« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

茶番劇だったの?

茶番劇だったのでしょうか?
自民・民主が「実をとる」方向に路線変更みたいです。
落としどころはどんな感じになるのか判りませんが、産経は一般財源化・延長期間短縮が争点になりそうだと書いてますね。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080131/stt0801310004000-n1.htm

しつこいですが、道路のお話。

日本の物流は、ほとんどがトラック輸送で行われています。
都市と都市とのインフラ整備が整わなければ、大きな企業(工場)は出てきてくれません。
物流のネットワーク作りというのは、ド田舎の地方都市にとっては、まさに喫緊の課題です。
また、道路網の整備というのは有事の際(例えば自衛隊の部隊が展開するため)にも重要な意味合いを持っています。
(余談ですが、こういった観点からみると、米子市は日野川に橋が足りません)
必要な道路網の整備は、やらなければなりません。


不必要な新規道路は要らないですが、道路維持工事にしても、適正な時期に維持工事をしておかなければ、後の世代により大きな補修工事費がもたらされることも考えられます。


あと、建設業界の問題なんですが、雇用面の影響(特に若年層)も大きなものありますが、災害時の対応といった面でも大きな影響があります。
大きな災害があったとき、地元業者が"いない"となると、迅速な復旧作業が出来無くなってしまいます。
大地震とかでなくても、山陰で言いますと例えば除雪作業なんかも、早速滞ってしまいます。
また同様に水道業者がいなくなっちゃうと、ライフラインの復帰に相当の日数がかかることも考えられます。
さて現状はと言いますと、たまに工事があっても、いわゆる「スーパーゼネコン」が進出し落札、下請けの現地業者は叩かれまくっています。
ゼネコンは災害復旧には役立ちません。
実働部隊を抱えていませんから...。
確かに我慢の時期ではありますが、なんとか地元企業に生き残っていただけるような施策が必要です。


山陰道は鳥取県内の区間は、無料供用の予定です。

| | コメント (0)

08シーズン ガイナーレ鳥取

Hagaki_2

08シーズン ガイナーレ鳥取いよいよ始動です。
残念なことに鳥取市に軸足を置いて...
覚悟は出来ていたものの、無念の想いでいっぱいです。

さて、すごい補強ですね〜。
元代表の小村を始め、J1/J2/JFLから怒濤の補強をしています。
戦力的には、昨シーズンまでとは段違いでしょう。
誰の目に見ても「背水の陣」と言うことは明白です。
08シーズンは期待できるかも?

しかし、心配が2点。

1点目
資金の問題。
もの凄い補強です。ほぼ総取っ替え。
昨シーズンまでの選手はほとんどいなくなりましたが、プロですから仕方ありません。
結果が出なかったチームはこうなります。
しかし、これだけの補強を行うと言うことは、それなりのギャランティー支払いが発生します。
財務担当者も「しんどい」と言ってましたが、マジで大丈夫?という感じがします。
ガイナーレグリーンクラブ(市民サポーター)の会費は実質値上げ、持株会の案内も沢山いただきました。
私は少なくとも、GGC会費は据え置きにすべきだと思いますが、「背に腹は...」といった感じなのでしょうか?


2点目
地域性の問題
先日のJC鳥取ブロックの会合で、鳥取JCのみなさんに「ガイナーレを頼みますよ!!」とお願いをして回ってたんですが、まあこれが...

「あ〜(明かなローテンション)」
「なんすかそれ?」
挙げ句には、
「鳥銀がスタジアムに金出すんだってね〜 もっとマシな金の使い方あるんじゃないの?」
と、判りやすいリアクション。


米子に比べて、排他的な地域性(私の感想)に加えて、そもそも"ガイナーレ"という名前が米子的。
やっぱり以上のような理由で、どうも親近感が湧かないようです。
以前もおなじような事を書いて怒られたんですが、やっぱり根深い"溝"がそこには存在します。

もっと東部でのプロモーション活動を行わないと、マズイような気がします。
それと、いままで支えてきた、西部のスポンサー・サポーターに対するエクスキューズがちょっと足りない気が...。
入江さんのコメントにもありましたが、せめて「練習は西部でします」とか言って欲しかった...。
これらの事が、資金面での足かせにも必ずなって来るはずです。
ただ裏を返せば、まだまだスポンサーの口はあるとも言えますので、頑張ってください。

