« 決算委員会現地調査④ | トップページ | 丘の向こうに、オレンジ色の光が... »

壊し屋

Ozawa
今日は、淀江公民館の文化祭に行って来ました。
淀江地区のみなさん(特に年配の方)の並々ならぬパワーを感じました。
そしてその後、テレビで天皇杯 エスパルスvs明治大学の戦い(これ、ものすごい戦いでした!!)を見ていたところ、信じられないニュース速報が。
「民主党 小沢代表 辞任」

「へ?」

なんと、民主党 小沢代表が辞任されました。

理由
福田総理との党首対談で、「大連立」を巡る対応で、党内に混乱を招いたから...。

「壊し屋」さんが本領発揮か?
私のような木っ端地方議員には理解不能です。

物議を醸した先日の、福田「大連立提案」は、ある程度理解できました。
言うだけは「タダ」ですからね。
成立する、しないは別として。
実は「大連立提案」の一報が流れたとき、会派のみんなと一緒にいたんですが、みなさんそんなに驚かなかったです。
私も含めて。
政治の世界において、最も力を持つのは「数」です。
と言う意味合いに於いて、理解出来ました
こればっかりは如何ともしがたいです。
しかし、今回の辞任劇は理由がさっぱりわからないです。

以下想像
●本当に党内がガタガタ
●健康問題
●政治資金の問題で逃げ切れなくなった
●単に面倒くさくなった
●何か大きな「力」が働いた

松田的には、一番下が臭いですな(^。^)
まあいろいろと想像できるわけですが、これで先の参院選の敗戦の将、そして勝った将もいなくなったわけです。
後任人事も含めて非常に、興味深い「政局」が続きそうです。
だって、小沢さん以上に強烈な人って民主党にはいないでしょう?


記者会見でのコメントについて、最後に一言
小沢氏は党首会談をめぐる報道について、「朝日新聞と日経新聞等を除き中傷報道を行った。強い憤りを感じるものだ」などと述べ、マスメディアの報道姿勢を批判した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/071104/stt0711041646004-n1.htm
(MSN産経ニュースより)

感想。何を言うか...。

|

« 決算委員会現地調査④ | トップページ | 丘の向こうに、オレンジ色の光が... »

コメント

私はちょうど水泳が終わったところに
政治家を目指している後輩からの電話で
一報聴いた瞬間に
「終わったな」
と思いましたね。

小沢代表は「今のままでは総選挙は勝てない」
というようなことを発言されていました。

これは先の参議院選挙で
明らかに人的資源を投入しすぎたことに尽きると思います。
鳥取も川上氏を出してようやく勝てるかどうか
でしたからね。

前衆議院議員の多さを考えても
総選挙を戦うには人材不足が明らかで
テレビのコメンテーター(宮崎哲弥は特にですが)は
「今総選挙やれば民主党は圧勝する」
という意見が大勢でしたが
私は真逆の見解でした。
小沢代表も同じ見解だったのでしょう。

後任の代表は難しい舵取りを迫られるでしょう。
何せこの状況で解散総選挙したら確実に
政権は取れませんからね。

私は「●本当に党内がガタガタ」説だと思いますよw。

大連立ですが
まあ、受けないことはわかっていたので
大して気にも留めなかったのですがね・・・。
まあ、新風と未来が統一会派を作るようなもんですから
現実味はないですわなw

投稿: 入江陽介 | 2007年11月 4日 (日) 22時37分

入江さんコメントありがとうございます。

小沢辞任劇、衝撃的でしたね〜。
ある意味安倍さんの時より、ショックは大きいかも。

松田も「今」選挙をすれば、民主の圧勝と思っていました。
「今」なら。

でも、現実には「勝てる候補者」を全国にならべるなんて到底無理ですよね。
「自民大変だね」と聞かれる度に、この話もしていました。

ただし、鳥取二区の場合は既に「勝てる候補者」を立てられてます。
油断は大敵、手綱を締めて戦います。


しかし、共産・社民の党首発言、なかなか面白かったです。
そこまで手のひら返すか〜(゜◇゜)ガーン

投稿: 松田ただし | 2007年11月 5日 (月) 07時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 決算委員会現地調査④ | トップページ | 丘の向こうに、オレンジ色の光が... »