« 早起きは三文の徳 | トップページ | 社会科見学 »

5031

Saidai_2

5031

東山の観客動員数です。
本日、JFL 前期 第8節 ガイナーレ鳥取 vs SAGAWA SHIGA FC が行われ、ガイナーレ鳥取史上最大の観客(含むSC鳥取時代)が見守る中、ホーム東山開幕戦が行われました。
おそらくJFL今節最大でしょう。

松田は米子JCブースにて、カップラーメン販売をしていましたが、確かに今まで見たことのない人出でした。(お買い上げ頂いた皆様、ありがとうございました。)
競技場内も、芝生席が半分くらいお客さんで埋まっているという、過去に見たこと無い風景。

しかし...

試合結果は、先制しながら 1−2 の逆転負け。
下位チームに...。


今日の負けは、ダメージ大きいです。
もの凄く、頭に来ています。

フロント、選手は感じてくれていますか?
ホームでの逆転負けという、意味合いが解っていますか?
今日初めて見に来てくれた人は何人いたのでしょうか?
「いちげんさん」は、もう来てくれないかもしれません。
全然面白くなかったもん。
僕たちの出来ることは、一人でも多くのサポーター(観客)を集めることしかできないんです。
あなたたちの仕事は、お客さんにエンターテイメントと勝利のカタルシスを与えることです。

みんな失望しています。
今日の試合を見る限り、去年と全く変わってない。
もっと泥臭くても良い。
少なくとも"ホーム"では勝ってくれ。

今シーズン成績 3勝0分5敗

過去五年間の4位チームの戦績
2007 16勝11分 8敗
2006 19勝10分 5敗
2005 16勝 9分 5敗
2004 15勝 5分10敗
2003 16勝 6分 8敗

|

« 早起きは三文の徳 | トップページ | 社会科見学 »

コメント

現在川崎に居を置きフロンターレサポーターをしつつ郷里ガイナーレの試合をちょくちょく気にしつつ見させていただいているいちと申します。

ホーム観戦での敗戦、残念でした。東山5,000オーバーの観客動員は天候も良かったこともあり、ようやくサポーターも動員目標に対して「結果」を出せたということは非常に良かったと思います。
松田さんのおっしゃられていることごもっともなのですが、幾つか気にかかる内容がありましたので。

>競技場にバスで・・・

一般的なサッカーチームの場合、少なくともフロンターレの場合、等々力陸上競技場への選手の入場はバスですよ。
確かにバードスタジアムへ自家用車で移動する選手は散見しますが、言うても米子-鳥取間は車で1時間以上はしますよね。
選手の体調面からもバスの移動は当然だと感じますが。

また、


>鳥取開催で、こんなに人がきて・・・

についても、見ようによっては「元々本拠地であった米子開催でこれだけ観客動員に貢献してるんだから、東山でくらいは勝てよ」との印象を受けます。
今のガイナーレは米子開催だろうが、鳥取開催だろうが、アウェイだろうが、全く勝ち点に結びつかない(勝ち点0の)敗戦という結果しかもたらしていないのはサポーター同士でも既知のことです。善戦しても結果に結びつかない。5つ全ての敗戦が1点差なのは如実に現してます。(1点でもとれればドローなのに)
このような意味を持たない敗戦は何も米子だけでなく、バードスタジアムでもなされていること。

確かに5,000人のサポーターの前での逆転負けは叱咤して然るべき内容。ホーム全試合観戦中の私の知人もブログでかなり厳しく選手、監督、フロントに(採用されることはないでしょうが)注文をつけています。

ただそれがこのブログですと「米子開催だから」のように読み取れるのは残念です。
天候が災いしたとはいえもっと東部の人も積極的に足を運んでいただきたいと思う反面、(米子市議会議員されてる)お立場上でのご投稿かと思われますが、ガイナーレの経営状況から今年がJへのラストチャンスと叫ばれている中、応援側も米子も鳥取もないかと感じています。

私自身居住地の関係でアウェイでの応援がメインとなりますが、帰省時にはどちらの開催であれ必ず子供を連れてスタジアムへ足を運び継続して声援を送る所存です。
ガイナーレは今や鳥取県がホームタウンなのですから。

