« 安倍三柳線のルート変更・平成21年3月議会 質問内容 | トップページ | 09シーズンは東山で5試合!!  あと、在日米軍 »

視察報告 伊賀市 〜伊賀の里モクモク手づくりファーム〜

Dscf7116
先日の視察報告をします。
今回の視察は陸路!!
やくもで新大阪まで行って、あとは在来線での移動です。
途中、我が母校を横目に見ながら、(笑)一路 伊賀市へ。


「農事組合法人 伊賀の里モクモク手づくりファーム」に視察に行って来ました。
http://www.moku-moku.com/


Dscf7118
農家の皆さんが共同出資し、「農業テーマパークの運営」「農畜産物の直販」等をしていらっしゃいます。
そしてこの会社、なんと年商は40億円、従業員250人を抱える凄い実績を上げていらっしゃいます。
Noflash

まずテーマパークの方を見学、日曜日と言うこともあったとは思いますが、凄い人出でした。
そんなに広大な敷地でもなく、ミニ豚ショーをやってましたがその他は農畜産物の加工品販売ブース、レストラン等が点在する敷地内には、人が溢れています。
たくさんの子どもの姿も見えます。

しかしこの時点では、どこに魅力があるのか、さっぱり判りません(失礼!!)

クエスチョンマークだらけで迎えた、概要説明だったわけですが、社長さんのお話を伺って納得です。


皆さん「キッザニア」ってご存知ですよね? 
最近流行の子ども向けの職業体験テーマパークです。


実はこの施設、「農業キッザニア」だったのです。
「イチゴつみ」や「ウインナーづくり」なんかが体験できますが、いわゆる観光に軸足をおいた設えではなく、あくまで「学習」を主目的としているのです。

しかし、当施設ではイチゴに触る前に、講習会が30分。
一粒のイチゴを作る大変さを伝え、「イチゴの価値」を教えるそうです。
それが済んでから、やっとイチゴに触ったとしても、食べ放題ではありませんで、11個しか摘めません。
それでも子どもたちは、大喜びするそうです。

こうして農業の心を学んだお客さんは、"有料"の会員登録をして、通販で加工品を購入するという流れがうまれ、高い"付加価値"が発生するわけです。

去年の春、静岡で「イチゴ狩り」をしたんですが、そこはもちろん食べ放題。
まあ普通はそういうもんなのですが、考え方次第で大きなビジネスを産むもんだなと感じました。


今回の金言というか、松田が一番気に入った、社長(元農協職員)の言葉
「食育とは食べさせる事じゃない。体験させることである。」
Dscf7139

|

« 安倍三柳線のルート変更・平成21年3月議会 質問内容 | トップページ | 09シーズンは東山で5試合!!  あと、在日米軍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安倍三柳線のルート変更・平成21年3月議会 質問内容 | トップページ | 09シーズンは東山で5試合!!  あと、在日米軍 »