« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

第35回 米子がいな祭

祭だなんだで更新が遅れています。
鳥取市ではバカみたいに雨が降ったり大変ですが、どうも週末の米子は天気の心配は要らないみたいです。
天気が悪いと何にもならないですからね。

さて、今年の「空自美保基地のC-1展示飛行」は、諸般の事情によりキャンセルとなりました。
楽しみにして下さってたみなさんごめんなさい。


祭まであと2日。
頑張ります!!

| | コメント (0)

がいな祭 カウントダウン

いよいよ「第35回米子がいな祭」が間近に迫って参りました。
http://gainamatsuri.com/
残り1週間です。
旧市役所4階を間借りしています、企画実行本部では連日連夜の詰めの作業が行われていますが、本年度の松田の仕事は「無し」。
全く参加しないと言うことでは無く、セクションの責任者ではないと言う意味です。


がいな祭は、様々なセクションに分かれて運営がなされています。

パレードの企画・運営を行う「パレード」
花火の許可申請・企画をする「花火」
交通規制と警備態勢の管理をする「交通・警備」
物資の手配・配送を行う「資材・輸送」
清掃活動を司る「清掃」
各広場の運営を行う「広場」
スタッフへ食事を届ける「飲食」
タレントショーなどのステージイベントを企画する「ステージ」
市民の皆さんとの窓口「ボランティア」
資金調達を管理する「会計」


等々非常に細分化されていまして、それぞれにJCのメンバーが出向するかたちになっています
そしてこれらのセクションの融合を図るのが、本部長であり、副本部長の仕事です。

松田が委員長をしている会員委員会には「広場」「ボランティア」「飲食」「会計」のセクションが割り当てられてまして、それぞれに責任者を輩出しています。
松田は委員長ですので、それぞれの担当者がキレないように、そして仕事を円滑に行えるように手伝う事、叱咤激励をする事が今年の仕事ですね。
ちょっと寂しいですが

さて、昨日も「広場」のリーダー、別所くんを励ましてきました。
彼は、某葬祭会社の社員なんですが、県外からの出向社員みたいな立場でして、がいな祭を見た(というか参加した)のも去年が初めて。
当初は祭出向は無かったんですが、諸般の事情で「広場」のリーダーとして、出てもらうことになりました。
しかし、慣れない作業と迫り来るタイムリミットの中で、最近かなりテンパっていまして、ちょっと心配でした。
昨日の感じだと、だいぶん生気が戻ってきたんじゃないかな?
広場は駅前広場・文化ホール前広場・だんだん広場の企画運営です。
(松田はだんだん広場に2日間張り付きみたいです。)
きっと楽しい「広場」を創ってくれると思います。
祭まで残り1週間。
全力で楽しめよ!!」


余談ですが「交通・警備」は松田の弟が担当しています。がんばれよ〜!!

| | コメント (0)

しつけ

昨日「赤沢亮正と語る会in淀江」を開催しました。
本当に暑い中お集まりいただいた、150名を超える皆様に心より感謝を申し上げます。
松田はいつもの通り司会進行です。
冒頭には挨拶もさせていただき、みなさんに想いを伝えることが出来たのではと考えております。

さて、昨日の赤沢代議士のお話は、原油価格の高騰への対策・公共事業・後期高齢者医療制度等々多岐にわたったわけですが、ひとつ興味を引く項目が。
「教育」についての赤沢代議士の考え方に大変共感しました。

「しつけ」の重要性です。
あいさつをすること。
悪いことをしたら謝ること。
ありがとうと言えること。

当たり前のことなんですが、これが疎かにされているのでは?というお話でした。


「しつけ」とは? 辞書で引いてみました。
「子供などに礼儀作法を教えて身につけさせること。また、身についた礼儀作法。」

ということで、まさに我々日本人の美徳だったわけです。
今の風潮はどうでしょうか?
「自由」の名の下に「しつけ」を怠っている親が溢れているような気がしてなりません。