つらつらと勝手なことを書きましたが、多分、続けて勝っていけばそれなりに観客動員は増えていき、地元にも浸透していくんじゃないのかと思います。
4位以内、3000人を目指して頑張ってください。


先日、写真のハガキが来ました。
今年も応援して参りたいと思います。

| | コメント (6)

暫定税率②

今まさに「衆議院予算委委員会」にて論戦が戦われています。

様々な議論を招いています。

入江さん・名無しさんご指摘の通り
「暫定ありきでの予算編成」この部分は問題があると思います。
私の尊敬する知人も、
「もっと余裕を持ってこういった案件は審議するべきで、切羽つまってから議論するからこういったことになっちゃう。」
と言ってました。
そういった意味でも国民の議論を呼んでいると言うことは良いことなのかも知れませんね。

個人的には、地方に住む人間にとって必需品である、ガソリンなんてもんは、一円でも安い方がよいに決まってます。
しかしながら、地方財政の現実・実情を直視しますに、本当に甚大な影響を及ぼしてしまいます。
またこの地方、言い方はアレですが、「ド田舎」である鳥取県にとっては、「道路網の整備」をしていくことは絶対に必要であると考えます。
県の東西を結ぶ山陰道は、やっと目処が立って来たところです。
地方進出を図ろうとする企業にとって、道路網の整備は最低条件です。
道路整備が整う事による恩恵というものは、明らかに目に見えないかも知れませんが、最低限のインフラ整備は絶対に必要です。

また、現在の公共工事を巡る業界は、際限のない「値下げ合戦」・「彽入札合戦」を繰り返しです。
その事によって単価は下げどまらず、体力がない業者はどんどん倒産していっています。
なんだかんだと言って、建設業は、この"地方"においては、農業と並ぶ産業なわけです。
「雇用の確保」といった面でも重要なファクターを占めるわけです。


どのような施策であっても、少なからず「あっちを立てれば、こっちが立たず」となるわけですが、やはり総合的判断チョイスをして行かなくてはなりません。
私は諸条件を勘案した結果、暫定税率延長は"必要"であると考えます。


米子市議会において、この「暫定税率維持」に関する意見書は22対6で採択されております。
賛成 
岩崎・竹内・谷本・中田・中村・野坂・松田・渡辺・渡辺・八幡・尾沢・藤尾・松井・矢倉・笠谷・原・安木・安田・中本・遠藤・宮田・内田

反対
岡村・松本・伊藤・門脇・中川・森 
(順不同敬称略)


この問題「政争の具」としていただきたくないなと思います。

| | コメント (7)

コメントありがとうございます。

「暫定税率」の書き込みに、たくさんのコメント頂きましてありがとうございます。
やっぱり皆さんの最大関心事なのですね。
ちょっとバタバタで、返事が書けませんが、必ず書きますのでしばしお待ちを。

さて、昨日はと言いますと、

コンベンションで、人権関係の講演会

桝水にスノーボード

稲田県議の新年会に参加

と慌ただしい一日を過ごしていました。


今日もこれから鳥取市まで、にJCの鳥取ブロックの会合に行って来ます。
ひさびさの汽車移動でなんだかワクワクです。
では、行ってきます。

一日中カメラを持ち歩いていたのに、これしか撮ってませんでした Orz
(桝水で、米子JC舩田理事長ご一家に遭遇)
Rijicho_2

| | コメント (0)

ガソリン暫定税率を巡って"解散?"

Nesage_2

先日ちょっとだけふれましたが、「ガソリン国会」が開会しました。
これに関して、松田の師、赤沢亮正代議士のメルマガ「涼晴日誌」に面白い記事があったんで、抜粋します。
登録はこちらから!!
http://www.ryosei-akazawa.com/mg/index.html

衆議院本会議民主党代表質問の模様です。

13:00〜16:00本会議
船田元衆議院議員の25年永年勤続表彰のほか、先週金曜日(18日)に行われた政府四演説に対する各党の代表質問が行われた。
民主党の代表が「暫定税率を廃止しても公共事業の工事単価を切り詰めれば必要な道路は作れる」などと、財源の裏打ちもないうえ、既に疲弊し切っている地方の建設業界が暫定税率の廃止により壊滅しても
構わないと言わんばかりの無責任な演説をしたので、「(代わりの財源もないのに、)地方の道路整備の必要性を否定するのか?」「(言えるものなら)今のせりふを地元で言ってみろ!」などと、内気でシャイな赤沢としては最大限勇を鼓して大声でヤジっていたところ、(赤沢の)背後で赤沢と同じくらい大声でヤジっている議員がいるので誰かと思えば宮崎2区の江藤拓衆議院議員であった。なるほど!道路整備が遅れているのは鳥取県と宮崎県かと一目瞭然に合点できた(笑)。
同期の橋本岳衆議院議員(橋本龍太郎元総理(故人)の二男)も「山陰頑張れ!」などと声援してくれた。有難う(笑)!


