« 補正予算 子育て応援特別手当!! | トップページ | クッキーダイエット »

米子市特別職報酬等審議会の答申 〜議員報酬〜

本日議員報酬に関する答申が出ましたので、そのまま記載します。


特別職の報酬等について(答申)

平成21年1月8日付けで諮問のあった特別職の報酬及び給料の額並びに実施時期について、社会経済情勢、本市の財政状況、他団体の状況など諸般の事情を考慮のうえ、4回の審議会において慎重審議の結果、全会一致をもって下記のとおりとすることを適当と認めたので答申します。
なお、現在の社会経済情勢を踏まえ、今後、1年以内に改めて報酬審議会を開催され、特別職の報酬及び給料の額を検討されるよう、合わせて答申いたします。
 

1 報酬月額及び給料月額
   議 長 報酬月額 541,000円
   副議長 報酬月額 475,000円
   議 員 報酬月額 440,000円
   市 長 給料月額 950,000円

2 実施時期
   平成21年4月1日


ということで、議論を呼んだ議員報酬は、当初の12%減の現状のままとなりました。
定数に関する答申も無かったのですが、今後議会の中で果たしてどうのような議論が行われるのか注目されます。
定数減で単純に少数精鋭化が図れるのかというと甚だ疑問が残りますし、議会の永遠の課題なのかも知れません。

|

« 補正予算 子育て応援特別手当!! | トップページ | クッキーダイエット »

コメント

初めまして、入江陽介氏のウエブで先生のことを知り、当項目を通して、平素、市議に対しての活動には、やや疑義を抱いていた一人で、チャンスと思い一筆した次第です。
市議活動は、毎月配布される「よなご市議会だより」で知るのみ。市議会報告等を何等かの方法で行っておられる議員さんがどの程度おられるか。殆どいないのでは、疑問です。県議のある方は、終了後会議内容を自分で作り、印刷して、配布され、年1回は報告会までやられおられる。このことが、議員活動と私は思うがいかがですか?「市議会だより」で余りにも考えの浅薄、根拠の不明確、即ちお粗末さと感じたので質問、感想を述べるも返答なし。いったい市議会議員とはなんたるや!報酬については、適当かどうかを述べるものではないが、意見書(政府の提出用)はお座成り、何ら米子として真に訴えるものでなく勝算は疑問?委員会の指摘、要望事項内容を見ても然り。財政状況を考えるならば、自分たち議員の報酬は自分たちでどうか検討すべきと思う。議員活動が出来ないという人がおられる様ですが、入江陽介氏のコラムでは数十万の政務費が支給されているとのこと、どうなのですか。議員は聖職的性格と考えますが、苦言を呈します。お呼び近しの
ガミガミ爺より。

投稿: 清水 英雄 | 2009年2月18日 (水) 15時19分

清水英雄さん コメントありがとうございます。

ご指摘の点に回答したいと思います。
ちょっと長くなりますが、ご容赦ください。
(後ほどページにも載せます)


>毎月配布される「よなご市議会だより」

この件ではよくお叱りを受けます。
議員になる前は、私も全く同じ感想を持っていました。

議会便りは紙面の都合上、議会での質疑のほんの一部しか掲載する事が出来ません。一般質問の1時間弱のやりとりの要旨をあの紙面にまとめると、なんだか良くわからない質問に見えることがあります。
最低限の情報提供に終わっている感は否めません。
議会のHPから、議事録が検索できます。
http://gikai.yonago-city.jp/yonago/

>市議会報告等を何等かの方法で行っておられる議員さんがどの程度おられるか。殆どいないのでは、疑問です。

各議員で考え方が違うので、何とも言えませんね。
全くしない方もいらっしゃいますし、頻繁にされている方もいらっしゃいます。
私は「報告書」を年一回発行し、地元には新聞折り込みで入れています。
報告会も随時行っています。
またこのブログに、議会でのやり取りはほとんど載せています。
この部分に関しては、米子市議会では最も情報発信をしているという自負はあります。(共産党さんもしっかりと発信していらっしゃいます)
どこまでやれば完全と言うことはありませんが、自分なりに努力はしているつもりですが、「何をやっているのかわからない」というご指摘は良く受けます。
ある意味、議員の永遠の課題なのかも知れません。

>意見書(政府の提出用)

意見書は、陳情された方の想いの部分が
基本的に陳情者の方が意見書も添付されていまして、それに署名して提出するのか否かを審議していますので、議会では細部の文言調整をする程度です。

>数十万の政務費

年45万支給される「政務調査費」は、個人の懐には”一切”入りません。
政務調査費は「会派」で管理していて、視察費用・会派の事務用品代に”しか”使えません。(残念ながら、個人の議会報告書にも使えません)
僕のいる会派「新風」では、残金は返金しています。


全てのご指摘、大変耳の痛いお話でございます。
今回のご指摘をしっかりと受け止めまして、今後とも出来うる限りの情報発信に努めて参りたいと考えておりますので、引き続きご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願いいたします。

投稿: 松田ただし | 2009年2月20日 (金) 07時41分

清水英雄さんからメールをいただきましたので、ご披露したいと思います。

>松田 正 様
>早速。ご丁寧なるご回答恐縮して居ます。PCフログを通して、先生は、誠心克己、全知全能を議員活動に捧げられていると感受し、もし苦言を申せば、間違いなく、分かり易く、確りとしたご回答を頂けると考えした。
>また、愚言でも聞き入れて頂き活動に生かして頂ければが、他議員に感化を及ぼし、議会改革の礎にも通ずると浅薄ですが考え述べさせて頂きました。
>御多用を承知で、やや手厳しい言い方で申し上げたことを深く陳謝申し上げます。
>ますますのご健勝の上、ご精励されますのとを祈念申し上げます。

多分な激励のお言葉をいただき、恐縮しています。
ご期待を裏切らぬよう、しっかりと頑張って参りたいと思います。

投稿: 松田ただし | 2009年2月20日 (金) 17時14分

私のブログを通じてということで・・・。

今私のブログは更新を停止しております。
理由は2つありまして
1つは少々忙しいということ。
もう1つは
向こうのパスワードを紛失してしまったということ・・・。

なので更新できないままでおります。
どこかのタイミングで更新を再開
もしくは新たに作ろうとは思っていますが
(その時にはたぶん政治に特化したものに
なろうかと思います。)

少なくとも思うのは
議会の役割とは何か?
そこから必要な人数と
必要な費用を割り出していく必要があると
思います。

個人的な感じですが
米子市の場合には
現在の規模が適正であると思っております。
給与水準も定数も今の状態がベターであると。
ただ、米子市議会はこれから
どのような方向性を持って活動していくのか
明確にしなければ削減やむなしという
意見が出てくるでしょう。
議会とやれること、やるべきことは何か
高い意識を持つことが重要ではないかと思います。

それと、
有権者への発信能力というのが
これからの議員に求められる能力であると
思っております。
どのような形であれ
自らの意見を発表し、
それに対して市民が意見を出していくことが
議会の活性化に繋がるし
地方自治体の活性化にも繋がると思います。

投稿: 入江陽介 | 2009年2月21日 (土) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 補正予算 子育て応援特別手当!! | トップページ | クッキーダイエット »