« H19年9月予算審査特別委員会 1 | トップページ | 19年度「なでしこ会」総会 »

「あいさつ・返事・後始末」

Komine_2

12日は米子JCの例会でした。
国見高校の小嶺忠敏さんの講演会を聞いてきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/小嶺忠敏

大久保嘉人・高木琢也・永井秀樹・三浦淳宏・平山相太 ら、蒼々たる面々を輩出したあの「国見高校サッカー部」の元総監督です。

テーマは、「家庭力の向上」について。

戦後教育により、日本の家族主義「家族の絆」が壊されてしまった。
そのことにより、地域・家庭の教育力低下が顕著になっている。
特に家庭の力が大きく低下しているように思う。
子どもというものは、所々締めないといけない。
子どもたちに、日本人としての基本を教え切れていない今の日本は、砂浜の上にビルを建てているようなもの。

今回一番心に残った言葉。

「あいさつ・返事・後始末」は、5才までにたたき込まなければならない。

なんとなく心がけてはいるんですが、改めて重要性に気付かされたような気がします。
家庭の教育力が向上すれば自ずと地域の教育力も付いてくると思います。
「あいさつ・返事・後始末」
自分自身も心がけながら、子どもたちに伝えて行きたいと思います。

本当に素晴らしい講演でした
先の参院選で落選されたことが、本当に残念です。

|

« H19年9月予算審査特別委員会 1 | トップページ | 19年度「なでしこ会」総会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« H19年9月予算審査特別委員会 1 | トップページ | 19年度「なでしこ会」総会 »