ということで、赤沢先生がんばってらっしゃいますね〜!!
本当に頼もしい限りです。
ちょっと文が長いですが(笑)

このように民主党議員の皆さんも、生粋の組合系議員以外は、少なからず建設業界からの支持を得てらっしゃいますんで、地元でこんなこと言えば袋叩きは必至でしょうね。
川上さんも、なんだか微妙なエクスキューズをされてるみたいです。
地方自治体にとっても、職場の予算ががた減りしちゃう結果になるわけですが、「自治労」はこの問題に対してはどういうスタンスなのかな〜?
鳥取県への影響は52億円、米子市への影響も約3億円。
市民のみなさんから最も要望の多い、道路の維持管理なんか、一個も出来ませんわ。


しかし、参院選では「地方の為に!!」なんて言ってたのに、今度は地方をばっさりと切り捨てるこの豹変ぶり。
選挙の為?解散の為?
もう、わけ判りません。

石原東京都知事もこのように言ってます。
「ポピュリズム(大衆迎合)合戦になると、政治は非常に効率悪いもんになって、結局ツケは国民に回ってくるんですよ。次の選挙、その次の選挙を考えたってしようがないんだから。もうちょっと政治家は大きな使命感をもってもらいたいね」


民主党の"目的"、衆議院解散はなりませんでしたが「ガソリン値下げ隊」は解散だそうです。
まあ、国民世論をバカにしすぎたと反省してください。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080123/stt0801230213000-n1.htm
(産経MSNより)

| | コメント (8)

米子市財政 破綻回避?

今日の新聞各紙に載るとお思いますが、昨日行われた「行財政改革問題等調査特別委員会」にて、"例の指数"が発表されました。
例の指数とは「財政健全化団体」にひっかかるかどうかという指数です。

米子市の場合、下水道など各特別会計を含めた「連結実質赤字比率」がヤバイとされてたわけですが、どうも難なくクリアーしちゃいました。
ちょっと拍子抜けです。
当初の情報では、10〜12%で"アウト"と想定されていたのですが、16.8%(説明によると、自治体規模によって違うみたいです)という、かなり甘めの基準に落ち着いた模様。
(ちなみに、米子市18年度決算ベースでは、10.8%です)

あまり厳格化しちゃうと「破綻自治体だらけになっちゃう」
この事を、国が回避したんでしょうか?
実際どこの自治体も多かれ少なかれ「火の車」ですからね...。
とりあえず、「破綻予備軍」という汚名は免れたわけですが、これは、財政が好転したわけでなくて、単にハードルが下がった"だけ"だからです。
今後も議会として、万全のチェック体制をしいて参りたいです。

※「財政健全化団体」とは、夕張市の「財政再生団体」をレッドカードとすると、「イエローカード」みたいな感じです。
報告会のスライドですのでちょっと見にくいですが、詳しくは下記をご参照下さい。
22
23
24
25

| | コメント (4)

2008 京都会議②

08kyoto1_2

08kyoto2
「日本JC京都会議」より無事帰還しました。
昨日は設営疲れの為、赤ちゃんのように眠りました(10時間)。

それでは、写真を上から1〜5としてご報告を。


さて、この「京都会議」最大の目的は、新年式典で日本JCの小田 與之彦(よしひこ)会頭の所信演説を聞くこと。
会頭の任期は1年ですので、その年の年頭に、大きな方針を確認するためです。
このちなみに、2008年度小田会頭の会社は下記の「加賀屋」さん。
http://www.kagaya.co.jp/
http://ja.wikipedia.org/wiki/加賀屋
なんだか、日本一の旅館みたいですね〜。すごい(^_^;)
今回最も強調されてたのは「ローカルコミュニティー(地域)復活」。
http://www.jaycee.or.jp/index.html
全くその通りだと思いました。
松田も、市議会を通してがんばりたいと思います。
(写真1・2)

「設営疲れ」と書きましたが、実際何をやってたかと言いますと、主に往復のバスの設営、京都での懇親会の設営に明け暮れておりました。
その"しんどい"中で、「なんとか楽しみを持ちたい...」ということで、重要な位置を占めますのはやっぱり「食事」ですよね。

当初、委員会全員で豪勢に"すき焼き"を食べようと言ってたんですが、諸般の事情により"餃子"に。
会員委員会 廣中くんのお勧めで、祇園にある「泉門天」というお店に行きました。
http://www.oishikoji.com/shop/index.php?shopid=037
8人で2時間くらい居座る予定で、赴いた訳ですが、10名掛けのカウンターとテーブル15席ほどのコンパクトな店舗に、メニューは"餃子"と"きゅうりの漬け物"のみ。
しかも、人気店ということでどんどん行列が出来てきます。
大変おいしいくいただいたわけですが、一時間が限界でした(笑)
京都にお出かけの際は是非。
(写真3・4)

そして、翌日のお昼は、「京都なんで豆腐を食べよう」ということで、鴨川沿いの「葱や平吉」で"肉豆腐辛鍋定食"をいただきました。
学生時代泳いだ(←バカ)鴨川のほとりで、汗だくになりながら肉豆腐をいただきました。(;^0^;)
http://www.kiwa-group.co.jp/restaurant/i100063.html
おいしかったんですが、ネット検索したら、全国チェーンなのね...
(写真5)

たいへん疲れましたが、有意義な京都会議だったと思います。
今回初めて参加した、新入会員のみなさんにとって「酔い」(←偶然こんな変換しました)じゃなくて「良い」想い出となってくれれば、幸いです。
そして、会員委員会のみなさん、本当にお疲れ様でした!!
08kyoto3


08kyoto4_2


08kyoto5_2

| | コメント (0)

2008 京都会議①

「ガソリン国会(笑)」が始まるようです。
地方自治体の実情、地方議会の実情と乖離した民主党本部の主張は、ちゃんちゃら可笑しいわけですが、これだけマスコミが取り上げると、そんな雰囲気になってきますよね。

さて、きょうから京都遠征です。
JCの京都会議へ行ってきま〜す。

| | コメント (0)

2008年 米子JC新年会

1000511200577781_2

1月15日 「2008年 米子JC新年会」を行いました。
"行いました"と言いますのは、以前も書いたんですが今年「会員委員長」をさせていただいています。
この役職を判りやすくかつ一言で言いますと「懇親会担当理事」という位置づけです。
(歴代会員委員長のみなさん、怒らないでくださいよ〜)
ということで、製作総指揮をさせていただいた次第でございます。
言い訳ですが、これに集中しすぎてて、ブログの更新が出来てませんでした。

当日は、米子JC50周年の新年会と言うことで、なんと75名の先輩方にお越し頂きました。
(過去最高という噂もちらほら)
恥ずかしながら、現役の人数より多かったです(^_^;)
今回は普段はJC事には来られない先輩方も大勢いらっしゃいまして、受付はパニック状態だったそうです。まさに嬉しい悲鳴ですね。
(尾沢議員にも来ていただきました!!)

また、多くのご夫人方には、和服でご出席いただき、お祝いの席に華を添えていただきました。

懸案であった「周年戦隊ゴジュウレンジャー」は、予想通り一部の先輩に怒られながら、盛況のうちに完遂しまして、今年のJC活動にもう思い残すところはありません(←早いよ!!)。


話は全然変わるんですが、米子JCって政治携わってる先輩が本当に多いですね。今回改めて感じました。
上村県会副議長・廣江県議・松田県議・藤尾市議・尾沢市議・秦南部町議・足立南部町議・椎木大山町議 ぱっと思いつく限りでもこんなにいらっしゃいます。
(ちなみに、森岡県議は境JCのOBです)
全国を見ますと、小泉元総理もOB、麻生元外相は日本JCの元会頭です。

そうそう、あのJFK(阪神のじゃないです)も、アメリカのJCのOBだそうです。

不肖、松田ただし、偉大な先輩にならって(本当かよ〜)頑張って参りたいです。


最後になりますが、今回ご来臨いただきました先輩方、そしてご家族の皆様にこの場をお借りして、心より感謝を申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました!!
(おどける松田)
Shinen_2

| | コメント (2)

臨時議会

今日は臨時議会です。

「原油高騰に対する燃料代の補助金」の補正予算が議案です。

しかし参りました。

今日の臨時議会の開催が分かったのが、今日の9時。

開会は10時です。

なんとか間に合いましたが、マジで冷や汗をかきました。

議会連絡のほとんどはファックス通知なんですが、これが曲者でして、毎日毎日膨大な量の「紙」が溜まって来ちゃいますんで、その中に埋まっちゃうともう遺跡発掘作業の様相を呈してまいります。

人事異動なんかは「速達」で来ますもんね~。

以前からメール連絡をお願いしてるんですが、なかなか前進しませんでして、苦慮してましたが、年末に「メール連絡をしますんで、アドレスを提出してください」という通知が、ファックス(笑)で来てたんで、油断していました。

「自覚が足らん」と言われればそれまでですが、早急にお願いしたいです。

| | コメント (0)

思い出の緑水湖

Ipaku1
緑水園にて米子JCの研修会員(新入会員)一泊研修会を行いました。
新しく入ってくれた方の基礎研修を行います。
新入社員研修みたいなもんですね。
ちょっとハードな(^_^;)

今回、理事として久々に参加して来たわけですが、この場所での開催には非常に感慨深いものがあります。
と、言いますのも、この「一泊研修会」の会場は、伝統的に緑水園で行われまして、2002年に松田が入会したときの研修会場も、緑水園。

当時は、二日酔いならぬ、三日酔いに苦しめられた事を鮮明に憶えております。
というわけで、そこでは数々のドラマ、伝説が残ってます。
ここには書けないような...(笑)
今回の開催に当たっても、施設側から「お手柔らかに...」との言葉があったとか無かったとか。


なにはともあれ、今回入会してくれた、7名の新しい仲間の前途が、素晴らしいものになる事をお祈りいたします。
Ipaku2_2

| | コメント (0)

訃報にあたって

議会事務局の次長が、お亡くなりになりました。
57才。

10月末まで元気に仕事をされていたのに、ほんとうに驚いています。
本当に熱心に仕事をされる方でした。
(松田も一回怒られたことがあります)
ご冥福をお祈りいたします。

書くタイミングを逸していましたが、昨年は(正確には一昨年)山形議員がお亡くなりになりました。
一昨年の9月議会の途中に入院されて、年末には亡くなられたと記憶しています。
山形さんは、JCの大先輩で、がいな祭にも多大な貢献をされた、本当に偉大な先輩です。

議会の先輩として、人生の先輩として、もっともっといろんな事を教えていただきたかったのに、本当に残念でした。


こんな言い方は適切では無いかも知れませんが、なんだか議員になってから、「人の死」に接する機会が本当に多くなった気がします。
その度に思います。
「今を精一杯生きていきたい」

明日も明後日も予定はいっぱいですが、ひょっとしたら今夜死んじゃうかもしれないわけで、死んじゃったら予定もへったくれも無くなっちゃいます。
やはり、もしもそうなった時、後悔したくないです。僕は。
(死んじゃったら、後悔も出来ないですが...)


その瞬間瞬間をベストを尽くし、精一杯頑張りたいと思います。

| | コメント (0)

未知の世界へ

今日は"とんどさん"明けということで、葬儀が4件。
一件は時間が重なったため、弔電にて失礼しましたんで、3件出させていた格好です。
渡辺照夫議員も「こんなことは初めて」とおっしゃってましたんで、本当に異例のことのようです。
年末、一気に冷え込みましたモンね...。
ご冥福をお祈りいたします。

さて、松田ただし、ついに体重が80キロを超えてしまいました。
"未知の世界"です。
間違いなく年末年始の暴飲暴食の成果であります。

身長は178センチあるんで、遠目にはそんなに太っては見えませんが、昔を知る人には大変な成長ぶりのようです。
高校生時分には、確か57〜8キロでしたから、約+20キロですね。
育ち盛りの子供のような発育です。ハハハハ(乾いた笑い)

その他のデータ
体脂肪率 26.5%
体年齢  45才
JCとっくに卒業してますね(笑)


先ほど嫁さんから「75キロまで落としなさい」とのお達しがでました。
笑って誤魔化そうと思いましたが、どうやら無理っぽいですね。
なんとか減量したいと思います(T_T)

| | コメント (4)

とんどさん

200801070659000_3
6時半ごろから、「あこ」と地元自治会の"とんどさん"に行ってきました。
恥ずかしながら、去年に続いて二回目です。
今朝は天気も良く、ほぼ無風。
最高のコンディションの中、ほんの15分ほどで、完了しました。
なんせ、去年の"とんどさん"は嵐の中での強行だったもんで、そのイメージがこびりついてまして(^◇^;)


「あこ」は竹の爆発音にビビってましたが、楽しかったと言ってました。
こういった"しきたり"って本当に良いモンですよね。
次世代に引き継いで行きたいものです。
しかし、淀江なんかでも、だんだん規模がコンパクトになって来ているみたいなんですが、市内なんかはどうしてるんかな?
みなさん、また教えてください。

というわけで、"とんどさん"を終えた後、新年初議会に出席しました。
市長・議長の新年の挨拶の後、議案を審査(市道認定の議案一つだけ)しました。

今夜は"議会懇親会"(もちろん自己負担)と"JC理事会"のダブルヘッダーですが、気合いでなんとか乗り切りたいと思います。
200801070701000_2

| | コメント (2)

初 大山1.5(初ボード)

Masu21_2

Masu22_2
昨日も行ってきました。桝水。
「あこ」の猛烈リクエストに押し切られた格好です。
今度は嫁さんも一緒です。

冒頭の写真のような晴天の下「あこ」は念願の"スノーボードデビュー"を果たしました。
父親であります松田が、臨時コーチをしたんですが、若い(笑)から飲み込みが早いですわ。
時折"そり"で邪魔をしてくる「ここ」をモノともせず、一心不乱に猛練習です。

親が疲れて休憩していると「おとうさん、早く〜 時間がなくなっちゃうよ〜!!」と急かされる始末。
半日ほどの練習だったんですが、一応転ばずに下まで降りれるようになりました。
大したものですわ、親ながら感心しました。

松田も数年ぶりにちょっとだけ滑りましたが、身体が憶えているみたいで、何とかなりましたわ(^_^;)
失礼なことに、嫁さんは松田が転けるのを楽しみにしていたみたいです。


しかしあれですね、子どもが「やりたい!!」と言い出すと、親としてはなんとかして、叶えてやりたくなっちゃいますよね。
この数年、行きたいと思わなかったスキー場にも二日連続ですよ。
親バカなのか、親の本能なのか、本当に不思議なものです。

というわけで、前日に引き続き楽しい山遊びをさせていただきました。
しかし、その代償に、昨日の時点で怪しかった松田のブーツは経年劣化で大破しました。
ビンディングで締め上げた瞬間に...(写真下)


明日は「とんどさん」に行ってから「新年初議会」、そして夜は「JC理事会」です。
と言った感じで、2008松田ただし再起動いたします。今年もおつきあいの程、宜しくお願いします!!

Masu23

| | コメント (0)

初 大山!!

Masumi2

今日から嫁さんはお仕事。
と言うわけで、今日は「子守の日」。
去年は映画を観に行ったんですが、今年はなんと「桝水スキー場」に遊びに行って来ました。

先日のお年賀の時に、大山のスキー場関係者の方がいらっしゃいまして、話を聞いているうちになんだか盛り上がっちゃいまして、久しぶりの山遊びと相成りました。
とは言っても、「そり遊び」ですがね(^。^)

「あこ・ここ」は初 大山です。
松田もJC入ってから行ってないんで、かれこれ7〜8年ぶりですわ。
若けー時分は、毎週みたいに滑りに行ったもんだわい(遠い目)
というわけで、当時のスノーボード用具(スキーは出来ません...)引っ張り出して、気合いを入れての「そり遊び」です。
しかし、ブーツの白かった部分はオレンジ色に変色してるわ、手袋も劣化してて、だんだん変な壊れ方をしてくるわで、大変でした。
月日はウソをつかないですな。
あっ、一番変わってるのは、松田の体重ですか(・_・)

久しぶりにスキー場で遊んだんですが、車で30分でこんな楽しい場所に行けるなんて、やっぱり楽しい"まち"ですよね。
スキー場があるのは米子市じゃなんで、市政の中で論じられることはあんまり無いんですが、貴重な資源だなと改めて感じました。
昔から言われてることですが、西部圏域のこういった資源・財産の連携がもっと出来れば面白いんですがね〜。

というわけで、「あこ・ここ・ただし」は、午前中一杯大騒ぎで遊んだ後、ガンバリウスでお子様ランチを平らげて帰りました。

さっき、「明日も行く!!」って言い張ってましたが、どうしましょうかね。
しかもスノーボードするって...(^_^;)


Masumi1


Masumi3_2

Masumi4

| | コメント (0)

新春の勘違い

Bsha1

Bshai2_2


昨日は何カ所かお年賀まわりをさせていただきました。

そのなかで、「新しい交差点が危険だ」とか、「米子市は元気がないよ」とかいろんなお話を聞かせていただきました。
正月くらいしか、なかなかご挨拶が出来ない(←手抜きだ!!)方々にも出会えて本当に有意義でした。
そして、最後は某先輩のお宅を訪問。
先輩が経営なされている事業所の、若手スタッフの皆さんと同席させていただいたんですが、宴も盛り上がっていく内に「次は俺たちの力で5000票とってやる!!」と、大変力強いお言葉、励ましをいただき非常に元気づけていただきました。
本当にありがたかったですし、こういった機会で伺った生の声を、市政に届けるって言うのが、やっぱり市議会議員の本当の姿だと再認識させていただきました。
昨日伺ったお話(野球場の件とか)、なんとか頑張ってみたいと思います。


さて、今朝は「ボーイスカウト新年拝賀式」→「米子市新春の集い」のハシゴをさせていただきました。
米子JCはボーイスカウト米子8団・11団を昔から支援しています。
その流れで、今も1月3日は勝田神社で「新年拝賀式」を設営させていただいています。
今年は、国際青少年委員会のみなさんが、カレーを用意してました。
永田委員長お疲れ様でした。

そして、BS拝賀式を中座して(10:35ごろ)、大急ぎで「米子市新春の集い」の会場のANAホテルへ。
すると、まだみなさん"ゆったり"とされています。
なんてこと無い、11:00からの開会でした。
逆の勘違いでなくて良かったです。

新春の集いでは赤澤代議士と湯原県議のニアミスに遭遇。
まだ、なんちゅうかピリピリした感じではなく、健闘を誓い合うといった感じでしたがね。
表向きは(笑)
シャッターチャンスと思いカメラを向けましたが、湯原さんに制止されました。
残念(^ニ^)

失意のままガイナーレの尾形さんとかと話してましたところ、共産党の岡村市議がこっちにやってこられまして、「写真撮ろうよ」とのお誘い。
というわけで、最後の写真。
新会派結成か?

錦織県議にも「ブログ見てるわよ〜」とか声を掛けられるし、共産党の皆さんにモテモテの松田でした。
Sinnen

| | コメント (0)

謹賀新年2008 「凍てつく年越し」

新年あけましておめでとうございます。

昨日というか今朝は「新年拝賀式」の設営をしてました。
出雲大社米子分院さんで、行う年越しイベントです。
毎年趣向をこらした、「しつらえ」で行われるこのイベントなんですが、今年は新しい試みとして「餅つき」をさせていただきました。
餅米を蒸す「蒸し器」の火が消えていたなんて「修練」もいただいたんですが、なんとか無事つきあげることができました。
「寒中餅つき」皆さん楽しんでいただけましたでしょうか?
おっと、偶然「寒中」って書いたんですが、しっかし、寒かったですわ〜。

会場に行くには、博労町駅の横の「坂」を上がらないといけないんですが、この「坂」がカチンコチンに凍結。
立ち往生される車が続出しました。
タクシーも乗車拒否ならぬ、「登坂拒否」。
まさに往生しました。

いろんなことがありましたが、年末年始のお忙しい中、また大変な寒さの中、本当に多くのシニアの皆様、そして現役メンバーの皆様にお集まりいただきました。
この場をお借りしまして、心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

そして、会員委員会のメンバーのみなさん、本当にありがとうございました。
皆さんのおかげで、素晴らしい拝賀式が出来たんじゃないかと思います。
いろいろトラブルがあったんですが、みなさんの機転でクリアー出来ました。
わがままな委員長ですが、今後ともよろしくです。

というわけで、新年早々画像のない松田 正でした(デジカメ電池切れ...)

最後に、いよいよ幕を開けた2008年が、皆さんにとって、素晴らしい一年になりますことをお祈りいたします。

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »