« 美保基地開庁50周年記念式典 | トップページ | 視察報告 〜福島県 会津若松市〜 »

視察報告 〜栃木県佐野市〜

Sano2_2
遅くなりましたが、19日〜21日の会派視察の報告をしたいと思います。

佐野市
http://www.city.sano.tochigi.jp/
人口 126000人
佐野ラーメンとアウトレットモールが有名みたいです。
そういえば、ホテルの周りに「イモフライ」なる食べ物のお店がありましたが、この「イモフライ」も名物みたいですね。佐野市出身のベイスターズ石井琢朗選手のオフィシャル弁当は「イモフライ弁当」だそうです。
あ、松田は食べてませんが...。


○企業誘致
「佐野市企業立地促進条例」を制定している。
市の指定する工業団地に工場を新設・増改築を行う企業に対して奨励金(固定資産税等の一部返還)を支払うというものです。
条件はいろいろとありますが、交付期間は新設3年(固定資産税等の1/3)増改築4年(固定資産税等の1/4)ということです。
その他、地域産業振興策として、展示会等に出店する際の出店料の一部を補助する「ブース出店補助金」的な制度もありました。


○中心市街地活性化
画像の佐野駅は、米子駅に早期整備の待望論がある「自由通路」この整備に、36億円をかけて実施されたもの。
しかも駅前周辺の区画整理事業も行っており、こちらは600人以上の地権者の同意を得て実施された。(総額160億円)
その他、チャレンジショップ事業なんかの補助金額も高額で、実効性が高い制度を運用されていました。

上でも書きましたが、米子市に比べて、"実効性"が高い制度運用がなされているように感じました。
「企業誘致」・「中活」どちらの項目も付け焼き刃の制度では、なかなか効果は出ません。
その「まち」にとって、本当に意味がある制度なのか? この点をしっかりと見極めなければならないと思います。
その点、佐野市さんの制度は、大変参考になりました。
Sano4

|

« 美保基地開庁50周年記念式典 | トップページ | 視察報告 〜福島県 会津若松市〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美保基地開庁50周年記念式典 | トップページ | 視察報告 〜福島県 会津若松市〜 »