« 読谷村の子どもたち | トップページ | 南大門焼失 »

建国記念の日

今日「建国記念の日」。
ということで、恒例の建国記念を祝う会に出てきました。
今年は、なんと式典の司会です。
文化ホールのステージでの司会は初めての経験でしたが、えらいもんで全く緊張しませんでした。
しかし、進行の方ですが、なにぶんお客さんが高齢の方が多くて、普段と勝手がまったく違います。
正直申しまして、なかなか思うに任せませんでした(汗)
とは言え、まあ、なんとかやりきったような気がします。というか言い聞かせています(笑)


記念講演として、東京基督教大学の西岡教授の講演を聞い訳ですが、これが本当に面白かったです。
(プロフィール等は下記リンクを)
http://ja.wikipedia.org/wiki/西岡力

西岡先生は、韓国史のエキスパートなんですが、韓国の反日勢力の正体ですとか、今の反日教育の始まりですとか、いや〜、目から鱗でした。
下記リンクで、今日の講演と同じようなお話をされていますんで、是非ご覧下さい。
http://jp.youtube.com/watch?v=MlnHM0r2ScQ
http://jp.youtube.com/watch?v=t4p3yd2bHNs&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=VJTZusMuzYo&feature=related


さて、明日は久々の「赤沢亮正」朝立ちです。
7時30分から"わこう"前です。
頑張って参りますんで、お見かけいただけましたら、お声掛けよろしくお願いいたします。
予報は雨ですが...。

|

« 読谷村の子どもたち | トップページ | 南大門焼失 »

コメント

そういうイベントがある時は
書いて下さいww
行きたかったですねえww

しかし、
この西岡教授の動画ですが

うーーーん
私にとっては目新しさはなかったでしょうかw
常識なお話をしておられるだけに思いますが。

投稿: 入江陽介 | 2008年2月11日 (月) 23時10分

入江陽介さんコメントありがとうございます。

告知漏れ申し訳ありませんでした。

さて、入江さん、流石ですね。
しかし、世間の常識としては浸透してないと思います。
私は、韓国史はあんまり良くわかんないんですが、近年の「韓国JC」の連中の大騒ぎをみていると、あたかも愛国心の発露というか、日本には無いタイプのナショナリズムがそうさせているのだと、感じていたもので、反日の歴史が、実は「親北・親共」の工作だったと言うことは、衝撃でした。
あ、日本も似たようなもんですか...

投稿: 松田ただし | 2008年2月12日 (火) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読谷村の子どもたち | トップページ | 南大門焼失 »