レストランで運動会を始めた子どもをほったらかしにして、おしゃべりに興じる奥様方。
フォーマルな席で子どもが大騒ぎをしても、まったく叱らない上、うちの子の個性だと居直る親。


現在の小学校、本当に凄いです。
先日授業参観があったのですが、家内の報告によると、午後の授業ということもあったのか、子供たちに落ち着きが全然無かったとのこと。
先生の話を聞かない子・立って歩き回る子・机につっぷしている子が散見され、情けなくなったと言っていました。

これでは現場を預かる、教師はたまった物ではないでしょう。
昔、学校で先生の言うことを聞かない子はゲンコツされたり、ビンタされたりして、「行儀(笑)」をされたものですが、今その様なことを行えば間違いなく大問題です。
つまり教育現場では、強制的な対応出来ないわけです。
しかも家庭での「しつけ」は過去より出来ていない。
まさに悪循環です...

私は学校と言う場所は「学習」を行う場であって、「しつけ」を行う場では無いと思います。
学校での教育以前の、小学校にあがるまでの家庭での最低限の「しつけ」、この必要性を改めて感じました。


| | コメント (0)

エビとり

Funa_2
この週末は久しぶりに休日らしい休日を過ごしました。
あこ も初めての夏休みでウキウキです。
海に行ったり、バーベキューをしたり、あと表題の「エビ捕り」もしました。
畑の中の用水路の「藻」をタモで掬うと、簡単に「藻エビ」がいっぱい捕れます。
子どもたちが飽きてきた頃合いに、松田がガバッと藻を掬ったところ、ちっちゃな「フナ」が捕れて"あこここ"は大興奮でした(*^_^*)

ひさしぶりに、タモで遊んだ訳ですが、松田の少年時代はザリガニ採りがメジャーな遊びでして、それこそ毎日「ザリ釣り(笑)」に行ってました。
今ではザリガニ自体をあんまり見かけませんが、当時でもデカくて黒い奴を捕った子はヒーローになってましたね〜(遠い目)
捕ってきたザリガニは、使わなくなった浴槽にウジャウジャ入れてましたが、ほとんどが死亡。
山ほど捕ってきて山ほど死なすという、昭和らしい少年時代でした。

このエビちゃん部隊も、どうせ死んじゃうとは思うのですが、こうして命の大切さを肌で感じて行くんですかね。

| | コメント (0)

夏祭り

Kodomokaima_2
昨日は子供会の夏祭り。
淀江地区子供会連合会の事業です。
数年前までは子供会長・副会長を対象とした「リーダー講習会(懐かし〜!!)」を行っていたらしいのですが、参加者が減ってきたという理由で中断。
代替事業としてこの祭が企画されました。
出店やアトラクションを子ども主体で企画運営させ、自主性を養うことが目的です。

桜台子供会の万灯とか、9区子供会の銭太鼓などが会場を賑わせました。
来年も楽しみです。

| | コメント (0)

清掃業の現状

Sesou_2
昨日「全国清掃事業連合会 山陰地区研修会」に出席させていただきました。
一般ゴミの収集業をされている業界の研修会です。
米子ですと、笠井さん・原田さん・淀江清掃さん等の方がメンバーです。

米子市からは、環境政策課2名と、市議会議員が松田も含めて4名出席。

環境省中央環境審議会廃棄物・リサイクル部会の委員をされている。同連合会の専務理事 山田さんの講演を聞いたのですが、廃掃法と現在の流れとの矛盾点を鋭くつくお話で、同業界の実態を垣間見させていただきました。

なんとなく理不尽に感じていた部分が明白になったように感じます。

民間300〜400万円 市の直営700〜800万円 
これが年収の実態だそうです。
米子市に於いても、ゴミ収集委託料はガンガン減らされています。
しかも随意契約から一般競争入札への移行も示唆されながら...。
(直営収集は廃止の方向です)

