« タイトル変更 | トップページ | 3月議会 質問事項提出 »

ちゅうしんしがいち

Kaigisyo
昨日の商工会議所との意見交換会の模様です。

市議会議員25名と商工会議所の皆さんと「新中心市街地活性化基本計画」について意見交換を行いました。(資料は下記)
http://www.yonago-city.jp/section/sougouseisaku/chushin/sougouseisaku20080205.htm

この計画はいわゆる「商店街対策」のバラ撒きではないという所がキモです。
居住スペース(分譲マンション等)と、商業の新拠点を設ける事によって人を呼び戻そうと言う計画。
政府に認定されれば、補助金が交付されるという仕組みです。
(民間との協調・数値目標の必達が必須条件)
市議会議員からは、中心市街地の定義というか、場所についての慎重論が出てました。
曰く
「この地区に住んでいる人の為の事業だ」
「中心市街地を○○(議員の地元)に設定すべきだ」
「○○とかの遠隔地はどうするの?」
とかとか...。

僕は今回の「中心市街地」とは無縁の淀江人ですが、やっぱり街の真ん中が元気がないとダメだと思うんですよ。
「まちの元気」というものは「まちのまんなか」から始まるものであると思います。
まんなかの元気って言いますのは、やはり周りにもジワジワと波及していくんじゃないでしょうか?
「地域のエゴ」で、これを"ぼやけさせる事"。
私は、いかがなものかと思います。


さて、会議所の皆さんとの意見交換会の後は、青経連(JC・中央会・青年部)の懇談会。
ここでは「ベクトル合わせ」の話に終始しました。
各組織において、それぞれ生い立ち・やり方が異なるわけで、なかなか「一本の矢」にはならない所が見られるわけですが、ここでの目的もやっぱり「まちの元気を取り戻そう!!」と言うことでは一致しています。
議員のベクトル合わせは難航しそうですが、青年経済人のベクトルは一致しています。
なんとか若い想い、そしてパワーを伝えていければと感じた夕べでした。


|

« タイトル変更 | トップページ | 3月議会 質問事項提出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タイトル変更 | トップページ | 3月議会 質問事項提出 »