« 自民党総裁選挙 公開討論会紀行① | トップページ | ギネスに挑戦!「伯耆みらい想造フェスタ」の参加者募集 »

自民党総裁選挙 公開討論会紀行②

Nagata1
いや〜行ってきました。永田町。
とりあえず永田町駅を降り立ったものの、全く地理が判らない。
急な話だったもんで、リサーチするの忘れてました。
たまらず、赤沢事務所の河上くんに電話し「国会議事堂が右手にみえて、国会図書館が左手で...」と救援を要請。
なんとか、かんとか自民党本部にたどり着きましたヾ(´ε`*)ゝ
(写真2)
周囲は機動隊が警備するなど、大変物々しい雰囲気。
(写真3)
守衛の方に「え〜と総裁選の...」と説明し、エレベーターで8階の会場へ。
会場のホールには各都道府県連から青年部・青年局、女性部の約500人が集結。
我々鳥取県連は、関係者席が前2列を占めているため、"実質最前列"の第3列の中央に陣取り、石破候補(松田は麻生候補も)の登場を待っておりました。
すると隣の席の方(守山市議会議員の方)に話しかけられました。
名刺交換をすると、「えっJCの現役なんだ〜。僕もこの人もだよ(そのまた隣の方)」とのリアクション。
改めて、JCの繋がりに驚かされた次第でございます。

さて、それぞれのテーマ曲に乗って5人の候補者が入場すると、会場のボルテージは最高潮に。
ここでは石原候補の「太陽にほえろ」が優勝(笑)

それぞれ所信を述べた後、会場内からの挙手による質疑応答となりました。
提示された質問内容は、公務員改革・総選挙のキャッチフレーズ・規制緩和・自身の分析・地方分権等々多岐にわたりました。
特に地方分権・地方への配慮に対する各候補の考え方は真っ二つ。

地方重視型=麻生・石破
中央重視型=与謝野・小池・石原

週刊誌報道では麻生・小池の戦いみたいな構図ですが、会場の拍手のボリュームを聞きますに、
石破>麻生>与謝野・小池・石原という全く違った様子でした。

私の印象もあくまでこの日の2時間だけですが、下記の順番。
石破>麻生>小池>与謝野>石原

地方からの参加者が大多数を占めた会合でしたので、評価は自ずと決まってきますよね。
その中でも石破さんの受け答えは、はっきり申し上げまして、麻生さんを上回っていたように感じました。
これはひいき目ではありません。
地元県連として誇らしいひとときでした。

あと、麻生さんが回答されるとき"質問者の名前"を必ず言われたここが印象に残っています。
この、人心掌握術さすがです...。

いよいよ選挙は22日、この国のトップが決まります。
Nagata2_2

Nagata3

Nagata4_2

|

« 自民党総裁選挙 公開討論会紀行① | トップページ | ギネスに挑戦!「伯耆みらい想造フェスタ」の参加者募集 »

コメント

永田町初めてでしたか。
私は学生時代に嫌というほど
言ったので・・・。
(政党関連だけでなく国立国会図書館も)
あそこは出口を間違うと
途端に迷子になりますw

自民党に機動隊がいるのは
いつものことですね。
たぶんほぼ常駐です。
本部前で逮捕されたという
ニュースがよくありますし・・・。

投稿: 入江陽介 | 2008年9月18日 (木) 11時14分

入江陽介さん コメントありがとうございます。
最近返事が書けて無くてすいませんでした。
初永田町、偶然党本部の近くに出られて良かったですわ。
土地勘ゼロですもん。

挙動不審だったので、逮捕されなくて良かったです( ̄▽ ̄)

投稿: 松田ただし | 2008年9月18日 (木) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自民党総裁選挙 公開討論会紀行① | トップページ | ギネスに挑戦!「伯耆みらい想造フェスタ」の参加者募集 »