これ以上の単価減は、まさに死活問題であると考えます。

以前福岡市で見た光景を思い出しました。
同市で早朝ゴミ収集業務についていたのは、明かなアフリカ系外国人でした。

「このままでは、非正規従業員・外国人労働者にたよるしか道はない」
この言葉が耳に残っています。

私は随意契約を堅持し、必要以上のダンピングはするべきではないと考えます。
清掃業は、建設業と同様に崩壊の危機に瀕しています。
なんとか今の状態を維持し、未来に向けて環境政策を行う必要性を強く感じました。

全国清掃事業連合会HP
http://www.zenseiren.jp/what/what.html

| | コメント (2)

必勝態勢

Kj_2

昨日、商工会青年部の主張発表会がありました。
米子日吉津商工会から、大工の加藤くんが出場。
惜しくも入賞はなりませんでしたが、立派にスピーチをしてました。
お疲れ様!

話は変わりますが、発表会後の講演会の講師として、先の参議院選挙で落選された、大高まもるさんが来てらっしゃいました。
このように全国行脚をされていると言うことは、また挑戦されると言うことだと思います。


さて、懇親会も終わり二次会場へ向かう為、青年部県連の幹部の方とタクシーに同乗した際、下記のような会話が飛び交っていました。
「商工会組織120万人、なんで落ちちゃったのか分からない」
「みんな経営者なんだから、もっともっと人を動かして輪が広がるはずだったのに...」
「商工会の職員がもっと動かないとダメ」 

これを聞くに付け、ちょと違うんじゃないと思ってしまい、
「今のままじゃ絶対無理。次も落ちますよ。」
なんて言ったしまったもので、ちょっと口論になっちゃっいました。
敗因分析をもっともっとしないと、また同じ事になっちゃうよと言う意味合いで言ったんですが、どうも伝わらなかったみたいです。

商工会という所は、様々な業種の寄せ集めです。
参議院の比例区は、それぞれの業界ごとに候補者がいるようなもんですので、そこをきちんと認識しないと、再び同じ轍を踏んじゃいます。

たしかに僕の言い方は、マズかったかもしれません。
反省しています。
でも、次回は絶対に勝たせないとダメなんです。

前回の選挙、どこからだったか忘れたんですが、非常に高圧的に「何票出せ」との達しがありました。
私は間違いなく出しました。
だから余計に腹立たしかったのです。

次回必ず「勝つ」ための、冷静な分析が急務だと感じました。

| | コメント (0)

芝生化テスト②

Tuika_2
デジカメが壊れました。
買い換えを覚悟しましたが、保証書をよく見たら「5年保証」の文字が!!
有料の保証システム、入ってて良かったです。
修理が出来るまで、しばらく携帯のカメラがお友達になりそうです。

さて、昨日「淀江小学校グラウンド芝生化」の第2フェイズに入りました。

前回の5倍の芝生を追加敷設です。
肥料を撒いた後、耕耘機で一直線に耕します。
鍬みたいな道具でならした後、芝生の大きさに「くぼみ」を作って、そこに芝のマットを敷いていきます。
この日の作業で、延長40メートルになりました。
秋には繋がってくれると良いのですが。

昨日は実質4人でやってたんですが、実際この面積への水掛け等の作業がかなりしんどくなってきました。
ちょっと人員が足りなくなってきましたね〜。
巻込まれ人(笑)を増やさなければ。
しっかし、真っ昼間(10時〜14時!!)の炎天下の作業でまたもや黒こげです。
35度くらいあったんじゃない?
松田は農作業的な経験がほとんど無い為、本当に勉強になるわけですが、作業後に農業をやっておられる富田さんとこんな会話がありました。

松田「農作業ってキツイですね...」
富田「本職はこんな時間帯にはやらないよ。死んじゃう。」

そりゃそうだ(笑)

今日の15時、淀江小学校PTAが市長宛に「淀江小プール早期改築の要望書」を提出します。

| | コメント (0)

ペタンク?

