« 3819 | トップページ | 「伝える」ということ »

救急救命講習

Aed_2
「AED」ご存じですか?
日本語で言うと「自動体外式除細動器」です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/自動体外式除細動器
もの凄く簡単に言いますと、「心停止した人に、電気ショックを与えて甦生させる装置の素人用」ですかね?
本年度米子市内の全小中学校に配備されました。
(米子東ロータリークラブ様の寄付です。)

なんでこんな話をするのかと言いますと、昨日、淀江小学校PTA主催の「救急救命講習」を受けてきたんですよ。

淀江小学校(例の...)プールは、夏休みになると「各子供会単位」で開放されます。

この時PTAで、プールの監視員をしなくてなりません。
S56年にあった、松田の同級生の事故の教訓を生かしてのことなんですが、合併前は町から人員の派遣があったようです。
でも、米子市になってから無くなっちゃいました。

そして、このPTA監視員システムでは「救急救命の講習を受けた」監視員を4人以上付けることが、義務づけられています。

ということで、率先して(一泊研修の余韻)受講して参った次第でございます。

意識の確認〜救助要請〜気道確保〜人工呼吸〜心臓マッサージ〜AED この流れを、西部広域の消防の方に教えていただきました。
初めての経験でしたが、大変勉強になりました。
起きてはならないことですが、もしそういった現場に遭遇した場合、練習したように行動出来るのか?
これはその場になってみないと分かりませんが、受講してないよりはマシなはずです。
やはり何事も経験が一番だなと感じました。


そう言えば学校に行ったとき、芝生の様子を見たところ、ちょこちょこ芽みたいなものが。
どうやら根付いたようです。
3ヶ月ほどで、成果が見えるようですが、本当に楽しみです∈^0^∋

Me_2

|

« 3819 | トップページ | 「伝える」ということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3819 | トップページ | 「伝える」ということ »