投稿: いち | 2008年4月28日 (月) 13時13分

いち さま

この度は、私のブログにコメントいただきましてありがとうございました。

ご指摘の点、真摯に受け止めたいと思います、

昨日は怒りにまかせて書いたのですが、今日ご指摘を受けて読み直してみますと、確かに見苦しいですね。
「米子開催だから勝て」と取られても仕方のない文です。
私の想いとしては、もちろん米子開催と言うことありますが、あれだけのお客さんが来ている中、「絶対に外しちゃならない試合」だったと言うことが申し上げたかったのです。

ただ、バスで乗り付ける姿は、去年までになかった光景でした。
その光景に、何とも言えないもの悲しさを感じました。
私の周りにいた数人は、全く同じ感想を持っていたと言うことも事実です。
一様に「なんか寂しいね...」と呟いていました。

しかしながら、いちさんの書かれた通り、多分今年がラストチャンスです。
我々は前を向いて応援しなければなりません。

「鳥取」のくだりと、「バス」のくだり削除しようと思います。
この度は本当にご指摘ありがとうございました。
ガイナーレ共々、松田ただしもよろしくお願いいたします。

投稿: 松田ただし | 2008年4月28日 (月) 17時39分

コメントありがとうございました。
私のような不肖者の投稿を受け止めていただいて幸いです。

今年のチームは今年からの移籍選手が半数を占め、彼らがJリーグ出身であることから、Jで一般的なバスでの移動を選んだと考えることが自然なのかもしれませんね。

バスの話題ついでに。

http://www.frontale.co.jp/diary/2008/0331.html

リンク先は今年フロンターレがリーグ戦~ナビスコ杯と今シーズン勝ち星がなかった時の本拠地等々力でのジェフ戦での選手を迎えたワンシーンです。
スポーツ紙等でも話題になりこの日今シーズン1勝目を飾ったわけですが、「信じている 焦らずいこう!」というには少し今のガイナーレは緊張感が欲しいものの、またこういった移動手段であってもサポーターが活用していければ選手の奮起につながることもあるのでしょう。

ブログを拝見するに米子発祥であるガイナーレという所に非常に思い入れがあることは理解しております。ただ現状準加盟申請でもホームタウンとしては鳥取県としている以上、ガイナーレについてのご発言については県中部、東部に対してもご配慮いただけますと幸いです。(前述、チームの消滅を掛けてJへの挑戦している状況で西も東もないですから)

ちなみに、J昇格後(参入が正しいのですが)米子でのホーム開催を危ぶまれていらっしゃいますが、過去ジェフ千葉にて市原臨海競技場とフクダ電子アリーナと市原・千葉で並存したケースがあり、東山陸上競技場の改修計画さえ明確になれば同競技場での開催は可能かと思われます。(米子で新スタジアム建築といことですと建設までの米子開催は難しいかもしれません)

同ケースは、市原市が改修を白紙に戻してしまったことでご破算、2006年以降はフクダ電子アリーナでの開催のみとなるわけですが、個人的には予算的なものもあり、又聖地である東山での開催を残すべきと感じますので、新スタジアム建設より東山陸上競技場の改修の方が現実的であるように感じられます。

お立場上御一考いただければ幸いです。

最後にサッカークラブが地域に対してどういったことができるか、地域密着とは?ということについて幾つかコメントされていらっしゃる方からもご意見の提示がありましたが、またフロンターレの記事から抜粋させていただきます。

http://www.frontale.co.jp/diary/2007/1219.html

若干むさ苦しい「青いサンタクロース」ですが・・・クリスマスシーズンに行われる入院児への訪問活動「青いサンタクロース」は毎年恒例の奉仕活動として定着しており、社会的な評価も高いとのことです。

フロンターレではチーム契約に地域密着活動への参加が盛り込まれており、サッカー以外でのイベント参加も積極的です。どうしてもプロサッカークラブというと「サッカー教室」「サイン会」等とサッカー選手であることを意識しがちですが、そういった枠組みを外してこのチームの活用を考えてみては如何でしょうか。(自治体でチームに出資を行うのであれば尚のこと)

長文となって大変恐縮です。最後までお読みいただければ幸いです。

投稿: いち | 2008年4月29日 (火) 03時15分

試合内容そのものは悪くないんですけどね。
風と選手交代が少々悪かったでしょうか。

一番頭に来たのは
他の何でもない
市長の挨拶ですよ・・・。
いや、良くあそこまで
御託を並べられるなあと。
そんなに重要性感じてるなら
何かしてくれよと・・・。

来年選挙ですから必死ですわな・・・。
私は騙されませんがね。

投稿: 入江陽介 | 2008年4月30日 (水) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 早起きは三文の徳 | トップページ | 社会科見学 »