昨日「ペタンク」しました。

野球のボールくらいの大きさの鉄球で行う、カーリングみたいな競技です。
(昨日のルールでは3人1組でした。)
わかったようなわかんないような説明ですが、これしか思い浮かびません(笑)

実は昨日、成実・尚徳・五千石・春日・県・巌・大高・淀江の公民館対抗で行われた「南部地区公民館連絡協議会 球技大会」に参加してきたんです。
会場は淀江グラウンド。

しかしながら、表題でお察しの通り、「ペタンク?」と言う感じでして、開会式に出て1時間くらいでおいとましようかな〜なんて考えていましたが、急遽「淀江Cチーム」で出場することになりました。
全く初めての経験でしたが、これが意外に面白くて、夢中になってやってましたところ、なんと淀江勢で唯一予選リーグを突破\(^O^)/
連合自治会長・公民館長の熱い声援を受け、そして淀江地区の期待を一身に受けた「特攻野郎Cチーム(笑)」は、決勝トーナメントでも「尚徳D」を退けなんとベスト8まで進出!!

準々決勝では、「春日C」に敗れたものの旋風を巻き起こしてきました。
共に戦った、荒木さん・内藤さんお疲れ様でした!!

しっかし暑かったです。首の後ろが日焼けで真っ赤です。
夕方JCの会合で鳥取市まで行ってきたんですが、会う人会う人に「飲んでるの?」なんて言われちゃいました。

そう言えば昨日のJCの会合では、平井知事・石破大臣・赤沢代議士・川上議員によるディスカッションが行われました。
残念ながら到着時には終了してまして、懇親会のみの参加だったのですが、その中で各政治家への質問タイムが設けられていました。
で、普段あんまり聞くことのない、川上議員の受け答えを聞いたんですが、こういったキャラもアリなのかな〜と思いました。
僕には肌に合わないというか、なんというか、そんな感じ(どんな感じや!!)なんですが、松田の地元淀江では、いわゆる「川上党」と呼ばれる方が大勢いらっしゃいます。
政治家といわれる方は、いろいろと方向性は違えど、何か人を引きつける力を持ってるんだなと感じました。

最後に石破大臣へ出た質問「大臣の一番好きな戦車は?」
大臣「イスラエル軍のメルカバ」
石破・マニアック・茂 恐るべし...。

Petan_2

| | コメント (0)

米子市小中PTA連合会 教育懇談会

本日「米子市小中PTA連合会 平成20年度教育懇談会」が、弓ヶ浜中学校を会場にして行われました。
PTAと教育委員会、そして市議会議員が教育について懇談するという事業です。
今回で3回目のこの事業、昨年もお声掛けいただいたのですが、所用のため出席出来ませんでした。

今日のテーマは「学校環境の整備」
班分け(7〜8人)をして、テーマに沿って議論をし、発表をするという感じです。
松田が割り振られた班には、弓ヶ浜小・加茂小・就将小・淀江中・尚徳中の保護者。
そして、福生西小・伯仙小・箕蚊屋中の教員(校長・教頭)がいらっしゃいまして、闊達な議論が展開されました。
今日は議員としての参加だったのですが、淀江小学校PTAの事例(プールの事)を交えながら色々とお話をさせていただきました。
施設の管理・設置責任は教育委員会ではなく、「市」にある事とか、議会陳情の仕組みですとか、分かる範囲で説明させていただいたのですが、言葉足らずの部分があったと思いますので、申し訳なかったです。

さて、参加者の皆さんからは、耐震調査、建物の老朽化、植木の剪定、雨漏り等々大きな事例から、細かい事例まで多岐にわたる「実態」を聞かせていただきましたが、皆さん総じて「米子市にはお金が無いと言うことは理解するが、安全性の確保等必要な事はやってもらわなければならない」という事をおっしゃってました。

そしてもうひとつ、あるPTA会長さんの発言が心に残りました。
「要望しないと動かないという、米子市の姿勢には大きな疑問を感じる」
(昨年PTA連合会から耐震調査等、学校整備に関する陳情が出ました。)

松田は、「教育」とは未来への先行投資だと思っています。
財政難の折ではありますが、なんとかこの部分だけは、先手を打つくらいの姿勢で取り組んでいただきたいですし、予算に関しても堅持していただきたいと言うことを改めて感じました。

| | コメント (0)

第35回米子がいな祭 提灯付け

Cho2_2

我々米子JCも50周年記念式典が終わり、今日からいよいよ祭モードです。
50周年の喧噪の中、粛々と「やること」をこなしてきた山本本部長・長谷川副本部長、いよいよですよ〜!!
寂しかった?

