« 3月定例会開幕 | トップページ | 竹島の日 »

3月定例会開幕② 米子市平成20年度予算案

今日の「全員協議会」で議案(予算含む)説明がありました。
メインは何と言っても平成20年度予算案。
野坂市長の事実上最後の予算案です。
と言いますのも、21年度は3月に市長選挙がある加減で、暫定予算しか組めないからです。


20年度予算案の重点課題を書いてみます。
○自治基本条例の策定(522万円)
○小中学校及び保育園の耐震診断の完了・耐震補強事業への着手(3495万円)
○地域福祉計画の実施(500万円)
○中心市街地活性化基本計画の策定(752万円)
○交通バリアフリー基本構想の策定(120万円)

という説明でした。

一見すると、新規事業が山盛りの様に見えますが、ほとんどが中途段階でストップ、もしくは継続中の事業です。
しかし、議会で再三指摘されていた、子どもたちの安全に関わる「耐震調査」を事業化されたことは、一歩前進と言いますか、評価に値すると思います。

破綻はとりあえず回避されたとは言え、厳しい財政状況の米子市。
議会の役割はより重たいモノになっています。
3月議会、気を引き締めて望みたいたいと思います。

|

« 3月定例会開幕 | トップページ | 竹島の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3月定例会開幕 | トップページ | 竹島の日 »