« 今年もお世話になりました。 | トップページ | 新春の勘違い »

謹賀新年2008 「凍てつく年越し」

新年あけましておめでとうございます。

昨日というか今朝は「新年拝賀式」の設営をしてました。
出雲大社米子分院さんで、行う年越しイベントです。
毎年趣向をこらした、「しつらえ」で行われるこのイベントなんですが、今年は新しい試みとして「餅つき」をさせていただきました。
餅米を蒸す「蒸し器」の火が消えていたなんて「修練」もいただいたんですが、なんとか無事つきあげることができました。
「寒中餅つき」皆さん楽しんでいただけましたでしょうか?
おっと、偶然「寒中」って書いたんですが、しっかし、寒かったですわ〜。

会場に行くには、博労町駅の横の「坂」を上がらないといけないんですが、この「坂」がカチンコチンに凍結。
立ち往生される車が続出しました。
タクシーも乗車拒否ならぬ、「登坂拒否」。
まさに往生しました。

いろんなことがありましたが、年末年始のお忙しい中、また大変な寒さの中、本当に多くのシニアの皆様、そして現役メンバーの皆様にお集まりいただきました。
この場をお借りしまして、心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

そして、会員委員会のメンバーのみなさん、本当にありがとうございました。
皆さんのおかげで、素晴らしい拝賀式が出来たんじゃないかと思います。
いろいろトラブルがあったんですが、みなさんの機転でクリアー出来ました。
わがままな委員長ですが、今後ともよろしくです。

というわけで、新年早々画像のない松田 正でした(デジカメ電池切れ...)

最後に、いよいよ幕を開けた2008年が、皆さんにとって、素晴らしい一年になりますことをお祈りいたします。

|

« 今年もお世話になりました。 | トップページ | 新春の勘違い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年もお世話になりました。 | トップページ | 新春の勘違い »