« 聞き取りDAY | トップページ | 予算委員会 総括質疑② »

予算委員会 総括質疑①

先ほど終わりましたんで、今日のダイジェストを。

① 米子—ソウル国際定期便利用促進実行委員会負担金について
これは鳥取県が行う「アシアナ航空への直接助成」とは性質は違いまして、利用促進委員会の負担金の追加支出ということです。
委員会の行う利用促進事業の内容・実効性について聞きました。

松田は、市民の皆さんの中には、慎重論もあろうと思いますが、アシアナ便は必要であると考えています。
やはりこの沈滞した地域の、かすかな希望といいますか、活気の源を維持するためにも国際便の維持施策はやっていかなければなりません。今回の予算執行が実りのあるものとなるよう、期待したいと思います。

② 地域子育て支援センター事業について
「地域子育て支援センター」は家で子育てをしている親御さんのサポート、子育てサークルの支援を行っています。
5カ所(富益・福生・南・キッズタウンの各保育園とふれあいの里)設置してあります。
今回補正に至った経緯・利用実績等を聞きました。

5カ所で15000人の親御さんが利用していると言うことでした。
利用実態を加味しながら、子育てをしやすい環境作りに努めていただきたいと思います。

③ 債務負担行為「米子市立学校給食輸送業務の委託業者に対して支払うべき委託料」について
調理業務が民間委託されると同時に輸送業務も調理委託業者に委託をされる手法は考えなかったのかお尋ねします。
調理業務委託者に輸送業務も委託することが可能なのか等聞きました。


④ 繰越明許費「下水道事業特別会計」について
これは年度内に完了出来そうにない工事の費用を、次年度に繰り越すということです。
今回約11億5000万円もの繰越を行いたいとのことで上程されました。
ということで、繰越明許の内訳と繰越に至った理由を質問しました。

また、18年度は約7億8000万円、そして今回 約11億5000万円上がってきています。このように連続で多額の繰越明許が行われると言うことは、当初予算設定に問題はあるんではないか?と言う質問を市長に行いました。
答弁は、縮減するように努力するということでしたが、やはり予算編成段階での責任論はあるわけで、来年度の予算編成にあたっては、その点を改善するように要望しときました。

というわけで掻い摘んでお伝えしましたが、今回の質問事項が「未来」とまるかぶりでした(^_^;)
論法の比較が面白かったんで、また明日書き込みたいと思います。

さて、今夜は米子JCの忘年会です。
奥様方、先輩をお招きしての会でして、かなり緊張感が満ちています。
失礼の無いように頑張ってきたいと思います。

|

« 聞き取りDAY | トップページ | 予算委員会 総括質疑② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 聞き取りDAY | トップページ | 予算委員会 総括質疑② »