ということで、今年の米子がいな祭は8月2日(土)3日(日)に行われます。
今から提灯を駅前通りに飾り付けに行ってきます。
これでまちも「祭ムード」になりますよ。

あと何日で祭かと考えてみましたところ...げっ 3週間ちょっとしか無いじゃないですか!!
無理矢理テンションを上げてがんばって参ります!!
(詳細は後ほど)

と、言うことで、行ってきました!!
松田がこの作業をするのも、今年で7回目なんですが、今回初めて「のぼり」の取り付けをさせていただきました。
提灯と違って高所の作業はない物の、組み立てに結構な時間がかかります。
その後「インシュロック(プラスチック製の結束バンド)」で支柱等に取り付けるわけです。
会員委員会のみんなの、流れるような段取りで、大変スムーズに取り付けは完了しました。
これで、いよいよ祭が始まります。
今年のがいな祭では、果たしてどんなドラマがくり広げられるのでしょうかね(^◇^)


さて、この「提灯」と「のぼり」なんですが、去年新調した物で、協賛企業名が入っています。
「新日本海新聞社」の「のぼり」を付けたりしてた所、選挙以来初めて新聞沙汰になりました(笑)
Cho3_2
Cho1_2

| | コメント (0)

PTAが大忙し!!

Beru_2

一昨日は1年学年部でベルマーク整理。
そして今日は理事会です。
今年からPTA関係で出ることが多くて、結構忙しいです。
そう言えば先日もベルマーク説明会にも行って来ましたわ。
ベルマークの秘密は、また後日紹介します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ベルマーク

あっ、それと12日には、米子市小中PTAとの「教育懇談会」もあります。
こちらは議員としての参加ですが、各校のPTA会長・副会長との懇談会と言うことですので、勉強させていただきたいなと考えています。

さて、今日の理事会を経まして、「淀江小プール早期改築の要望書」を提出することになりした。
市長宛に。

先日のPTA球技大会での会員への周知、そして松田は行けなかったんですが、参観日にはプールの見学会も行いました。
この要望書は淀江小学校保護者の総意です。
来週早々にも提出の運びの予定ですが、14日は臨時議会があるからちょっと難しいかも。


今日、学校に総務部長・財政課長が視察に来られた様です。
いよいよこの問題も佳境のようです。

(芝生が繋がってきました!!)
Siba78

| | コメント (0)

ついにプールが...

Jyouka_2
淀江小学校プールの浄化設備がついに壊れました。
7月7日付けで、保護者向けに文書が配布されました。
「7月3日の夕方よりプールの浄化装置が正常に作動しなくなり、4日にはプールの水が白濁する状況となりました。」

一学期は水の入れ替えを頻繁に行うこと、塩素量を増やすことで乗り切り、市の水泳大会に向けての練習は中学校で行うとのこと。

夏休みのプール開放は中止ということで、せっかく行った先日の救急救命講習も「なんだかな〜」という状況になっちゃいました。

こうなる前に、手を打って欲しかったです。
来年の夏に改修を間に合わせるには、9月で補正予算を組むしかありません。
米子市執行部の英断を強く求めます。

| | コメント (0)

米子JC 創立50周年 ③

Syuku1_2
米子青年会議所創立50周年事業、無事終了しました。
祝賀会のリハをやってた関係で、松田は出てないんですが、記念式典では米子JC今後の指針を示しました。
米子JCは「伯耆みらい想造運動」を行動指針にして、今後のまちづくりを進めて参りますので、どうか宜しくお願いいたします。


さて、私は「祝賀会(懇親会)」の司会をさせた頂いたわけですが、今回の罠は「創立50周年祝賀会」。
これが本当に言いにくいんです。
「祝賀会」単体だとなんてこと無いのですが、「創立50周年」がくっつくと「しゅくにゃかい」みたいになっちゃいます。
仕方ないので、勢いでごまかしました(笑)

写真があんまり無いので申し訳ないのですが、今回のコンセプトは「七夕」。
米子市内全部の小学校からいただいた子どもたちの夢がつづられた短冊を配置。
天井にはブラックライトを当てると光る塗料を塗ったシール(先日の作業のやつ)で満天の星空を作りました。
ゲスト出演していただいた「劇団ゆめ」と「ゴスペルオーブ」の皆さんにも会場を盛り上げていただき、感動的な空間を作ることが出来たんじゃないかと思います。
松田も司会席で毎度の号泣(笑)
BSSの田中友香理さん、お付き合いありがとうございました。


そう言えば、尾沢議員と同組だったゴルフの方も無事終了しました。
スコアは IN64・OUT51の115
5年ぶりにしては、上出来でしょう。

そして前夜祭では、前後期研修会員による「周年戦隊ゴジュウレンジャー2」が大好評。
「必殺 スマイル大作戦」も大成功でしたね。
今回の事が、良い思い出になってくれれば幸いです。

と言うことで、いろんな方にお世話になった周年事業も全部終了。
本当に楽しい一週間でした。
米子JCのみんなも楽しんでた?

次は「第35回米子がいな祭」が待っています。
こっちも全力で楽しみたいですね!!

Golf
P1050387_2

| | コメント (0)

米子JC 創立50周年 ②

Setuei_2

今日は終日コンベンションセンターの設営作業です。
尋常でない量のシールを貼ったり、考えられない数のホッチキス針に囲まれながら、セコセコと作業をしていました。
詳しくは言えませんが、出席していただけたお客さんには、きっと感動していただけると思います。

さて、夕方からは、やっと(今まで放置プレイだったんです!!)司会のリハーサルみたいなこともさせていただき、気運が盛り上がってきた次第です。

明日は6時集合で、ゴルフコンペ。
なんと松田の同組には、「自民クラブ」の尾沢議員が。
面白い話が聞ければ良いのですが(笑)

遅刻すると怒られますので、今日はとっとと寝ます。

| | コメント (0)

米子JC 創立50周年 ①

今週末は、松田の所属します「米子青年会議所(米子JC)の創立50周年記念行事」が行われます。

7月5日(土)
50組近くの参加をいただいき開催する「創立50周年記念ゴルフコンペ」
(松田も約5年ぶりの参戦)
そして、その表彰式を兼ねた「創立50周年記念前夜祭」

7月6日(日)
多くのお客様をお迎えし、今後の行動指針を発表する「創立50周年記念式典」
そして参加いただいた皆さんと、今後の米子JCのベクトルを分かち合う「創立50周年祝賀会」

以上の流れで、さまざまな事業が行われます。

と言うことで、ここ4〜5日は準備で大騒ぎです。
実行委員会のメンバーは、連日夜中までの作業が続いています。
松田は実行委員会のメンバーじゃないんですが、もう毎日「これ」ばっかりしていますわ(笑)

いよいよ明日から本格始動です。
早朝より、コンベンションセンターで「祝賀会」の設営作業です。
なんでもコンベンションの大ホールを「竹」で埋め尽くすらしいです。
なんだか凄いことになりそうな予感。

松田はこうした大きなイベント設営が近づくと、本当にワクワクしてきます。
去年、大懇親会を仕切らせていただいた「全国JCサッカー選手権大会」もしかりでした。
米子らしい「おもてなしの心」米子らしい「設営」を徹底的に行いたいと思います。


さて、松田の今回の任務は、最後に行われる「祝賀会」の司会。
相方はBSSの田中友香理さんです。
全体リハがまだ行われていないので、どんな感じの祝賀会になるのかまだ分かんないのですが、50周年に相応しい「祝賀会」のお手伝いが出来ればなと思っています。

米子JCのみなさん、開催まで、あと2日。
福間実行委員長を「おとこ」にするために、一生懸命頑張ろう!!

| | コメント (0)

「伝える」ということ

今朝なんですが、本当にちっちゃいころからお世話になってる散髪屋さんに行きました。

いつもおばちゃんが元気にむかえてくれるんですが、今日は開口一番、

「松田君 ある人に、“松田市議は何やっとるのか全然わからんわ”っていわれたよ!! なんとかせな!!」

政治家にとって、永遠の課題を突きつけられた格好です。朝っぱらから・・・

これは、国会議員でも同じ事をよく言われますし、ある程度は止むを得ないものです。

自分としては、米子市議会で最も情報発信しているつもりなんですが、どうしても限界があります。

人に「伝える」と言う事は本当に難しいです。

今日の会話の中で引き合いに出たのは「共産党」。

確かに物凄く丁寧に、情報発信してらっしゃいます。

ネットの活用はもちろん、毎議会ごとに報告チラシを新聞折込してらっしゃいます。

共産党さんは、多分「党」から予算がついて、「党」として取り組んでらっしゃるんじゃないかと思いますが、やはり比較されると“松田市議は何やっとるのか全然わからんわ”ということになっちゃうのかも知れません。

自分としてはネットでの情報発信、つまり、この「ブログ」で満足していたのかもしれませんね。

市政報告チラシも、アラ原稿は出来ていたものの第2号を発行してませんし、そういった意味では怠慢だったのかも。

今回、忠告を頂いたのは、ご年輩の方だそうです。

チラシを打ったりすることは、結構お金がかかることなのでそんなに頻繁には出来ませんが、やはり多くの世代の方に松田の活動状況を「伝える」ためには、紙媒体に頼らざるを得ないのでしょうかね。

しかし、何はともあれ「言ってもらえるうちが花」です。

真摯に受け止めて、少しでも多くの方に「伝える」努力をしていきたいです。

| | コメント (0)

救急救命講習

Aed_2
「AED」ご存じですか?
日本語で言うと「自動体外式除細動器」です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/自動体外式除細動器
もの凄く簡単に言いますと、「心停止した人に、電気ショックを与えて甦生させる装置の素人用」ですかね?
本年度米子市内の全小中学校に配備されました。
(米子東ロータリークラブ様の寄付です。)

なんでこんな話をするのかと言いますと、昨日、淀江小学校PTA主催の「救急救命講習」を受けてきたんですよ。

淀江小学校(例の...)プールは、夏休みになると「各子供会単位」で開放されます。

この時PTAで、プールの監視員をしなくてなりません。
S56年にあった、松田の同級生の事故の教訓を生かしてのことなんですが、合併前は町から人員の派遣があったようです。
でも、米子市になってから無くなっちゃいました。

そして、このPTA監視員システムでは「救急救命の講習を受けた」監視員を4人以上付けることが、義務づけられています。

ということで、率先して(一泊研修の余韻)受講して参った次第でございます。

意識の確認〜救助要請〜気道確保〜人工呼吸〜心臓マッサージ〜AED この流れを、西部広域の消防の方に教えていただきました。
初めての経験でしたが、大変勉強になりました。
起きてはならないことですが、もしそういった現場に遭遇した場合、練習したように行動出来るのか?
これはその場になってみないと分かりませんが、受講してないよりはマシなはずです。
やはり何事も経験が一番だなと感じました。


そう言えば学校に行ったとき、芝生の様子を見たところ、ちょこちょこ芽みたいなものが。
どうやら根付いたようです。
3ヶ月ほどで、成果が見えるようですが、本当に楽しみです∈^0^∋

Me_2

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »