形成も必要になるんじゃないかと考えます。
支援機能は無料でのサービス提供ですよね。しかし同じ施設内であるにもかかわらず、かたや保育園の保護者は、決して安くない保育料を支払って同じ施設に子どもを預けているわけですので、お互いがきちんと趣旨を理解しておく必要があると思います。市長、そのあたりは大丈夫なのでしょうか?

福祉保健部長)今後、利用状況等を見ながら、有効であると判断できれば、当然のことながら、拡大も検討しなければならないと考えております。
意見調整につきましては、必要に応じて行って参りたいと考えております。

松田)了解しました。細かい現場対応をよろしくお願いしたいともいます。
保育園に関連してということで、もう一点だけ質問したいと思います。
私は平成20年9月議会で旧淀江幼稚園敷地の有効活用について質問しました、その際旧淀江幼稚園のグラウンド部分を保育園利用者の駐車場としての活用を提案しましたが、その後どうなったのかお聞かせ下さい。

福祉保健部長)現在、旧淀江幼稚園横の敷地は、保育園の園庭としては使用しておらず、地域の子どもや子供会行事で時々利用されている状況でございます。
 旧淀江幼稚園横の敷地の有効利用につきましては、保育園の送迎時の車の渋滞緩和を図るために、当面、試行的に園の職員駐車場として利用することとし、これにより園の職員が利用しておりました淀江公民館駐車場を、保護者の送迎用に利用していただくように考えております。

松田)淀江保育園もさることながら、淀江公民館も慢性的な駐車場不足ですので、非常に有効な活用策であると思います。残る跡地においても是非とも有効活用を図っていただきたいと言うことを要望しまします。

| | コメント (0)

会派代表質問①

今日は新風の代表質問日です。
現在昼休憩なんですが、松田の出番は何時になるのかと言う感じです。
今のペースだと17時頃かな〜?

それと本日タイムキーパーの任務を仰せつかっています。
間違えないようにしなくてわ。


何て言ってましたが、16時ごろ順番が回ってきました。
報告はまた後ほど行いますが、まあやりきったかなと思います。

| | コメント (0)

21年6月議会開会中

昨日から会派の代表質問が始まっています。

日程と持ち時間は下記の通りです。
(持ち時間は 人数×30分)

23日 自民クラブ 180分
24日 公明党   120分
25日 共産党    90分
26日 新風    330分
29日 未来    120分

26日の金曜日が新風の出番です。
発言順は、
吉岡→谷本→岩崎→松田→野坂〜(中略)→渡辺ジ
こんな感じですので、松田の出番は15時以降といった感じでしょうか?
そう言えば内田議員が入ったから、持ち時間が1人分増えてますね。今気がつきました。
去年の終わり時間が21時でしたので、それ以上いっちゃいますかね〜。

今日で2会派が終わりましたが、みなさん結構やさしいタッチで行ってますね。
自民クラブさんもご祝儀相場なのでしょか、選挙前のタッチと明らかに違います。

明日からいわゆる革新系の会派が始まります。
果たしてどうなりますか!?

| | コメント (0)

国土交通省 中国整備局 突撃!!

Dscf0024

22日、議会の閉会日を縫って、広島の「国土交通省中国整備局」に野坂道明議員と行ってきました。
日帰りの弾丸ツアーです(笑)
電車・バスを乗り継いで広島合同庁舎へ!!

松田「米子市議会の松田と言いますが、公園整備の担当課は何階ですか?」
「え?ここじゃないですよ」

ゲっ・・・

違う事務所に行ってました。

幸い歩いて3〜4分の場所に担当課の事務所はありましたが、全然違うところだったら思うとゾッとします。
リサーチは大事ですね(゚ー゚;


国交省の担当官には、丁寧に対応いただきありがとうございました。
良い「お土産」が持って帰れましたよ!!

セッティングしてくれた赤沢亮正事務所のスタッフのみなさん、本当にありがとうございました。


Dscf0027
(新幹線から見た、マツダスタジアム)

| | コメント (2)

スタジアム改修の署名運動開始!!

Dscf0020

米子JCも参画している鳥取県西部地区青年経済団体連絡協議会(以下、青経連)で、米子でJリーグの試合が出来るよう求める署名活動が始まりました。
http://www.nnn.co.jp/news/090622/20090622022.html
(日本海新聞)

運動初日の21日の東山では松田も参加。
多くの皆さんに署名をいただきました。
新聞記事だと600人?
僕だけでも100人以上もらった気がするんですが、気のせいでしょうか?

今後、いろんな場面でいろんな人がお願いすると思いますので、是非ともご協力お願いします。

私的目標50000人!!


あ、試合は最悪でした。
全く見せ場もないままの敗戦。
これには、サポーターも大爆発。
今まで聞いたこと無いボリュームのブーイングが巻き起こりました。
もっとしっかり戦えと...。
このブーイングは、愛情の裏返しだと思います。
ここが最初の正念場だと思います。
チームの奮起を願います。

そうそう、それと、遅ればせながら野坂康夫団長率いる「米子市役所応援団」が結成されました。
そして、この日が初応援。
市幹部のみなさん、教育長ら多くの関係者に集まっていただきました。
今後も続けていただきたいですね。

| | コメント (2)

トイレ磨きは心磨き

Dscf0009
20日に行った、米子JCのトイレ掃除事業の報告を。
堀口委員長率いる指導力開発委員会の事業です。

やること

便器をひたすら磨きます。素手で!!(゚ロ゚屮)屮


僕はあんまり抵抗無かったんですが、ダメな人はダメみたいですよね。
正味一時間の作業でしたが、楽しく過ごすことが出来ました。僕は。

堀口委員長、そしてメンバーのみなさんお疲れ様でした。
Dscf0014
Dscf0015

| | コメント (0)

田母神 俊雄 講演会③

田母神閣下の講演会は凄い反響でした。
僕なんかのブログにも、コメントもたくさん頂いて感激です。
懇親会場が本当に満タンでしたし、当日申し込まれた方も多かったみたいなので、しばらく並んだのですがご遠慮させていただいたというのが本当のところです。

さて、この週末の動き

20日 JCリーダーシップ養成事業で北高のトイレ掃除

21日 県PTA西部地区指導者研修会
    ガイナーレ署名活動

そして今日は、国土交通省との折衝で広島へ...。

質問原稿を精査する時間がない。
電車の中で頑張ります。


| | コメント (0)

田母神 俊雄 講演会②

田母神閣下、行ってきましたよ〜!!

会場は満タン。
1000人は入ってたんじゃないですかね。
国際会議場にあんなに人がいるの初めて見ました\(;゚∇゚)/
また、懇親会の登録もしていたのですが、懇親会場のあまりの混雑ぶりに失礼いたしました。
ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。

お話の内容は皆さんご存知の通り、田母神閣下の国家観、教育観、自衛隊観といったもので大変楽しく効くことが出来ました。

詳しい内容は著書などを見ていただくとして、面白かった発言を一言だけ。

「保守の言論を行う産経新聞、正論にはもっと頑張ってもらわないといけない。そして保守的な考えの団体、日本会議、日本青年会議所、倫理法人会、こういった団体の会員数がもっと増えることが必要だ」

保守団体、俺、全部関係者だ...( ̄Д ̄;;

ということで、改めて自分の素性について考えさせられた講演会でした(汗)

| | コメント (4)

21年6月議会 今日開幕

臓器移植法改正の改正法案が衆議院を通過しました。
しかもいわゆるA案が通った形です。
家族の同意があれば、0歳からの臓器提供が出来るというものです。
これで、多くの子どもが救われることになります。

しかし、反対にもし自分の子が脳死状態になったら....。

受け入れるしかないのかなと思います。
受け入れて他の子の命が救えるのなら、提供したいと思います。いまは。

「いまは」と書いたのは、実際そうなってみないと、子供の脳死を受け入れられるかどうかなんて、きっと分からないことだと思うし、今は受け入れられる様な気がしていても、実際はそうはいかないかもしれないからです。
参議院でどうなるのか判りませんので、まだまだ曲折が予想されます。

さて、今日から21年6月議会が開会されます。
「第2期野坂市政」しっかりとチェックしていきたいと思います。 

| | コメント (0)

田母神俊雄 講演会

Tamo1
明日、田母神 俊雄 元空幕長の講演会がビッグシップ国際会議場で行われます。
関係者の方に伺いましたところ、結構な勢いでチケットが売れているようです。
前売りは今日までだと思いますので、是非お買い求め下さい。
松田も行きます。
会場で会いましょう!!

さて、麻生総理が党首討論で触れたかった「外交防衛」についての新聞記事です。
昨日の討論では苦し紛れに出ちゃった感じでしたが、この部分はきっちりと議論するべき課題だと思います。

【危うい「友愛」外交】(3)消えぬ「有事駐留」幻想
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090618/stt0906180805001-n1.htm

| | コメント (0)

21年6月議会 関連質問項目提出

Tukoku

昨日、会派代表質問(吉岡議員)に関連して行う質問項目を提出しました。
松田の質問項目は下記の通りです。

1、地域の子育て支援について
 ① 後期次世代育成支援行動計画の進捗について
 ② 大和保育園の子育て支援機能について

2、子どもの安全確保について
 ① 西原佐陀線について
 ② 淀江中学校武道館について

3、ガイナーレ鳥取支援について
 ① Jリーグ昇格がもたらす影響について
 ② 関連施設の未来像について

26日が新風の質問日です。
松田は3番手で登場の予定。
長丁場ですが、がんばりたいと思います。

さて、昨日の「党首討論」見ましたか?
なんだか麻生総理も鳩山代表も、お互いの論点を外すことに終始していたように感じます。
あと、時間が短いですよね。
もっと正面から、我が国の未来について語っていただきたいなと思いました。

| | コメント (0)

活動報告書3号発行 子育て広場訪問

3omote
3ura
以前お知らせしていました「活動報告書3号」が完成しましたので、本日の日本海新聞淀江地区限定で折り込みました。
今朝から早速反響の電話がかかってきてます( ̄ー ̄)ニヤリ
このブログからも「JPG」ですが一応見れますので是非ご覧下さい。

さて昨日なんですが、野坂市長・児童家庭課 木村課長と子育て広場に視察・意見交換に行ってきました。
今議会に「大和保育園に子育て支援室を設ける」という補正予算があがりまして、じゃあ現場の声を聞きに行こうということです。
市長も多忙なか時間を割いてくれました。
短時間でしたが、子育てに関する意見、母子手帳の交付に関する意見等々、生の声が聞けたように思います。

遅くても秋までには実施される予定ですので、少しでも皆さんの意見が反映されるよう、努力したいと考えています。

Kosohiro

| | コメント (0)

痛い失点

Dscf0003

ブラウザの不調は「StandSafari」というプラグイン、こいつが悪さをしていました。
サファリ4さん、言いがかりを付けてごめんなさい。
上記を外した瞬間、もの凄くスピードアップしました。
お勧めですよ〜ヽ(´▽`)/

さて「米子JC6月第1例会」ですが、素晴らしい講演を聞くことが出来ました。
講師の山口先生、本当にありがとうございました。
以下抜粋。

「子どもの問題は大人の問題である」
「自分の子どもをおもちゃにするな」
「使命感無きところに、力は生まれない」
「負けたことのない勝利者はいない」
「大人たちが地域の子どもを自分の子どものように見ているか?」
「子どもに尊敬される大人になれ」

会場のふれあいの里には多くの地域住民の方に来ていただきました。
この場をお借りして御礼申し上げます。

設営に一言。
国歌は参加者全員で歌うものです。
ここだけが大きな失点でした。
しかしその他は良かったですよ!!
青少年委員会のみなさん、お疲れ様でした。

Dscf0018

日曜日は自民党街宣車での街宣活動の予定でしたが訳あって中止。
ということで、「あこ」と久しぶりにバードに行ってきました。

結果は...

あの失点は無いわ(ノ∀`) アチャー

流経大とは相性悪いですね。
廣中一家と一緒に行ったのですが、もうクタクタです。
せめて汽車でサッと移動できると良いんですがね。
米子で試合が出来る環境を整備しないといけないな〜と思いました。
21日は米子でのホーム戦です。
今度は勝ってくれよ!!
Dscf0025

| | コメント (0)

鳩の乱?

ブラウザーを「サファリ4」にアップグレードしたんですが、もう最悪です。
「Yahoo!」を開くとフリーズするんですよ!!
なんとかしてくれ〜!!

鳩山大臣辞任の衝撃のさなか、千葉市で31歳の市長が当選されました。
民主党の推薦候補、元市議だそうです。
若くして当選されたわけですので、いろん面で大変だと思いますが、ぜひとも素晴らしい市政運営行っていただけますようお祈りいたします。

さて、

鳩山大臣の一件は正直申し上げまして、訳分かんないです。
改選後へ向けての動きなのか、はたまた郵政マネーを巡るゴタゴタなのか、焦点がぼやけているように感じます。

ただ一つだけ言えることは、「しっかりして欲しい」ということです。

選挙までに自民にしても民主にしても、まだまだいろいろとありそうですが、こんな調子では困っちゃいます。

麻生先輩!!
なんとかお願いしますよ!!

| | コメント (0)

鳥取県議会訪問記

Dscf0020 Dscf0032 Dscf0054 Dscf0046 Hikae

遅くなりました。 県議会の傍聴に行って来ました。 廣江先生お元気ですね。 あのお年で、あの闊達さはもはや神の領域です。 私もこうありたいですね。 そして平井知事。 まあよくしゃべられます。 新聞報道の通りですね(゚ー゚; 1の質問に10くらい返ってきます。 最後は会派「自由民主党」の控え室。 うちらの控え室の3倍は優にありました。 県議会では、"やっと"会派がまとまりました。 今後もいろいろとあるとは思いますが、ぜひともこのまま行っていただきたいですね。 (なんか改行が反映されて無いみたいです。見にくいですが勘弁してください。)

| | コメント (0)

米子JC面接会

昨日は鳥取県議会の傍聴を終えた後(詳細は後ほど)、米子JCの面接会を行いました。
今回面接した方は7名。
みなさん素晴らしい可能性を秘めた青年でした。
今後の活動が楽しみです。

後期入会の締め切りまでもう少しあります。
拡大委員会皆さん。最後の詰めが肝心です。
悔いの残らないようにしっかりと活動してください。

| | コメント (0)

過去最高位!!

Rank2
今日の松田家の起床時間は5時半(通常6時半)
うちの朝は、あこ・ここが各自セットした目覚まし時計で始まります。
しかし今日はあこの時計だけしか鳴りませんでした。
「ここさんの目覚ましは鳴らんね〜」なんて言ってたんですが、それもそのはず、あこが間違えて5時半に目覚まし時計をセットしていたのが理由。
朝飯を食べかけて気がつくという、間抜け一家でした。

さて、久しぶりに「鳥取県議員サイトアクセスランク」を見てびっくり。
なんと2位になってるじゃありませんか!!
神宮議員にはトリプルスコアで負けてますが(;´▽`A``

今後もがんばりますので、よろしくお願いいたします。。


今日は県議会の傍聴に鳥取に行って来ます。
先日の街頭演説の折、廣江県議が自民党の代表質問をされるという情報をキャッチ。
見に行ったこと無いので、良い機会ですので勉強してきますわ。

| | コメント (0)

活動報告書第3号 校正中

いまの校正をしています。
4月くらいには草案は出来ていたのですが、市長選挙とかなんだかんだでこんな時期になってしまいました。
今日で最終校正を終えて、6月議会開会までになんとか発行できればと思っています。
さて、この報告書の作成なんですが結構手間がかかります。

僕の場合こういった手順です。

素案をイラストレーターで作成(自分で)

データを印刷屋さんに渡してデザイン調整

松田校正

嫁さん校正

最終校正

最短でこういった流れです。
この行程のほとんどをデータの受け渡しでやっちゃいます。
それと、最初の部分を自分でするのでコストと時間はかなり節約出来てんじゃないかと思います。
完成までもう少しお待ち下さいね。


「政権交代すれば財政支援」民主・鳩山代表が夕張市長に“口約”(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090608/stt0906082257009-n1.htm
なんでもありですね。
うちの市長にも教えてあげねば┐(´д`)┌ヤレヤレ


| | コメント (0)

めでたくも忙しい週末

Issei
(画像・記事を少し追加しました。)
今週末はマジで忙しかったです。
金曜日
赤沢青年部の会議・懇親会
代理出席にもかかわらず、懇親会の中締めをさせていただきました。
K先輩、H監事、修練をありがとうございます。

土曜日
友人の結婚式→商工会議所青年部30周年記念式典・懇親会→結婚式二次会
しゅうちゃん・さっちゃん おめでとう!!
披露宴の祝福ビデオに快く出演していただいた、石破大臣・赤沢代議士・平井知事・野坂市長・ハメド選手、本当にありがとうございました。
バカウケでしたよ!!

あと、青年部のみなさん、おめでとうございます。
今後も青経連でこの地域のためにともに頑張っていきたいと思います。


日曜日
「自民党青年部全国一斉街頭演説会」
赤沢亮正衆院議員・田村耕太郎参院議員・上村忠史県議・福本竜平県議
以上の皆さんを弁士に迎え、松田は司会をさせていただきました。
テーマは「北朝鮮の横暴を絶対にゆるすな!」でしたが、私たちの想いは伝わりましたでしょうか?
今後も我が国として断固した態度を取るよう主張していきたいと思います。


さて、日曜日の街頭演説会は午前中で失礼したんですが、帰ったら死んだように眠っていました。
以前はこれ位のバタバタ、どうって事無かったんですが、最近踏ん張りが効かない気がします。
松田も今年で36歳。
少し前にも白髪が増えて来たって書いたんですが、そんな年回りなんですかね(ノ_-。)

めでたいと言えば、代表がワールドカップ出場を決めましたね。
しかし、ガチのアウェイって凄いっすね。
日韓WCの韓国戦以来、久しぶりにここまであからさまなジャッジを見た気がします。
本戦でいかに戦うかが課題です。
残り一年ですが、頑張って頂きたいです。

アウェイと言えば、ガイナーレも二位横河をアウェイで撃破しました。
これでがっちり首位をキープ。
21日の米子市での試合が待ち遠しいです。

| | コメント (0)

友愛外交

http://www.chosunonline.com/news/20090606000004

勝手に個人的に謝ってくださいね。

| | コメント (0)

「裁判員制度」初適用?

Yamaguchi

米子市で税理士の先生が殺害される事件がありました。
現場のビルは赤沢亮正代議士の家の真横(;´▽`A``
いや〜驚きました。

現場の近所に会社がある友達は「取材がいっぱい来てかなわん」って言ってました。
昨日がいな祭の事務局にいたら、その件だけで本部長に取材に来てました( ゚д゚)ポカーン
まったく意味不明...。

容疑者は捕まってますが、早期の真相解明が求められます。

しかし、この事件って「裁判員制度」が県内で適用される初めての事件になるんじゃないですかね。
たしか殺人等の重大事件にのみ適用されるんじゃなかったでしたっけ?
何はともあれ、被害者の方のご冥福をお祈りいたします。

画像は全く関係ないですが、ふたたび米子JC公開例会のご案内。
6月12日 18:30開場
      19:00~20:15講演
会場 米子市福祉保険総合センターふれあいの里
講師 山口 良治氏
演題 「泣き虫先生の教育論」~大人が今 子供達に何をすべきか~
本例会は、一般の方への公開例会です。入場無料ですが席に限りが
ございますので、事前予約御希望の場合は下記までご連絡下さい。
米子青年会議所事務局 
TEL:0859-22-6622 9:00~17:00(土、日、祝日は除く)

| | コメント (0)

山形の最年少市議が吠える

新規投稿ののページにブログネタになるようなニュースが載っています。
たまに参考にさせてもらうのですが、今日は「最年少議員が痛烈な鳩山批判」という記事が目に入りました。
ん、内紛か?と思ったのですが、
伊藤香織 山形市議の話題でした。
http://news.cocolog-nifty.com/cs/article/detail/domestic-200906021734/1.htm?c=app.1
http://www.senkyo.janjan.jp/bin/candidate/profile/profile.php?id=132979

確かに立ち方がふにゃふにゃしてますね(笑)
しかし、言ってることは至極正論!!
山形1区から衆議院に出られるみたいですね。
いいぞ〜 がんばれ!!(←お前も頑張れ)

関連してですが、6月7日の10時頃 米子駅前サティー前で自民党青年部で街頭演説を行います。
テーマは「北朝鮮の横暴を絶対にゆるすな!」です。
是非ともお越し下さい。

| | コメント (0)

定住自立圏構想

湯原淳平さんからこんなコメントいただきました。

そういえば、定住自立圏構想について米子市はどう動いていますか??
今日自分のブログにそのことを少し書いてみましたが。
是非、渦中の状況を知りたいです!

返事が遅くなってすいません(*_ _)人ゴメンナサイ

そもそも「定住自立圏構想」とは何か?ですが、米子市のHPに分かりやすい説明が載ってたので転載します。

〜中心市と周辺市町村が協定を結ぶことにより役割分担し、相互に連携協力しながら住みよい生活圏域の形成を進める構想です。また、「中心市」は、その圏域全体の暮らしに必要な都市機能をもつ、中心的役割を担う都市のことです。〜


で、米子市では4月30日に共同中心市宣言を発表したところです。
概要は下記。

〜平成20年10月28日に松江市、米子市を中心市とし、境港市、安来市、東出雲町を含む4市1町が国の定住自立圏構想の先行実施団体として選定されました。
全国にもまれな、2つの県にまたがる、2つの中心市をもつ定住自立圏です。
今後は、松江市と米子市が中心となって、定住自立圏の将来像を記載する「定住自立圏共生ビジョン」や、具体的な取組を定める「定住自立圏形成協定」の策定に向け協議を進めていきます。〜
http://www.yonago-city.jp/section/sougouseisaku/sougouseisaku20090430.htm
http://www.yonago-city.jp/section/sougouseisaku/teijuu_kyoudousengen.pdf

ということで、いわゆる「中海圏域」でのリーダーシップは米子市・松江市が取るんだと宣言を行ったわけです。
ま、至極当たり前の"宣言"ですね。
このことが今後のこの圏域のまちづくりに、どのように反映されるのかまだまだ未知数というか、これからというのが現状ですね。
ただ、県境を越えての連携は昔から重要だと言われて久しいわけですが、なかなか現実のムーブメントにならなかったという事も事実です。
今回の構想に際して、積年の課題が実際に動き出した訳ですし、有る程度は評価、そして期待をして良いんじゃないかと思います。

私もこの件に関してまだまだ勉強不足です。
じっくりと腰を据えて取り組んでいきたいです。

| | コメント (2)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »