« 農業って? | トップページ | 決算委員会現地調査 »

米子市クリーンセンターの訴訟

Clean_2
さて、今朝の新聞記事
「米子市焼却炉談合訴訟でJFEに11億円返還命令」
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=444426005
(山陰中央新報より)

この訴訟ですが、米子市とJFE(旧日本鋼管)が市民オンブズマンに訴えられてました。
JFEへは損害賠償の支払い。
米子市への訴えは、クリーンセンターの建設工事にあたり、「談合があった事実が認められたのに、なぜ賠償請求をしないのだ?」といったことでした。

当該工事の落札率は「99.8%」(-.-;)y-゜゜

たしか18年9月議会で中田議員が質問された気がしたんで、議事録検索。
中田議員の質問
http://gikai.yonago-city.jp/cgi-bin/GetText3.exe?v41um954vmytmflpas/H180926A/32626/10/1/1/%91i%8F%D7/0#hit1
野坂市長の答弁
http://gikai.yonago-city.jp/cgi-bin/GetText3.exe?v41um954vmytmflpas/H180926A/38238/10/1/1/%91i%8F%D7/0#hit1

この案件を始めて知った松田は「市が負けたら14億もの賠償金が入ってくるの〜!?」と小躍りしたものですが、しかし、結果18年9月27日に訴えは退けられ、正直「残念」と感じていました。

ということで、「終わったもの」と思ってましたもんで、今回の「逆転判決」まさに”寝耳に水”でした。

今の米子市にとって、この10億以上の収入が、いかに大きな影響があるのかは皆さんもご案内の通りであると思います。

松田の母方のおばあちゃんが、良くこう言ってました。
「負けて得取れ」

たぶん最高裁まで行くと思いますが、訴訟の行く末を見守りたいです。

Ps おかげさまで「20000」アクセスを越えました。今後ともよろしくお願いします。

|

« 農業って? | トップページ | 決算委員会現地調査 »

コメント

米子市ごみ焼却炉談合住民訴訟で、07/10/17に広島高裁松江支部は1審米子地裁判決(06/9/26)を破棄し、JFEエンジニアリングに対して11億4072万円(落札額の8%)の返還を命じる判決を出しました。
http://www.ombudsman.jp/dangou/071017.pdf

投稿: 全国オンブズ 内田 | 2007年10月18日 (木) 18時50分

14億円何に使うかという議論になるでしょうねえ。

私は
市民債を発行する
学校給食センターに使いますねえ。
借金で建てるくらいなら
このお金を使って建てたほうが
ずっといいように思えますね。

合併特例債を使いますから5億円強は
補助金が出るんですが残りの5億円が
借金ですからね。
利息が2.4%だとして20年償還だと
2億円以上の利息が発生しますから
それならこの返還金を使えば
10億だけで済みますから
合併特例債は別のことに使えばいいと思うんです。

どうでしょうか?
米子市だけでも判決を受け入れては?

投稿: 入江陽介 | 2007年10月18日 (木) 19時11分

最高裁の判決を待ちましょう。
どのみちJFEが負けない事には...

もし現実に、入って来るなら、是非前向きな投資に使っていただきたいものです。

「赤字補填で終わり。」
多分現実はこうなりますが...\(__ )

投稿: 松田ただし | 2007年10月21日 (日) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 農業って? | トップページ | 決算委員会現地調査 »